花粉症で鼻の穴がカサカサ・ヒリヒリに? ドライノーズとは

 

花粉症の4大症状として、鼻水・鼻づまり・くしゃみ・目のかゆみがあります。

 

参照:花粉症の症状

 

 

一般的に花粉症の症状と言えば、鼻水や涙など患部がベトベト・ドロドロしてしまうものなのですが、私は逆に鼻の穴の中が乾燥してカサカサになってしまい、さらにヒリヒリしてしいます。

 

 

花粉症で出てきた鼻水が、鼻の中で固まってカチカチ・パリパリの状態になり、気になってそれを取り除くと、粘膜が傷付いて出血してしまいます。

 

 

さらに、その部分が乾燥してヒリヒリ・ピリピリと痛むのです。皆さんはこういう悩みありませんか?

 

 

これが続くと相当につらく、不眠になってしまう程で、精神的にも参ってしまいます。私は実体験として嫌と言うほどこの苦しみを味わっています。

 

参照:私の花粉症体験談3 花粉症とうつ

 

 

花粉症が原因で、肌が荒れたりカサカサしてしまうことは、よく知られています。

 

参照:花粉症と敏感肌

 

 

しかし鼻の穴の中まで乾いてしまうのは意外と知られていません。

 

 

こういう状態を特にドライノーズ(乾燥性鼻炎)と言います。

 

 

この記事では、ドライノーズの原因・症状・対策について詳しく解説していきます。

 


花粉症・その他アレルギー対策に話題騒然!


当サイトの管理人ジャバラーが、じゃばらサプリ・ジュースの評価と感想を本音で書きました!


北山村産じゃばらサプリ
北山村産じゃばらジュース
じゃばらサプリとじゃばらジュースを徹底比較


のページをご覧下さい。

ドライノーズの原因と対策

 

ドライノーズはどうして起こるのでしょうか?

 

 

鼻の穴が乾いてしまうと言うことは、空気が乾いている季節(冬)に起きそうですね。

 

 

実際に冬にドライノーズを発症する方もいるでしょう。

 

 

しかし私の場合、主に花粉症の時期(春)にドライノーズになります。

 

 

私は花粉の季節になると、鼻水が出つつ、でも鼻の穴の中は乾燥していると言う不思議な状態になります。

 

 

文章だと矛盾してるように読めますが、本当にそういう状態になるのです。

 

 

何故花粉症シーズンにドライノーズになってしまうのか?

 

もくじへ戻る

 

鼻づまり・鼻水と出血

 

実はドライノーズの原因には、花粉症の4大症状の1つである鼻づまりと鼻水が関係しています。

 

 

鼻づまりとは、鼻の粘膜部に花粉が付着して炎症が起きると、粘膜に血液が集まって腫れた状態になり、そのせいで鼻の空気の通りが悪くなる状態を言います。

 

 

鼻の粘膜が炎症を起こすと、鼻から異物を洗い流そうと鼻水が出てきます。

 

参照:花粉症と鼻の症状

 

 

私の場合、出てくる鼻水は意外とサラサラしていて、水っぽいです。

 

 

そしてこのサラサラの鼻水が、固まるとガチガチのかさぶたみたいになって、鼻の穴の中をびっしりと埋め尽くしてしまいます。

 

 

積雪で例えると、ベタベタのボタン雪よりサラサラの粉雪の方が、積もってから一晩経つとガチガチに固まりやすくなるのに似ています。

 

 

こうなると、鼻の表面部分は非常に乾燥してしまいます。

 

 

かさぶたみたいに固まった鼻水(鼻くそ)は、はがさない方が良いのですが、実際出来てみると気になってしかたがありません。

 

 

思い切ってはがすと、案の定出血します。その時、非常にヒリヒリします。

 

 

そしてまたかさぶたと鼻水の凝固物で鼻の粘膜がびっしり覆われ、これを繰り返すとどんどん鼻の中は乾燥していきます。

 

 

花粉シーズンにドライノーズになるのは、凝固した鼻水が粘膜を覆い、かさぶたのようになって、それを剥がそうとすると出血し、余計に鼻の中をガチガチに乾燥させることが主な原因です。

 

 

花粉症のかゆみで肌を何度も掻くと、『肌のバリア機能』が壊れてしまって乾燥肌になることがあるように、鼻の粘膜も鼻水の凝固や引っかき傷が繰り返されると、肌と同じく『肌のバリア機能』が弱まってしまうのですね。

 

参照:花粉症と顔の症状 花粉症と敏感肌

 

 

また、鼻水による鼻のかみ過ぎ、あるいは間違った方法で鼻をかんで出血してしまった場合もドライノーズになりやすいです。

 

参照:花粉症と鼻水・鼻血

 

 

鼻は本来、空気を吸い込んだ時に一緒に入り込んでくる異物を取り除き、肺に送られる空気の温度と湿度を一定に保つと言う大事な機能があります。

 

 

しかし、ドライノーズを発症するとこれらの機能が働かなくなり、口呼吸をしているのと同じ状態になります。

 

参照:花粉症と口呼吸

 

 

そうすると、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。

 

 

花粉症の時期に風邪まで引いてしまったら地獄ですね。

 

 

それではドライノーズを治すにはどうすれば良いのでしょうか?

 

もくじへ戻る

 

ドライノーズの対策も北山村のじゃばらサプリで

 

ドライノーズの対策はどうすればよいのでしょうか?

 

 

ドライノーズ用の塗り薬が市販されていますが、鼻の粘膜の乾燥を防ぐことは出来ても、鼻づまりや鼻水そのものを止めることは出来ません。

 

 

花粉症が原因のドライノーズだと、市販約は根本的な解決にならないのです。

 

 

まずはアレルギーを抑えて鼻の粘膜の腫れを正常に戻す必要があります。

 

 

そこで、北山村のじゃばらがおススメです!

 

 

じゃばらの主な皮の部分に大量に含まれるフラボノイドのナリルチンが、アレルギーを起こした部位に働きかけて沈静化します。

 

参照:じゃばらとナリルチン

 

 

じゃばらは現在多くのメディアが取り上げており、ますますその注目度が高まっています。

 

じゃばらを特集したメディアには、


「健康」2017年2月号


「夢21」2017年4月号


「メレンゲの気持ち」2010年3月20日放送分
「金スマ」2014年3月7日放送分
「おはよう関西」2015年11月18日放送分
「所さんのそこんトコロ」2016年3月11日放送分
「月曜から夜ふかし」2017年2月27日放送分


などがあります。その他メディア情報はこちらからどうぞ。


また、じゃばらは多くの政治家も取り上げてくれています。


じゃばらと国会質疑
じゃばらと政治家


是非こちらのページもご覧下さい。

 

じゃばらは、目・鼻・顔全ての部位の症状に対して効果があるので、部位によってあれこれ薬を買う必要がなく非常に効果的です。

 

 

副作用もないので、お子様や妊娠中の方でも安心してご利用いただけます。

 

 

じゃばら商品は、携帯が容易で保存が効き、ナリルチンを多く含む皮を丸ごと使ったサプリと粉末ジュースを用意しています。

 

 

もちろん私も愛用しています。

 

当サイトの管理人ジャバラーが、じゃばらサプリ・ジュースの評価と感想を本音で書きました!


北山村産じゃばらサプリ
北山村産じゃばらジュース
じゃばらサプリとじゃばらジュースを徹底比較


のページをご参照下さい。



北山村のじゃばらサプリ・ジュースは、この度日本じゃばら普及協会の公認商品第1号として公認マークを取得しました。



この商品は、じゃばらの皮にナリルチンと共に含まれる、アレルギー誘発物質であるリモネンを特許技術で除去しています。



さらに2017年2月から商品の値下げを行い、よりお求めやすくなりました。



詳しくは、日本じゃばら普及協会とはじゃばらとリモネンの記事をご覧ください。

 

じゃばらで鼻の奥の嫌なヒリヒリを解消してすっきりとした鼻の通りを取り戻しましょう!

北山村産のじゃばらサプリ公式サイトはコチラ


じゃばらは人気商品なので、花粉シーズンになると品薄になる場合があります。

長期保存可能なじゃばらのサプリや粉末ジュースを、花粉シーズンがはじまる前に入手しておくことを、強くオススメします。

もくじへ戻る