花粉症とのどの症状 のどのかゆみ、ヒリヒリ、そして頭痛・・・それは風邪ではなく花粉症かもしれませんよ?

 

こんにちわ。花粉症対策研究家のジャバラーです。

 

 

花粉症の時期になると、のどがかゆくなったり、ヒリヒリしたり、のどに異物感を感じたり、あるいはたんが絡まって 声がかすれてしまったり、せきが出たり。

 

 

花粉症と鼻の症状でご紹介した、症状がのどで起きてしまうことはありませんか?

 

 

場合によっては扁桃腺が腫れることもあり、風邪によく似た症状になることもあります。

 

 

のどを使う仕事をしている方。例えばコールセンターで働く方や、放送関係、あるいは歌手やコーラスの方・・・又はプライベートでカラオケが大好きな方などは、この季節は本当に厄介ですよね。

 

 

私の実体験では、花粉症の季節になると口内上部とのどの間、のどぼとけの少し手前辺りが無性にかゆくなる症状が現れます。

 

 

あまりにもかゆくて、舌を口の中で巻いて、掻いたりするのですが、舌が疲れてしまいます(笑)

 

 

それだけ頑張っても、中々かゆい部分に届いてくれません。やがてかゆみは、のどの奥の方から、耳の中にまで広がっています。地味につらいです。

 

 

のどに症状が出ると、頭痛や発熱を伴い、風邪とほとんど同じ症状が出る方もいます。

 

 

春先によく風邪になる方、ひょっとしたらそれ、花粉症かもしれませんよ。

 

 

この記事で、花粉症とのどの症状・対策をご紹介致します。

 


花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースの評価と感想を本音で書きました!

ご興味のある方は、下記リンクをクリックして詳細をご確認下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリとじゃばらジュースを徹底比較


鼻づまりと口呼吸がせきを引き起こす

 

このような、のどに起きる花粉症の症状を、アレルギー性咽頭・喉頭炎(いんとう・こうとうえん)と言います。

 

 

花粉症で鼻づまりが起きてしまうと、知らず知らずの内に人は口呼吸になってしまいます。

 

 

口呼吸とは、その名の通り口で呼吸をすることですが、皆さんは普段、特に寝ている時は呼吸の大部分を鼻で行っているのです。

 

 

しかし鼻づまりが起きると、鼻呼吸が難しくなり、口で呼吸をすることになります。

 

 

私の花粉症体験談3で紹介しましたが、私が例年になく酷い花粉症の症状が出ていた時、寝ている間に鼻づまりで呼吸が出来なくなって毎晩夜中に目を覚ましていました。

 

 

この口呼吸は近年、様々な弊害があることがわかってきています。

 

 

口で呼吸をするようになると、吸い込んだ空気の中に含まれる花粉・細菌などがのどの粘膜を直撃します。

 

 

鼻は鼻毛が異物の進入を防いでくれます。鼻毛は意外と役に立っているのです(笑)

 

 

のどの粘膜がダイレクトで空気にさらされることによって、のどの粘膜が乾燥し、のどの痛み・イガイガ・ヒリヒリなどの症状が出ます。免疫力も低下して風邪を引きやすくもなります。

 

詳しくは花粉症と口呼吸のページをご覧下さい。

 

 

また、口から吸い込んだ花粉がのどの粘膜に付着すると、アレルギー性気管・気管支炎がおこり、激しくせきが出ます。

 

 

このように花粉症がのどに現れると、本当に風邪を引く場合もあるし、風邪とよく似た症状を引き起こす場合もあります。

 

 

しかし風邪か花粉症かで取るべき対策は違ってきます。

 

 

子どもがこういう症状を起こしてしまうと、特に見極めが難しいですね。子どもは自分の症状をまだうまく説明出来ませんから。。

 

咳(せき)・痰(たん)・痛みと、のどの症状において、花粉症と風邪の区別は非常に難しいです。

 

 

なので花粉の季節に上記症状が出たら、のど以外の部分に症状が出ていないかと、症状の期間で見極めるしかありません。1週間以上症状が改善されなければ、花粉症を疑いましょう。

 

参照:とてもややこしい!花粉症と風邪の見分け方

 

もくじへ戻る

 

花粉症とぜんそくの関係

 

花粉症の季節に、喘息(ぜんそく)を併発することが多いです。

 

 

元々ぜんそく気質の方が、花粉の時期に症状が悪化することも多いそうです。

 

 

ぜんそくとは、のどの空気の通り道である気道粘膜が腫れ、あるいはむくみ、狭くなってしまうことで呼吸が苦しくなったりせきが出る症状を言います。

 

 

ヒューヒュー、ゼイゼイと言った音が出ることが多いです。(出ないケースもある)

 

 

鼻やのどなどは上気道、気管支や肺などは下気道と呼ばれますが、これらはひと続きの空気の通り道となっているので、鼻やのどで炎症が起きると、気管支や肺にも影響が及ぶと考えられています。

 

 

私も一度、花粉症の季節の後半(4月〜5月)にせきが止まらなくなったことがあります。ちょうど、今までに無いくらい重い花粉症の症状が出た時でした。これについては、花粉症と喘息体験談のページをご覧下さい。

 

もくじへ戻る

 

花粉症によるのどの症状やぜんそくにも北山村のじゃばらがオススメ

 

花粉症の対策として、レーザー手術で鼻の粘膜を焼くと言うものがあるらしいのですが、のどにはこれは出来ないですね。

 

 

また、薬は副作用がありますし、妊娠している方には危険です。

 

(詳細は花粉症と薬花粉症と妊娠をご参照下さい。)

 

 

そこで花粉症ののどの症状には、副作用なし、妊婦の方でも安心の、北山村のじゃばらサプリ・ジュースがおすすめです!

 

じゃばらは様々なメディアで取り上げられています。

 


じゃばらを特集したメディアには、


「健康」2017年2月号


「夢21」2017年4月号


「メレンゲの気持ち」2010年3月20日放送分
「金スマ」2014年3月7日放送分
「おはよう関西」2015年11月18日放送分
「所さんのそこんトコロ」2016年3月11日放送分
「月曜から夜ふかし」2017年2月27日放送分


等があります。

 

もちろん私も愛用しています。

 



北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースは、この度日本じゃばら普及協会の認定商品第1号として公認マークを取得しました。



花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、そんなじゃばらを使ったサプリと粉末ジュースの評価と感想を本音で語りました!



ご興味のある方は下記リンクをクリックして、詳細をご覧になって下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリとじゃばらジュースを徹底比較


 

花粉症と顔の症状のページで紹介していますが、じゃばらは花粉症と同じT型アレルギー(即時型のアレルギー)であるぜんそくや、アトピーにも強力な味方になると言う、研究成果が出ています。

 

 

これは柑橘類の中でも特にじゃばらに多く含まれるナリルチンと言うフラボノイドのおかげです。

 

(詳細はじゃばらとナリルチンをご参照下さい)

 

 

北山村のじゃばらサプリで、花粉の時期も綺麗な声を守りましょう!

 

北山村産のじゃばらサプリ公式サイトはコチラ


じゃばらは希少品なので、花粉シーズンになると品薄になる場合があります。

長期保存可能なじゃばらサプリや粉末ジュースを、花粉シーズンがはじまる前に入手しておくことを、強くオススメします。