花粉症が目や鼻など粘膜部に集中している理由とは? 花粉症と肥満(マスト)細胞

 

こんにちわ。花粉症対策研究家のジャバラーです。

 

 

花粉症の症状の大半は目と鼻に出ます。

 

 

皆さんもそうではないでしょうか?

 

 

私も初めての花粉症の症状は目に出ました。その後、鼻でも発症するようになりました。

 

 

何故目と鼻なのでしょうか?

 

 

目も鼻も外気にさらされているので、花粉が付着しやすいから?

 

 

いいえ、鼻水や目のかゆみなどは付着した花粉が直接引き起こす訳ではありません。

 

 

目と鼻の共通点はズバリ粘膜部であると言うことです。

 

 

そしてこの粘膜部に多数存在する肥満(マスト)細胞がその答えです。

 

 

では肥満細胞とはなんなのでしょうか?

 

 

どういった仕組みで花粉症が起きるのか?

 

 

この記事で詳しく説明して行きます。

 


花粉の体内進入によって体内でIgE抗体と言う免疫が作られ、肥満細胞と結合します この状態で花粉が進入すると・・・

出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/肥満細胞

 

上の画像がこの記事のキーとなる肥満細胞の写真です。

 

 

肥満細胞と言っても、肥満の原因になる脂肪細胞とは関係ありません。

 

 

顕微鏡で見ると細胞が太って見えることから、肥満細胞と名付けられたそうです。ややこしいですね。

 

 

この肥満細胞は、目や鼻など粘膜部位にたくさん存在するのが特徴です。

 

 

ではどのようなメカニズムで肥満細胞が花粉症の症状を引き起こすのでしょうか?

 

 

まず体内に花粉が侵入すると、免疫機能が花粉を敵と誤認し、体内で免疫グロブリンE(IgE抗体)と言う物質が作られ、それが目や鼻の粘膜にある肥満細胞に結合します。

 

 

これで花粉を迎え撃つ準備が整ってしまいました。

 

 

肥満細胞にIgE抗体が結合した状態で再び花粉が体内に侵入すると、肥満細胞からヒスタミンなどの炎症を起こす物質が放出されます。

 

 

これがアレルギー症状、例えばかゆみ.・鼻のムズムズ・鼻水や涙などを引き起こすのです。

 

 

肥満細胞が本来無害であるはずの花粉に過剰反応して、花粉に対して攻撃をするのですね。

 

 

なので、花粉の症状は肥満細胞の多い目や鼻を中心に症状が出るのです。

花粉症対策のポイント 副作用なしに肥満細胞を抑える方法として大評判!北山村産のじゃばらサプリの感想は?

 

花粉症対策のポイントは、働き過ぎる肥満細胞にブレーキをかけてあげることです。

 

 

そしてそれには北山村産のじゃばらがとても頼りになるのです!

 

 

じゃばらとは、和歌山県の飛び地である北山村と言う所で取れる珍しいかんきつ類のフルーツのことです。

 

 

IgE抗体が肥満細胞と結合することによって起こるアレルギーをI型アレルギーと呼びますが、北山村のじゃばらに大量に含まれるナリルチンと言う物質が、肥満細胞がヒスタミンなどの物質を放出することを抑制する働きをすることがわかっています。

 

参照:じゃばらとナリルチン

 

 

大阪薬科大学名誉教授 馬場きみ江

 

また、同じI型アレルギーであるアトピー性皮膚炎や気管支ぜんそく対策にも効果が期待できるそうです。

 

 

健康雑誌わかさ2014年4月号に馬場きみ江大阪薬科大学名誉教授がレポートを書いています。

 


じゃばらを特集したメディアには、


「健康」2017年2月号


「夢21」2017年4月号


「メレンゲの気持ち」2010年3月20日放送分
「金スマ」2014年3月7日放送分
「おはよう関西」2015年11月18日放送分
「所さんのそこんトコロ」2016年3月11日放送分
「月曜から夜ふかし」2017年2月27日放送分


等があります。

 

花粉症で病院に行くと処方される抗ヒスタミン薬は、眠気や集中力低下と言った副作用が出ます。

 

 

一方じゃばらに含まれるナリルチンはそう言った副作用はありません。

 

 

何故でしょうか?

 

 

抗ヒスタミン薬は、放出されてしまったヒスタミンを、無効化する効果があります。

 

 

しかしヒスタミンは、過度に放出されれば害になりますが、本来は目を覚ましたり食欲を抑えたりと人間にとって必要な物質なのです。

 

 

抗ヒスタミン剤を飲むと、それは脳内にまで入り込んでしまい、本来必要なヒスタミンまで無効化してしまいます。

 

 

これが時に眠気を誘い、花粉症以上の集中力や作業効率の低下を招きます。

 

 

それなら飲まない方がマシですね。受験生や車の運転をする方は絶対飲んではいけません。

 

 

対してじゃばらに含まれるナリルチンは炎症を起こした肥満細胞に働きかけ、過剰なヒスタミンの分泌を抑える効果があります。

 

 

必要なヒスタミンの分泌まで防ぐものではありませんので、眠気も集中力低下も起きないのです。

 

 

この様に薬と違ってじゃばらは危険な副作用が一切無いので、妊婦さんや子供でも安心して利用が出来ます。

 

 

じゃばらを使ったサプリやジュースは、老若男女すべての人に安心して使える花粉症対策なのです。

 

 

もちろん私も愛用しています。

 



北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースは、この度日本じゃばら普及協会の認定商品第1号として公認マークを取得しました。



花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、そんなじゃばらを使ったサプリと粉末ジュースの評価と感想を本音で語りました!



ご興味のある方は下記リンクをクリックして、詳細をご覧になって下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリとじゃばらジュースを徹底比較


 

さらに、じゃばらに含まれるクエン酸やナリルチンは、美容や抗酸化作用にも効果を持つと期待されています。

 

 

より美しく花粉症対策をしたい方は、北山村産のじゃばらサプリをぜひ一度お試し下さい。