4月を過ぎてもムズムズやかゆみが治まらない?その原因をお伝えします

 

こんにちわ。花粉症対策研究家のジャバラーです。

 

 

花粉症シーズンも4月中旬頃になると一段落し、ニュースでも取り扱われなくなります。

 

 

なのに、4月も半ばを過ぎてもまだ花粉症が治らない・・・それどころか、そこから花粉症の症状が本格化する。

 

 

そんな方はいらっしゃいませんか?実は私も子どもの頃はそうでした。

 

 

実はそれ、スギ花粉と並ぶ日本の代表的花粉症であるヒノキ花粉が原因なのです。

 


花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースの評価と感想を本音で書きました!

ご興味のある方は、下記リンクをクリックして詳細をご確認下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリとじゃばらジュースを徹底比較


花粉症はまだ終わらない ヒノキ花粉は5月まで続く!

 

日本の花粉症の代表であるスギ花粉は、早ければ2月から飛び始めて、4月に入るとかなり飛散量は減ってきます。

 

 

なので、花粉症患者にとっては地獄の3月を乗り越えるとやれやれ・・・と一息付いている方も多いと思います。

 

 

しかし実際には4月の中盤になってもまだまだ鼻づまりや鼻水、目のかゆみなど花粉症の症状が相変わらず続いている人は多いです。

 

 

あなたは大丈夫ですか?

 

 

実はこれ、ヒノキ花粉によるものなのです。

 

 

ヒノキは、福島県以南から九州まで幅広く分布している針葉樹です。

 

 

日本では古来からあらゆる木造建築物に利用され、ヒノキ風呂などが有名ですね。

 

 

そして戦後、復興需要に応えるべくスギと共に国策で植林され、その後木材自由化で放置され、今日に至るまで花粉を飛ばし続けています。

 

参照:花粉症は人災?

 

 

ヒノキは、スギよりも花粉を飛ばし始める時期が遅く、3月中旬から5月まで花粉を飛ばします。場合によっては6月まで飛ぶこともあります。

 

 

驚くことに、スギ花粉症患者の7割がヒノキ花粉症を発症していると言われています。

 

 

なので、スギ花粉シーズンが過ぎたにも関わらず花粉症の症状が治まらない方は、ヒノキ花粉症を疑ってみましょう。

 

もくじへ戻る

 

私のヒノキ花粉症体験談

 

何を隠そう、私こそがヒノキ花粉症を発症しています。その時のお話をします。

 

 

小学生の頃のことです。花粉症がニュースで話題になる3月から4月頃は、私は何の症状もありませんでした。

 

 

鼻づまりも鼻水もなく、お気楽な春を過ごしていました。

 

 

しかし、だからと言って何のアレルギーも持っていなかった訳ではなく、毎年5月になると私は鼻ではなく目が真っ赤に充血しかゆみを伴う症状が出ていました。アレルギー性結膜炎です。

 

参照:アレルギー性結膜炎とは

 

 

当時は自覚がありませんでしたが、これは今にして思えばヒノキ花粉が原因だったのでしょうね。

 

 

毎年5月になると眼科に通い、非常に目に染みる目薬を処方されていました。

 

 

しかし別にそれでかゆさや充血が治ると言うことは無かったですね。

 

 

果たして意味があったのでしょうか?

 

 

あの目に染みる目薬のせいで未だに目薬が苦手です。

 

 

目が常にかゆかったので、親から目を掻いてはいけないと注意されつつもしょっちゅう掻いていました。

 

 

アレルギー性結膜炎は大体5月で治まっていましたが、6月まで続くこともありました。

 

 

恐らくヒノキ花粉の飛散が長引いたのでしょう。

 

 

プール開きを迎えても充血が引かなくてプールの授業を休んだこともありました。

 

 

結膜炎にはウイルス性とアレルギー性の2種類があり、ウイルス性は水中感染の危険があるので水泳は禁止ですが、アレルギー性は感染しないので、今思い返すと別に休む必要は無かった気がするのですが、当時は親もよくわかってなかったのでしょう(笑)

 

 

花粉症やアレルギー性結膜炎は、私の親の世代にはほとんど無かったものですからね。

 

 

小学生の頃のアレルギーはこれだけでしたが、高校生になると3月に鼻水が出るようになります。スギ花粉症を発症しましたのです。

 

 

さらに20代になると、ブタクサやヨモギなどの秋花粉症も発症してしまい、私は1年の半分以上を花粉症に苦しめられることになってしまうのでした。

 

参照:私の秋花粉症体験談

 

 

そしてある冷夏の年に、私はとうとう喘息まで発症してしまい、病院で処方された鼻水止めもあまり効果が無く、途方に暮れてなんとか良いアレルギー対策は無いのか?と藁にもすがる思いでネットで色々検索した時に、私は奇跡の出会いを果たしたのでした。

 

もくじへ戻る

 

長期間にわたる花粉症対策は北山村のじゃばらサプリにお任せ!

 

春・初夏・秋の花粉症を発症してしまい、絶望的な状態で私が出会ったのが北山村のじゃばらでした。

 

 

じゃばらは、現在多くのメディアでもその効能が認められています。

 


じゃばらを特集したメディアには、


「健康」2017年2月号


「夢21」2017年4月号


「メレンゲの気持ち」2010年3月20日放送分
「金スマ」2014年3月7日放送分
「おはよう関西」2015年11月18日放送分
「所さんのそこんトコロ」2016年3月11日放送分
「月曜から夜ふかし」2017年2月27日放送分


等があります。

 

実は花粉はほぼ1年中飛んでいます。

 

 

スギ・ヒノキ花粉のピーク後、秋にブタクサなどの花粉が飛び始める6月から8月の間も、イネ科の花粉が飛んでいるのです。

 

 

北山村のじゃばらはすべての種類の花粉に対応し、目の充血・鼻づまり・顔の腫れ・口のかゆみなど全ての部位に対応していますので、季節をまたいだ花粉症対策も、じゃばらだけで乗り切れます。

 

 

なぜじゃばらは花粉症に効くのでしょうか?

 

 

実は北山村のじゃばらには、主に皮の部分にナリルチンと言うフラボノイドが大量に含まれていて、これがアレルギーで炎症を起こしている部分を沈静化させてくれるのです。

 

参照:じゃばらとナリルチン

 

 

ナリルチンは、同じT型アレルギーである喘息やアトピーにも効果が期待出来ます。

 

 

このナリルチンをたっぷり含んだじゃばらを、皮ごと使用したサプリが発売されています。

 

 

北山村のじゃばらサプリは、2017年に内容量の大増量を行い、さらに定期購入・まとめ買いで割引になるようになり、長期的な花粉症対策にもお得になっています。

 

 

錠剤と粉末ジュースなので、保存も簡単でとっても長持ちします!

 



北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースは、この度日本じゃばら普及協会の認定商品第1号として公認マークを取得しました。



花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、そんなじゃばらを使ったサプリと粉末ジュースの評価と感想を本音で語りました!



ご興味のある方は下記リンクをクリックして、詳細をご覧になって下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリとじゃばらジュースを徹底比較


 

花粉症シーズンが過ぎたはずなのにどうして鼻水が止まらないの?と悩んでいる方は、北山村のじゃばらでゴールデンウィークや梅雨の季節も乗り切りましょう!