NHKニュースおはよう関西で花粉症対策に北山村のじゃばらが紹介されました!

 

こんにちわ。花粉症対策研究家のジャバラーです。

 

 

NHK大阪放送局が朝7時台に放送している地域情報番組、『おはよう関西』で北山村のじゃばらが紹介されました!

 

 

2015年11月18日の放送です。収穫の時期に合わせての放送ですね。

 

 

NHKと言えば知る人ぞ知る公共放送です。

 

 

私は、東日本大震災の時など大きな災害があった時に頼りにしている情報源は、民放よりもNHKです。

 

 

皆さんもそうではありませんか?

 

 

そんな公共放送であるNHKが、万が一効果のないインチキ商品を紹介してしまったら、大問題になります。

 

 

なので、公共放送であるNHKがじゃばらを紹介すると言うことは、それだけじゃばらは信頼性が高いということです。

 

 

NHKだけでなくじゃばらは、様々なメディアが取り上げ、学者が評価し、国会でも取り上げられ、政治家も言及している花粉症対策なのです。

 

じゃばらを特集したメディアには、


「健康」2017年2月号


「夢21」2017年4月号


「メレンゲの気持ち」2010年3月20日放送分
「金スマ」2014年3月7日放送分
「おはよう関西」2015年11月18日放送分
「所さんのそこんトコロ」2016年3月11日放送分
「月曜から夜ふかし」2017年2月27日放送分


などがあります。その他メディア情報はこちらからどうぞ。


また、じゃばらは多くの政治家も取り上げてくれています。


じゃばらと国会質疑
じゃばらと政治家


是非こちらのページもご覧下さい。

 

この記事では、NHKニュースでどのようにじゃばらが報道されたかをご紹介致します。

 


花粉症・その他アレルギー対策に話題騒然!


当サイトの管理人ジャバラーが、じゃばらサプリ・ジュースの評価と感想を本音で書きました!詳細は、


北山村産じゃばらサプリ
北山村産じゃばらジュース
じゃばらサプリとじゃばらジュースを徹底比較


のページをご覧下さい。

NHKでじゃばらに含まれるナリルチンが詳しく紹介されました

 

北山村でじゃばらの収穫の生中継が行われました。

 

 

朝八時から収穫を始めていて、ずいぶん早いですね。

 

 

それとも中継があるから特別早くしているのかな?

 

 

中継の中では、北山村は和歌山県に属しつつも、実は奈良県に囲まれる場所に存在し、飛び地であると言う説明もされていました。

 

参照:じゃばら産地の北山村

 

じゃばらはミカンなど他の柑橘類と違って、熟する前のまだ青い状態で収穫されます

 

 

その理由とは・・・?

 

 

このサイトでは何度も名前が出てきているナリルチンです。

 

 

ナリルチンと言う成分が、熟する前のじゃばらの特に皮の部分に大量に含まれています。

 

 

その含有量たるや、他の柑橘類の約10倍。そして皮の部分にはな、なんと60倍ものナリルチンが眠っているのです。

 

 

これにはスタジオのキャスターもびっくりしていました。

 

 

このナリルチンが、長年の研究の結果、花粉症のアレルギーを抑える働きを持ち、花粉症以外にも喘息やアトピーにも効能が期待できるかもしれないと言われている夢の成分なのです。

 

参照:じゃばらとナリルチン

 

もくじへ戻る

皮ごとしぼるじゃばらはすっぱい?

 

上記したように、じゃばらは皮に花粉症対策になるナリルチンを多く含むため、じゃばらを加工する時も工夫をしていて、果汁をしぼる時に皮ごとしぼっています。

 

 

中継先でそう報じた所、スタジオのキャスターからは懸念の声が。

 

 

 

「丸ごとしぼってしまうと、皮に苦味があって全体的に苦くなるんじゃないですか?」

 

 

ご指摘ごもっともです。

 

 

ミカンやレモンでも皮をかじると非常に苦いですね。

 

 

じゃばらも、ごたぶんに漏れず苦いです。

 

 

現にアナがこの後、しぼりたてのじゃばら果汁を飲むのですが、

 

 

「すっぱい!」

 

 

と目を白黒させてしまいます。

 

 

金スマでじゃばらが取り上げられた時も、じゃばら果汁を飲んだリポーターが「酸っぱい!苦い!」とのけぞってましたね(笑)

 

参照:じゃばらと金スマ

 

 

・・・そうなると、いくら良薬口に苦しと言えども、

 

 

「花粉症に効くと言ったって、そんなに苦いものは飲みたくないなぁ」

 

 

とか、

 

 

「子供に飲ませたいのに苦いものは困る」

 

 

とお考えの方も多いでしょう。

 

 

しかし、ご心配は無用です!

 

もくじへ戻る

苦さ、すっぱさを徹底的に排除したじゃばらサプリとジュースがおススメです

 

上述したように、ナリルチンを多く含む皮まで丸ごとしぼったじゃばら果汁は、非常に苦くすっぱいです。

 

 

それをそのまま飲むのは相当困難でしょう。

 

 

しかし、そんなじゃばらの欠点を補うために、ナリルチンはきっちり残しつつ、じゃばらの苦味とすっぱさを上手く取り除いた加工商品が開発されています!

 

 

それがじゃばらのサプリと粉末ジュースです。

 

 

まずは、じゃばらサプリですが、錠剤形式になっているので、そもそも味は問題になりません。

 

 

水と一緒に噛まずにそのまま飲み込めばOKです。

 

 

すっぱさや苦さを感じる余地はありません。

 

 

しかし、子供に飲ませたいけど、錠剤だと嫌がる・・・と言う方もいらっしゃるでしょう。

 

 

そこでじゃばらすっぱくないジュースです!

 

 

その名の通り、すっぱさや苦さに徹底して配慮されて作られた粉末ジュースになっています。

 

 

気になるお味ですが、これは私が実際に試しておりますので、是非そちらのレビューを読んでご判断頂ければと思います。

 



北山村産じゃばらサプリ・ジュースは、この度日本じゃばら普及協会の公認商品第1号として公認マークを取得しました。



当サイトの管理人ジャバラーが、そんなじゃばらサプリ・ジュースの評価と感想を本音で語りました!詳細は、


北山村産じゃばらサプリ
北山村産じゃばらジュース
じゃばらサプリとじゃばらジュースを徹底比較


のページをご参照下さい。

 

サプリと粉末ジュースは、味対策としてはもちろん、保存が効くようにと工夫して作られたものです。

 

 

どうか末永く愛用してあげて下さいね。

北山村産のじゃばらサプリ公式サイトはコチラ


じゃばらは人気商品なので、花粉シーズンになると品薄になる場合があります。

長期保存可能なじゃばらのサプリや粉末ジュースを、花粉シーズンがはじまる前に入手しておくことを、強くオススメします。

もくじへ戻る