下腹部に力を入れた瞬間チョロッ・・・花粉の季節に多い悩みとは?

女性に多い尿漏れが花粉の時期に急増中!?

 

こんにちわ。花粉症対策研究家のジャバラーです。

 

 

突然ですが皆さん、『尿漏れ』の経験はありませんか?

 

 

尿漏れ・・・困りますよね?

 

 

もし仕事や授業中にやってしまったら、下着の湿りが不快で集中できなくなってしまいます。

 

 

それだけならまだしも、もし臭いで周囲に漏らしたことがバレてしまおうものなら、大惨事ですね。

 

 

尿漏れは一般的に女性に多い悩みであると言われています。

 

 

しかし、男性でも尿漏れが起きることは決して少なくありません。

 

 

かく言う私も、トイレに行っておしっこを済ませた後に、なんとなく残尿感があるな〜と思いながらトイレを出ようとした瞬間、パンツの中で「ジワッ」とやってしまうことがよくあります(笑)

 

 

しかし女性の尿漏れはそれとは少し事情が違うようです。

 

 

今回、何故尿漏れに関する記事を立ち上げたかと言いますと、現在花粉症シーズン中に、尿漏れを起こす方が急増しているからです。

 

 

花粉症患者は、花粉症シーズンになると激しいくしゃみや咳が出るために、その時にチョロッと尿が出てしまうのです。

 

 

この記事では、私の実体験や尿漏れに悩む女性から聞いた意見を元にして、男女別に見る尿漏れの原因と対策についてご紹介して行きます。

 


花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースの評価と感想を本音で書きました!

ご興味のある方は、下記リンクをクリックして詳細をご確認下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリとじゃばらジュースを徹底比較


男性と女性で尿漏れのタイプが違う? 尿漏れの種類

尿漏れにも男女の違いがある?

 

尿漏れとは、その名の通りトイレ以外の場所で、尿が漏れてしまう症状のことを言います。

 

 

この症状は女性に多いと言われています。

 

 

何故でしょうか?

 

 

男性と女性では下半身のつくりがかなり違いますので、そこにヒントが隠されていると思われます。

 

 

詳しく見ていきましょう。

 

 

くしゃみや咳で下腹部に力が入った時に、思わず尿漏れしてしまう症状のことを、正確には『腹圧性尿失禁』と呼びます。

 

 

これが女性に多いのは、尿管の長さの差があります。

 

 

女性の方が、男性よりも膀胱から尿道口の距離が長いのです。

 

 

デリケートな部分の話なのでこれ以上の説明は省きますが、これだけで想像は付くと思います(笑)

 

 

しかし男性は腹圧性尿失禁は女性より少ないものの、尿管が長い分残尿は残りやすく、また男性に見られない『前立腺の肥大』も相まってトイレ後に尿が出てしまう『排尿後滴下』と呼ばれる症状に悩む方は多いです。私もそうです。

 

 

一方で、くしゃみや咳の時に思わず尿が出てしまう『腹圧性尿失禁』のは、やはり女性に多く、それも40代以上で妊娠・出産を経験した方に多いです。

 

 

この理由を詳しく解説していきます。

 

もくじへ戻る

 

尿漏れは何故女性に多いのか? 尿漏れの原因

女性の特に妊娠・出産後に多い尿漏れの原因は?

 

くしゃみや咳をした拍子に、チョロッと尿が漏れてしまう『腹圧性尿失禁』が女性の特に妊娠・出産を経験した方に多い理由とはなんでしょうか?

 

 

実は、出産後の女性に尿漏れが多いのは、筋力の低下に最大の原因があります。

 

 

『骨盤底筋』と言う筋肉があります。

 

尿漏れと骨盤底筋

 

上の図を見て頂ければわかる通り、その名の通り骨盤の底部にある筋肉で、子宮や膀胱などを支えている筋肉になります。

 

 

妊娠して子宮が膨張すると、それに合わせて骨盤底筋が伸びてしまいます。そして出産後、それが長期間伸びっぱなしだったことで、弱まってしまうのです。

 

 

妊娠中にお腹が膨らむ時、皮膚が伸びて断裂して妊娠線になってしまうと言う現象が起きる場合がありますが、体内にある筋肉でも同じようなことが起きています。

 

 

この膀胱や尿道を支えていた骨盤底筋の力が弱まると、自分の意思とは無関係に尿が漏れ出してしまうと言うことが起きてしまうのです。

 

 

もちろん、出産を経験しなかったとしても、老化によって骨盤底筋が弱まって尿漏れが起きてしまうこともあり得ます。

 

 

また、くしゃみや咳など、下腹部に強い力が加わった時に、尿漏れが起きてしまいます。

 

 

となると、くしゃみや咳が止まらなくなる花粉症や喘息とを発症してしまったら、尿漏れが毎日止まらなくなると言う悪夢のような状態になってしまいます。

 

 

自分は花粉症じゃないし大丈夫、と思われるかもしれませんが、妊娠・出産をきっかけに花粉症や喘息を発症するケースも多く、決して油断は出来ません。

 

参照:花粉症と妊娠 喘息と生理・妊娠

 

 

では、一体どうしたら良いのでしょうか?

 

もくじへ戻る

 

どうやって防ぐ? 尿漏れの対策

尿漏れ対策はどうすればよい?

 

尿漏れ対策はどういうものがあるのでしょうか?

 

 

現在は、尿漏れ専用パットと言うおむつ的なものが市販されています。

 

 

しかし、これでは根本解決にはなりませんし、尿漏れによる臭いの被害まで防げるわけではありませんね。

 

 

さらに、尿漏れの大きな原因の一つは、骨盤底筋の衰退にあるので、骨盤底筋を鍛えるのも有効な手です。

 

 

現に骨盤底筋を鍛えるためのストレッチが本やテレビで紹介されたりしています。

 

 

私も調べてちょっとやってみましたが、中々大変で続けられそうにない(笑)

 

 

骨盤底筋を鍛えるのも大事ですが、もっと手軽に尿漏れを予防する対策はないでしょうか?

 

もくじへ戻る

 

どうやって防ぐ? 尿漏れの対策

尿漏れ対策にはじゃばらで花粉症対策を!

 

尿漏れは、下腹部に思わぬ力が入ってしまった時に起こります。

 

 

下腹部に思わぬ力が入ってしまう代表格が、くしゃみと咳です。

 

 

くしゃみや咳が止まらなくなる原因の代表格が、花粉症と喘息です。

 

 

尿漏れを防ぐには、まず大元である花粉症や喘息の対策をしましょう。

 

 

特に出産後の方は、骨盤底筋の衰えだけでなく、骨粗鬆症で骨が弱くなっていることもあります。

 

 

骨が弱くなっていると、何気ないくしゃみや咳でろっ骨がポッキリと折れてしまうことがあります。

 

 

また、元々花粉症も喘息も持ち合わせていない方が、妊娠や出産をきっかけに体質が変わって花粉症や喘息を発症する方も少なくありません。

 

 

妊娠や出産を経験した女性にとっては特に、くしゃみや咳を防ぐのはとても重要なことなのです。

 

 

そこで、くしゃみ・咳対策として当サイトでは北山村のじゃばらをおススメします!

 

 

花粉症や喘息によるくしゃみや咳は、鼻や喉が炎症を起こして起きるものです。

 

 

じゃばらの皮の部分に大量に含まれるフラボノイドのナリルチンが、炎症した患部を沈静化してくれます。

 

参照:じゃばらとナリルチン

 

 

じゃばらは近年様々なメディアで取り上げられています。

 


じゃばらを特集したメディアには、


「健康」2017年2月号


「夢21」2017年4月号


「メレンゲの気持ち」2010年3月20日放送分
「金スマ」2014年3月7日放送分
「おはよう関西」2015年11月18日放送分
「所さんのそこんトコロ」2016年3月11日放送分
「月曜から夜ふかし」2017年2月27日放送分


等があります。

 

また、じゃばらを使ったサプリメントと粉末ジュースは、私自ら使用してその効能を確かめています。

 



北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースは、この度日本じゃばら普及協会の認定商品第1号として公認マークを取得しました。



花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、そんなじゃばらを使ったサプリと粉末ジュースの評価と感想を本音で語りました!



ご興味のある方は下記リンクをクリックして、詳細をご覧になって下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリとじゃばらジュースを徹底比較


 

特にじゃばらの粉末ジュースは、程よい甘酸っぱさと清涼感が、妊娠中の方のつわり対策にもなって一石二鳥です。

 

 

最近は子どもの花粉症や喘息も増えてきています。

 

 

じゃばらの粉末ジュースは、子どもにも絶対気に入ってもらえる美味しさです。

 

 

お子様が無事生まれたら、じゃばらジュースで親子で美味しくアレルギー対策をしましょう!

 

北山村産のすっぱくないじゃばらジュース公式サイトはコチラ


じゃばらは希少品なので、花粉シーズンになると品薄になる場合があります。

長期保存可能なじゃばらサプリや粉末ジュースを、花粉シーズンがはじまる前に入手しておくことを、強くオススメします。