吐き気、下痢、頭が重い、不眠・・・など 花粉症とその他の症状

 

こんにちわ。花粉症対策研究家のジャバラーです。

 

 

花粉症の症状のページで、花粉症になると現れる症状について各部位についてまとめています。

 

 

しかし、花粉症はその他にも無数の症状が現れることがあります。

 

 

あなたも花粉シーズンに花粉症のイメージとは程遠い症状が出て、これって花粉症なの?と悩んだことはありませんか?

 

 

私の実体験で言えば、頭痛や不眠によるうつがあります。メジャーな症状では決してありませんね。

 

 

花粉症の症状は鼻づまりや鼻水、目のかゆみなどだけでは決してありません。消化不良、食欲不振、頭痛、微熱、うつ・・・と多岐にわたります。

 

 

この記事では、鼻水や鼻づまり、有名な症状だけでなく、あまり知られていない、しかし決して少なくない花粉症のその他症状をご紹介いたします。

 


花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースの評価と感想を本音で書きました!

ご興味のある方は、下記リンクをクリックして詳細をご確認下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリとじゃばらジュースを徹底比較


胃腸アレルギー

 

スギ花粉などが口や鼻から取り込まれて、胃腸にまで達すると、胃腸アレルギーを起こすことがあります。

 

 

胃腸も粘膜で出来ていますからね。

 

胃腸アレルギーが起きると、胃に不快感・むかつきを感じたり、食欲が失せてしまうなどの症状が出ます。

 

 

また、消化不良によって下痢を起こしたり、吐き気をもよおすこともあります。

 

 

花粉がよく飛ぶ季節である春や秋は、気温差が激しくお腹の調子を崩しやすい時期でもあるため、より一層消化器系のケアが重要になってきます。

 

もくじへ戻る

 

耳のかゆみ

 

花粉が耳の中に入ってしまうと、耳のかゆみを訴える人がいます。

 

 

花粉が耳の穴から侵入し、外耳道の皮膚に花粉が付着して炎症を起こします。

 

 

花粉はどこにでも入り込みますね。

 

 

また耳と鼻はつながっているので、耳と鼻の奥の方にある耳管の入り口の粘膜部分にまで花粉が入り込み、かゆみを引き起こすことがあります。

 

 

耳の穴の外側ならまだかゆくても掻くことが出来ますが、奥の方がかゆくなってしまうとどうにも出来ずにもどかしいですね。

 

 

また鼻づまりが酷い時に、鼻をかむと、電車に乗っていてトンネルに入った時のような、鼓膜の痛みを感じます。私も昔はしょっちゅうこれに苦しめられていました。

 

 

鼻づまりの時に無理に強く鼻をかむと、気圧調整がうまく出来ず、最悪中耳炎になってしまうことがあります。鼻をかむ時は優しくかみましょう。

 

 

これも花粉症による二次症状ですね。

 

もくじへ戻る

 

頭痛・発熱・うつ

 

花粉症によって頭痛や発熱など風邪に似た症状が起きる場合があります。

 

 

ただし、頭痛といっても脳内にまで花粉が入り込むわけではありません。

 

 

原因ははっきりしませんが、これらは花粉症による精神神経系の疾患であると言われています。

 

 

具体的な症状としては、頭痛・頭が重い・頭がボーっとするなどの症状が頭に出ます。

 

 

さらに、全身の倦怠感・疲労感・イライラ感など身体全体がだるい感じになります。

 

 

また熱が出たり、逆に寒気を感じたりすることがあります。

 

 

こうなってくると風邪の症状そっくりですね。

 

 

また花粉症による鼻づまりが主な原因で、不眠になってしまいます。これは私も実体験があります。詳しくは、私の花粉症体験談3をご覧下さい。

 

 

こういう辛い状況が続くと、うつ病を併発する人も出て来ます。症状が重い人は「死んでしまいたい」と思うこともあるそうです。

 

 

私もその気持ちはよくわかります。

 

 

たかが、花粉症とあなどるなかれ。花粉症はワクワクする季節であるはずの春先を地獄に変えてしまいかねないのです。

 

 

花粉症とうつ病の関係については、新たに花粉症とうつのページに詳しくまとめましたので、ご参照下さい。

 

もくじへ戻る

 

北山村のじゃばらは、ナリルチンが花粉症の炎症を対策してくれます 部位に関係なく使えるのでこれだけで安心!

 

上記したように、花粉症の症状は鼻や目に留まらず、あらゆる所に症状が出ます。

 

 

さらに花粉症の症状は風邪と非常に酷似しています。

 

 

そのため、病院にかかろうとしてもどの科にかかればいいのかよくわかりません。

 

 

内科?耳鼻科?精神科?神経外科?

 

 

医師は自分の専門しか診察してくれませんので、あちこちたらい回しにされることもありますし、花粉症一つであちこちの病院を受診しなければいけないかもしれません。

 

 

これではお金がかかってしかたありません。

 

 

そこで北山村のじゃばらサプリとジュースです。

 

 

北山村のじゃばらは、みかん191個分のナリルチンが含まれており、ナリルチンは花粉による粘膜の炎症症状を鎮めることが出来ます。

 

(詳細はじゃばらとナリルチンをご参照下さい)

 

 

じゃばらはメディアでも紹介されています。

 


じゃばらを特集したメディアには、


「健康」2017年2月号


「夢21」2017年4月号


「メレンゲの気持ち」2010年3月20日放送分
「金スマ」2014年3月7日放送分
「おはよう関西」2015年11月18日放送分
「所さんのそこんトコロ」2016年3月11日放送分
「月曜から夜ふかし」2017年2月27日放送分


等があります。

 

もちろん私も愛用しています。

 



北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースは、この度日本じゃばら普及協会の認定商品第1号として公認マークを取得しました。



花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、そんなじゃばらを使ったサプリと粉末ジュースの評価と感想を本音で語りました!



ご興味のある方は下記リンクをクリックして、詳細をご覧になって下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリとじゃばらジュースを徹底比較


 

じゃばらはこれ一つで、部位を問わず全身の症状の対策になります。

 

 

目には目薬、鼻には鼻薬、うつは精神薬、と病院をあちこち回るよりも、ずっと経済的です。

 

 

花粉症の症状があちこちに出て途方にくれている方は、是非北山村のじゃばらをお試し下さい!

 

北山村産のじゃばらサプリ公式サイトはコチラ


じゃばらは希少品なので、花粉シーズンになると品薄になる場合があります。

長期保存可能なじゃばらサプリや粉末ジュースを、花粉シーズンがはじまる前に入手しておくことを、強くオススメします。