アレロックは眠気や集中力の低下を招く!?花粉症と薬の副作用とは

 

こんにちわ。花粉症対策研究家のジャバラーです。

 

 

花粉症と薬のページで、花粉症用の薬の副作用について私の実体験をお話しています。

 

 

薬による副作用、これも花粉症に負けず劣らずつらいですよね。

 

 

皆さんも苦しんでいる方が多いと思います。

 

 

眠くなる、口が渇くなど、花粉症の副作用は多様です。

 

 

私も花粉症による鼻水と鼻づまりがあまりに酷くて、たまらず病院で鼻水止めの薬をもらった事がありました。

 

 

主に寝る前に飲んでいたのですが、試しに昼間に使っていた所、副作用で眠くなり、仕事にならなくてすぐに止めました。

 

 

私が子供の頃花粉症の友人が飲んでいた薬は、副作用で唾液が止まってしまって口がカラカラにになってしまい、とてもつらそうにしていました。

 

 

このページでは、花粉症についてさらに詳細な薬と副作用、悪影響について詳しくお話します。

 

 

妊娠中の女性及び子どもが花粉症の方は特に読んで頂きたい内容になっています。

 


花粉症・その他アレルギー対策に話題騒然!


当サイトの管理人ジャバラーが、じゃばらサプリ・ジュースの評価と感想を本音で書きました!詳細は、


北山村産じゃばらサプリ
北山村産じゃばらジュース
じゃばらサプリとじゃばらジュースを徹底比較


のページをご覧下さい。

花粉症薬と副作用の種類

 

花粉症薬と副作用の種類についてまとめます。

 

 

副作用の中には、本当に危険なものもあります。

 

 

副作用について正確な知識を身につけ、薬を処方する時は必ず専門家のアドバイスを受けるようにしましょう。

 

 

お子様が花粉症の方は、花粉症と子ども2の記事も是非併せてご一読下さい。

 

もくじへ戻る

 

眠気

 

花粉症の薬の中では、最もポピュラーな副作用です。

 

 

抗ヒスタミン剤と呼ばれる、ヒスタミンの分泌を抑える種類の薬が、中枢神経に作用して強烈な眠気を引き起こします。

 

 

寝る前だったら良いかもしれませんが、昼間に飲んだら仕事や学業に支障が出ますね。

 

 

花粉症の症状は、ヒスタミンと言う体内物質が過剰に分泌される事で起きます。

 

参照:花粉症と肥満細胞

 

 

過剰に分泌されると、鼻水、くしゃみ、かゆみ、充血など数々の花粉症の症状を引き起こす物質であるヒスタミンですが、本来は昼間に眠気を抑え、集中力や記憶力を上げる役割も持っているのです。

 

 

なので、そのヒスタミンを抑え過ぎれば、今度は眠くなったりぼーっとしたりするのは当然ですね。

 

 

薬では、アレルギーを抑えつつ眠くならないと言う絶妙な塩梅でヒスタミンを調整する事が出来ないのです。

 

 

いくら花粉症のつらい症状が抑えられても、勤務中や授業中に眠くなってしまったら元も子もありません。

 

 

特に、車の運転をする方は、乗車前に使用するのは絶対に止めて下さい。

 

もくじへ戻る

 

頭痛・頭がぼーっとする

 

花粉症の鼻水、鼻づまりの関係で、頭痛も発症する場合があるのですが、花粉症の薬の副作用で頭痛を訴える方もいらっしゃいます。

 

 

また、集中力の低下、頭がぼーっとなる症状を訴える場合もあります。

 

 

これも、ヒスタミンを抑制し過ぎる事で起きてしまう症状ですね。

 

 

この集中力や記憶力の低下は、時に花粉症以上に酷くなることもあり、ある抗ヒスタミン薬を使うと、ウィスキーシングルを3杯飲んだのと同じぐらい脳の働きが低下するものもあります。

 

参照:花粉症と鈍脳

 

もくじへ戻る

 

動悸・めまい

 

花粉症の鼻づまりや鼻水が酷いと、さらにめまいを引き起こす事があります。

 

 

しかし、花粉症の薬の副作用でもめまいが起きる事があります。

 

 

薬が副交感神経を抑制して、自律神経のバランスを崩すためです。

 

 

実は、うつ病のメカニズムと似ています。

 

参照:花粉症とうつ

 

 

花粉症の薬でうつになったら、本末転倒ですね。

 

 

こうして見ると、ヒスタミンは花粉症を引き起こす厄介なものでありつつも、体の調子を整える重要な役割も持っている事がわかります。

 

 

また、花粉症の薬の中には、安息香酸ナトリウムカフェインや無水カフェインを含むものがあります。

 

 

このカフェインが、動悸を引き起こす場合があります。

 

 

カフェインには覚醒作用があり、コーヒーなどカフェインが含まれている飲料を摂取すると、目が覚めたりするのですが、過剰に摂取すると、運動もしてないのに、心臓がドキドキします。

 

 

滋養強壮・栄養補給をうたい文句に市販されているエナジードリンクも、カフェインが入っています。

 

 

海外ではエナジードリンクを一度に大量に摂取したせいで、死亡する事故が報告されているなど、カフェインは人によってはアルコール並に危険なものになり得ます。

 

 

私も、コーヒーおかわり自由のカフェで、調子に乗って短時間にコーヒーを5〜6杯飲んだ所、全力疾走した直後並みに心臓がバクバク言い出して、やばい!と焦ったことがあります。

 

 

同じ様な経験のある方は要注意です。

 

もくじへ戻る

 

女性に特に知って欲しい、花粉症薬の副作用

 

ここからは、女性に特によく知って頂きたい花粉症薬の副作用の悩みを上げていきます。

 

 

一見花粉症と直接関係なさそうなことが花粉症薬の副作用によって引き起こされます。

 

 

えっ!?と驚く事も多いと思います。

 

 

人体は思わぬ所で繋がっているのですね。

 

もくじへ戻る

 

太る

 

花粉症の薬で太る!?

 

 

にわかには信じられないかもしれません。

 

 

何故?

 

 

花粉症の薬は高カロリー?

 

 

いいえ。

 

 

これも原因は抗ヒスタミン剤にありました。

 

 

実は、ヒスタミンは、食欲を抑える役割もあるのです。

 

 

そのヒスタミンを抑制するのが、花粉症の薬なので、食欲が増進されて、太ってしまうと言う訳です。

 

 

・・・ダイエット中の方は非常につらいですね。

 

 

花粉症薬で太る?のページも是非ご覧下さい。

 

 

また、花粉症薬のステロイドなどの副作用で顔や足などにむくみ・腫れが発生することもあります。

 

 

特に顔は、花粉症の症状で腫れることも多いのに、薬の副作用でもむくんだら踏んだり蹴ったりです。

 

参照:花粉症と顔の症状 花粉症と腫れ・むくみ

 

もくじへ戻る

 

便秘・下痢

 

これも特に女性には、つらい話です。

 

 

悲しい事ですが、花粉症の薬の副作用で便秘になったと悩む方は非常に多いです。

 

 

これも、抗ヒスタミン剤が、腸の働きを抑える副作用があるために起きることです。

 

 

女性はそうでなくとも、便秘になりやすい方が多いのでつらいですよね。

 

 

ただし、逆に下痢をする方もいますので、こちらもご注意を。

 

もくじへ戻る

 

月経不順

 

これも女性ならではのお悩みですね。

 

 

花粉症の薬は、自律神経に影響を及ぼすので、自律神経のバランスが崩れ、生理のサイクルが狂ってしまう事があります。

 

生理痛止めなど、他の薬と花粉症の薬の併用は、非常に危険ですので、自分で判断せず必ず医師の指示を仰ぐ様にしましょう。

 

花粉症とアレロック

出典:wikipedia

 

花粉症の薬には、様々な種類がありますが、ここでは特に有名なアレロックについて解説致します。

 

 

くしゃみ・鼻づまり・鼻水など、主に鼻の症状病院で薬を処方してもらってる方では使用している方も多いと思います。

 

 

アレロックは、第二世代抗ヒスタミン薬と言われる種類の花粉症薬で、前の世代に比べると、副作用は少ないと言われています。

 

 

しかし、それでもアレロックによる副作用は多くの事例が報告されています。主な症状としては、

 

  • 眠気
  • だるさ
  • 口が渇く
  • 集中力低下
  • 便秘
  • 月経不順
  • 食欲増進(太る)

 

など、この記事で紹介した症状は一通り報告されています。

 

 

アレロックを服用する時は車の運転を避けましょう。

 

 

また、中には円形脱毛症になったなどと言う人もいまして、これはレアケースだとは思いますが、注意が必要です。

 

 

また、重大な副作用としては、

 

  • 劇症肝炎
  • 肝機能障害
  • 黄疸

 

など、肝臓や腎臓に重大なダメージを与える可能性があります。

 

 

さらに、実は死亡例もあります。

 

アレルギー薬で劇症肝炎の恐れ=「アレロック」服用後、2人死亡―厚労省

 

花粉症などに用いられるアレルギー用薬「アレロック」(主成分・オロパタジン塩酸塩)

 

 

の服用でまれに劇症肝炎が起きる恐れがあるとして、厚生労働省は30日までに、販売元の協和発酵キリンに対し、医師向けの添付文書を改訂するよう指示した。

 

 

出典:http://news.yahoo.co.jp/pickup/4544617

 

これもレアケースではあるのですが、一応こういうリスクもある事を知っておくと良いと思います。

 

もくじへ戻る

 

薬と耐性

 

元プロ野球選手の清原和博氏は、覚醒剤で逮捕されてしまいました。

 

 

清原選手は、覚醒剤を使用するペースがどんどん上がっていっていたそうです。

 

 

これは違法な薬物に限らず、薬は使っていると耐性が出来てしまい、同じ効能を得るために薬の量を増やしたり、より強い薬を求めてしまったりする事があります。

 

 

じゃばらと雑誌わかさでまとめている、「わかさ」2014年4月号で、薬を使用している内に耐性が付いてしまい、何種類もの薬を飲まないといけなくなって、眠気やだるさやのどの渇き、と言った副作用に苦しんだり、薬のせいで胃もたれを起こしたりする方達の悲痛な叫びが載っています。

 

もくじへ戻る

 

耐性に特に注意するのは点鼻薬

 

薬の耐性で、特に注意して欲しいのが、点鼻薬です。

 

 

鼻の穴の中にノズルを入れて、シュッとすると、噴霧上の薬が出て、鼻の粘膜の炎症を鎮めてくれる薬です。

 

 

これには、血管収縮薬が入っているタイプのものがあります。

 

 

鼻づまりは、鼻粘膜の毛細血管が腫れて起きるので、血管収縮薬入りの薬を噴射すると、それで腫れが収まるのです。
速効性があるらしいです。

 

 

しかし!このタイプの点鼻薬は、耐性がとても強いのです!

 

 

毎日の様に使っていると、段々使っている間は鼻通りが良くなるのですが、効き目が切れると、リバウンドを起こして余計に腫れが酷くなり、段々使用の頻度が上がって、手放せなくなっていきます。

 

 

本当に覚醒剤と一緒ですね(笑)

 

 

こうやって余計に鼻炎が酷くなるのを、薬剤性鼻炎と言います。

 

 

点鼻薬は本当に鼻づまりが酷くて我慢出来ない時だけ使いましょう。

 

 

と、言っても手元にあるとつい使ってしまいますが・・・

 

 

点鼻薬だけでなく、点眼薬、つまり目薬にも耐性はあります。

 

 

花粉症に関係なく、私は大学受験の時に気分転換に目薬を使っていました。

 

 

そして、PCを使う様になってからさらに依存が強くなり、使う量もどんどん増えていきました。

 

 

今、少しずつ減らす努力をしていますが、目薬依存も本当に怖いですので気をつけましょう。

 

もくじへ戻る

 

副作用の心配一切無し!花粉症対策は北山村産じゃばらにおまかせ.!

 

薬の副作用について色々と、紹介して来ました。

 

 

花粉症の薬は、自律神経にも影響が出てしまい、そのせいで花粉の炎症が起きている部分以外にも、悪い影響が出てしまいます。

 

 

対して、北山村のじゃばらは、フラボノイドのナリルチンが、ヒスタミンを放出する肥満細胞にのみ効いてアレルギーを抑制するため、自律神経に影響を与えません。

 

 

なので、全く副作用はありません。

 

 

妊娠している方が錠剤を飲むのはご法度ですが、じゃばらサプリは妊婦さんでも問題ありません。

 

 

もちろん、飲んでも太ったりする事もありません!

 

じゃばらを特集したメディアには、


「健康」2017年2月号


「夢21」2017年4月号


「メレンゲの気持ち」2010年3月20日放送分
「金スマ」2014年3月7日放送分
「おはよう関西」2015年11月18日放送分
「所さんのそこんトコロ」2016年3月11日放送分
「月曜から夜ふかし」2017年2月27日放送分


などがあります。その他メディア情報はこちらからどうぞ。


また、じゃばらは多くの政治家も取り上げてくれています。


じゃばらと国会質疑
じゃばらと政治家


是非こちらのページもご覧下さい。

 

もちろん私も愛用しています。

 



北山村産じゃばらサプリ・ジュースは、この度日本じゃばら普及協会の公認商品第1号として公認マークを取得しました。



当サイトの管理人ジャバラーが、そんなじゃばらサプリ・ジュースの評価と感想を本音で語りました!詳細は、


北山村産じゃばらサプリ
北山村産じゃばらジュース
じゃばらサプリとじゃばらジュースを徹底比較


のページをご参照下さい。

 

北山村のじゃばらで、眠気も便秘も気にせず、楽しく花粉症対策しませんか?

北山村産のじゃばらサプリ公式サイトはコチラ


じゃばらは人気商品なので、花粉シーズンになると品薄になる場合があります。

長期保存可能なじゃばらのサプリや粉末ジュースを、花粉シーズンがはじまる前に入手しておくことを、強くオススメします。

もくじへ戻る