花粉症と喘息の薬、1度に飲ませて大丈夫?そんな悩みありませんか?

花粉症の子どもへ薬を使用する時の注意は?

 

こんにちわ。花粉症対策研究家のジャバラーです。

 

 

子どもの花粉症が急増していたと言うお話を花粉症と子どもの記事でさせて頂きました。

 

 

お子様が花粉症などのアレルギーに苦しんでいる親御さんは、病院で薬を処方してもらったり、あるいは市販の薬を購入したりしている方もいらっしゃると思います。

 

 

そういうアレルギーを持つ子どもを持つ方に色々と話を伺ってみると、子どもにアレルギー薬を服用させることに対して、特に安全性に関して、不安や悩みを抱えている方が多くいることがわかりました。

 

 

一口に花粉症と言っても、その症状は様々な部位に発生して、薬も何種類も必要になります。

 

 

また花粉症と喘息、あるいはアトピーを同時に発症して、薬を併用することがあったりします。

 

 

そうなると副作用が心配になってきますね。

 

 

また市販薬や、ステロイド注射などちょっと怪しい治療法も世の中には溢れています。

 

 

可愛いわが子が苦しんでいるのを見ると、つい飛びつきたくなってしまう方も多いようです。しかし本当に大丈夫なのか?

 

 

この記事では、子どものを取り巻くアレルギーと治療薬で注意すべきことを解説していきます。

 

 


花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースの評価と感想を本音で書きました!

ご興味のある方は、下記リンクをクリックして詳細をご確認下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリとじゃばらジュースを徹底比較


思わぬ副作用が!?アレルギー薬の併用に注意!

アレルギー薬の併用に注意!子どもを副作用から守る

 

花粉症は単一の症状しか出ない訳ではありません。

 

 

目・鼻・口・肌・・・あらゆる所に症状が出ます。

 

参照:花粉症の症状

 

 

私も子どもの頃初めて花粉症の症状が出たのは目の充血でした。

 

 

それから鼻水・鼻づまりと来て、さらにその後咳が出るようになりました。

 

 

花粉症の厄介な所は様々な部位に症状が出て、その部位ごとに薬をそろえないといけない所です。

 

 

出費がかさんでしまいますね。

 

 

さらに、花粉症を発症すると、同じT型アレルギーである喘息やアトピー性皮膚炎を同時に発症する方も多いです。

 

 

そうすると、複数種の薬を併用することがあり、場合によってはこれが危険な副作用を招くことがあります。

 

もくじへ戻る

 

花粉症薬と喘息薬の併用に注意!

 

花粉症の内服薬と、喘息の吸入薬を併用する場合、同じ成分が使われている場合があります。

 

ケミカルメディエーター遊離抑制薬(肥満細胞から症状の原因となる化学物質が離れないよう、封じ込めておく薬)
抗ロイコトリエン薬(血管が広がらない様にして鼻づまり等を防ぐ薬)
Th2サイトカイン阻害薬(アレルギー反応を抑制する薬)

 

などが重複されていることがあります。

 

 

その場合、過剰摂取になる恐れがあるので、医師の相談が必要です。

 

 

また、花粉症の点鼻薬と喘息の吸入薬に両方ステロイドを使っていた場合、子どもの場合は特に使用量の調整が必要になります。

 

もくじへ戻る

 

花粉症薬とアトピー薬の併用に注意!

 

花粉症の点鼻薬、点眼薬とアトピー性皮膚炎の塗り薬には両方ともステロイド薬が使われている場合があります。

 

 

ステロイドは通常部分的に使用するだけなら大きな副作用は無いのですが、併用する場合は要相談です。

 

もくじへ戻る

 

花粉症薬と副鼻腔炎の併用に注意!

 

花粉症でアレルギー性鼻炎が重症化すると、副鼻腔炎を引き起こすことがあります。

 

 

副鼻腔炎とは、鼻の奥にある副鼻腔と言う場所に細菌が住み着いて炎症を起こすことです。

 

 

こうなると、抗生物質での治療が必要になります。

 

 

抗生物質は強力な薬なので、花粉症薬と組み合わせると副作用が起きる可能性があります。

 

 

こちらも必ず薬の調整をしてもらって下さい。

 

 

病院で薬を処方してもらう場合は、医師としっかり相談をして下さい。

 

もくじへ戻る

 

ステロイド注射は効果がある?

ステロイド注射は危険?子どもに打っても良い?

 

ステロイド注射と言うものがあります。

 

 

その名の通りステロイドを注射するものです。

 

 

ステロイドは主に喘息やアトピーの治療に使われている薬ですが、副作用の危険が色々と指摘されているものでもあります。

 

 

多くの医師がステロイド注射を危険を伴うものだと警告している一方で、「花粉症シーズンの初めとピーク時に注射するだけで楽に過ごせる」と甘言を弄してステロイド注射を勧めている医師も少なくないのが現状です。

 

 

確かにステロイドは花粉症にも効果があるのですが、強力過ぎて副作用も大きいです。

 

 

主なステロイドの副作用としては、ムーンフェイスと言って顔が丸顔になってしまう現象や、眠気、だるさなどがあります。

 

参照:ステロイドの副作用で顔が腫れる?

 

 

ステロイド注射は、子どもに試すのはやめましょう。

 

もくじへ戻る

 

副作用が多い?市販薬に注意!

花粉症の市販薬と処方薬の違いは?

 

片親や共働きが増えている昨今、子どもを病院に連れて行くのも一苦労ですね。

 

 

それでつい、医師の処方箋が無くても入手出来る、市販薬で済ませてしまおうと考えてしまっても不思議では無いでしょう。

 

 

現にドラッグストアに行くと、小児用と銘打った花粉症薬もたくさん目に付きます。

 

 

しかし市販薬は、副作用や依存性があるものも多く、注意が必要です。

 

 

「鼻の症状に効く」とうたっている内服薬は、ほとんど抗ヒスタミン薬を使っています。

 

 

市販薬に使われている抗ヒスタミン薬は、眠気を伴うことが多いです。

 

参照:花粉症と副作用 花粉症と薬

 

 

また、市販の点鼻薬は、血管収縮薬を含むものが大半です。鼻づまりを治すことは出来るのですが、使い続ける内に耐性がついてしまい、使うのを止めるとリバウンドして余計鼻づまりが酷くなったりします、

 

 

これを薬物性鼻炎と言います。

 

 

市販薬も安易に使うのは止めておいた方がよさそうです。

 

もくじへ戻る

 

副作用の心配なし!花粉症対策は北山村のじゃばらで

花粉症対策にじゃばらすっぱくないジュースが効く!

 

子どもに対する花粉症薬の注意点を紹介してきました。

 

 

薬は多種多様なものがあり、組み合わせによっては危険なこともあり得るし、そもそも副作用の恐れがあるものもあり、医師によって見解はバラバラ・・・

 

 

忙しい合間を縫ってあちこちの病院に何度も通うのは時間的にも費用的にも大変ですし、親としてどの情報を信じて良いのか困り果ててしまいますね。

 

 

もしネットで簡単に入手出来て、全ての部位の症状に効果があり、なおかつ副作用の心配を一切しなくても良い花粉症対策があったら・・・とても素晴らしいとおもいませんか?

 

 

実はあるんです!それが北山村のじゃばらなのです。

 

 

北山村のじゃばらは、和歌山県の飛び地である北山村で採れる幻のかんきつ類で、近年花粉症に効果がある!とあらゆるメディアでもちきりになっています。

 


じゃばらを特集したメディアには、


「健康」2017年2月号


「夢21」2017年4月号


「メレンゲの気持ち」2010年3月20日放送分
「金スマ」2014年3月7日放送分
「おはよう関西」2015年11月18日放送分
「所さんのそこんトコロ」2016年3月11日放送分
「月曜から夜ふかし」2017年2月27日放送分


等があります。

 

じゃばらの皮の部分に特に多く含まれるフラボノイドであるナリルチンが、花粉症で炎症している部位を沈静化させてくれます。これは喘息やアトピーなど同じT型アレルギーにも効くと言われています。

 

参照:じゃばらとナリルチン

 

 

安価でお財布に優しく、ネットで注文してメール便で届くので、通院時間を取られることもありません。忙しい方にピッタリです!

 

 

また子どもの花粉症対策最大の悩みである副作用が、じゃばらは一切無いことも特徴です。

 

 

副作用の心配が無いので、お子様だけでなく出産を控えた妊娠中の方でも安心して花粉症対策が出来ます。

 

参照:花粉症と妊娠

 

 

じゃばらは、ナリルチンを含んだ皮ごと使ったサプリメントもありますが、錠剤が苦手なお子様もいらっしゃると思います。

 

 

そこで、子ども向けに粉末ジュースをご用意しています。

 

お子様もつわりに悩む妊婦さんもじゃばらジュースがおススメ!

 

私も自ら飲んでみたのですが、最初水で割って飲んでみて、これは乳製品と相性が良い!と思って今度はカルピスで割って飲んでみました。

 

 

カルピスのまろやかさと、清涼感溢れるじゃばら粉末が程よくマッチングして、鼻がすぐにスーッと通って行くのがわかってスッキリしました。

 

 

じゃばらすっぱくないジュースは、お子様にも絶対に好評な味だと自信を持っておススメ出来ます。

 

 

それにつわりに悩んですっぱいものが欲しい!と言う妊婦さんにもピッタリだと思います。

 



北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースは、この度日本じゃばら普及協会の認定商品第1号として公認マークを取得しました。



花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、そんなじゃばらを使ったサプリと粉末ジュースの評価と感想を本音で語りました!



ご興味のある方は下記リンクをクリックして、詳細をご覧になって下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリとじゃばらジュースを徹底比較


 

痛い注射や苦い薬など、病気やアレルギーの治療は、痛いもの・つらいもの・我慢を強いるものと言う価値観を私達はついつい子どもに押し付けてしまいがちです。

 

 

それがまた、子どもに余計なストレスを与え、健全な発育に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

そう言ったこれまでの固定観念をくつがえして、親子で美味しく、楽しく花粉症対策してみませんか?

 

北山村産のすっぱくないじゃばらジュース公式サイトはコチラ


じゃばらは希少品なので、花粉シーズンになると品薄になる場合があります。

長期保存可能なじゃばらサプリや粉末ジュースを、花粉シーズンがはじまる前に入手しておくことを、強くオススメします。