花粉症でうつ病、は決して大げさではありません!花粉症の人は健常者よりも4倍うつになりやすく、1.3倍自殺しやすいのです

 

こんにちわ。花粉症対策研究家のジャバラーです。

 

 

春、と言えば暖かくなり、期待に胸膨らませる新しい出会いの季節。

 

 

なのに、そんな春が憂うつで仕方が無い方、いらっしゃいませんか?

 

 

そのお気持ち、よくわかります。

 

 

そう、花粉症ですね。

 

 

本当につらいですよね。私もかつてはそうでした。

 

 

この時期くしゃみや鼻水、目のかゆみなどで、日本人にとって大事な憩いであるはずの、お花見も大嫌いになってしまっている方も多いと思います。

 

 

症状が酷くなると、花粉症でうつ病を発症していしまい、さらには死にたいとさえ思ってしまう方も多いのです。

 

 

何を大げさな、と思いますか?

 

 

いいえ、花粉症でうつになったり自殺したいと思うことは全く大げさではありません。

 

 

しかしこれにはきちんとした研究データも出ているのです。

 

花粉症の人は4倍うつ病になりやすく自殺もしやすいことが判明

 

毎年、花粉症に悩まされているみなさんに驚きの新事実です。最近の研究で、花粉症患者が極度のうつ病になる割合が、ふつうの人の4倍、自殺率は30%も高いということがわかったのです。

 

 

中略

 

 

■自殺のリスクもうつ病じゃない人より30%高くなる

 

 

また、2010年のデンマークの研究によると、花粉症患者は自殺率も高くなるのだとか。

 

 

オーフス大学の研究者たちが、自殺した人たちの中で、アレルギー患者とアレルギーの無い人の割合を比べたところ、花粉症のようなアレルギーを持った人は、アレルギーの無い人より、30パーセントも自殺のリスクがあることがわかりました。
花粉症の影響、侮れませんね。

 

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/10895071/

 

こう言ったデータがあってもなお、花粉症や花粉症と同じT型アレルギーであるぜんそくをつらいと訴える事は、甘えだとか大げさだとか言う人は少なくありません。

 

 

花粉症は人災?のページで説明した様に、高度経済成長前は花粉症やぜんそくなどのアレルギーはほとんどありませんでしたので、特に高齢者の方にはこのつらさや苦しみは理解しがたいのかもしれません。

 

 

しかし、上述した様に、花粉症によってうつや、死にたい、とまで考える事は決して特別では無いことが、研究によっても実証されています。

 

 

死にたい、と考えるだけでなく、実際に自殺してしまう数も大幅に増えてしまっているのです。

 

 

今花粉症がどうしようもなくつらい方、うつ状態だったり、死にたいとすら考えている方へ。

 

 

つらさを訴えても、甘えてるだとか、大げさだとか、周囲から心無い言葉をぶつけられてしまった方へ。

 

 

あなたは決して悪くありません。

 

 

花粉症は、こじらせれば心身を大きく破壊し、場合によっては死にも繋がる重大な疾患です。

 

 

この記事では、私の実体験も交えて花粉症とうつ病の関係を解説致します。

 

 

花粉症としっかりと理解して、適切な対策をとりましょう。

 


花粉症・その他アレルギー対策に話題騒然!


当サイトの管理人ジャバラーが、じゃばらサプリ・ジュースの評価と感想を本音で書きました!


北山村産じゃばらサプリ
北山村産じゃばらジュース
じゃばらサプリとじゃばらジュースを徹底比較


のページをご覧下さい。

うつ病とは

 

花粉症とうつ病の間に重大な相関関係がある事はわかりましたが、そもそもうつ病とはどういうものなのか?

 

 

簡単にご説明いたします。

 

 

まずうつ病とは、気分障害の一種で、様々な症状を引き起こす精神疾患です。

 

 

うつ病患者数は、1996年には43.3万人だったのが、2008年には倍増し、100万人を超えました。

 

 

15人に1人は、一生の内に1度はうつを患うと言われています。

 

 

うつ病の症状としては、

 

  • 不眠・早朝覚醒
  • 長時間睡眠
  • 無気力
  • 憂うつ
  • 気分が落ち込む
  • 疲れやすい
  • 食欲がなくなるあるいは増加する
  • 頭痛、関節痛、歯が痛いなど身体が痛む
  • 怒りを抑えられない
  • 物を壊す・暴力的になる
  • 自殺・自傷願望

 

など多岐にわたります。

 

 

うつと言うと、気分が沈みこむと思われがちですが、実はイライラして攻撃的・暴力的になる場合もあります。

 

 

また、うつ病の中でも特にやっかいな症状が、死にたいと言う気持ちに苛まれる自殺願望です。

 

 

うつが最も深刻な時は、心が沈みこみ過ぎて、死ぬ気力すら失われるそうです。

 

 

本当に危ないのは、うつになり始めと、改善され始めて少し元気が出て来た時に、突発的に自殺を図ってしまう事があるそうです。

 

 

うつ病は、治りかけが一番危ない、とよく言われるのはこういう事情です。

 

もくじへ戻る

 

うつ病の仕組み

 

うつ病はなぜ起きるのか?花粉症とどう関係があるのか?

 

 

ご説明致します。

 

 

まずうつ病発症の仕組みですが、これは脳内神経間の伝達を行う、セロトニンと言う脳内物質が不足する事が原因です。

 

 

この物質が不足すると、精神的な安定や睡眠を司る、セロトニン神経が上手く機能しなくなります。

 

 

するとどうなるか?ここで、自律神経という神経系について説明します。

 

 

自律神経とは、例えば汗だったり唾液だったり涙だったり、あるいは体温の上げ下げ、睡眠と覚醒、消化吸収など、自分の意思とは無関係に働く神経のことを言います。

 

 

自律神経は、大きく交感神経と、副交感神経の2種類に分けられ、交感神経は覚醒・興奮を、副交感神経は、睡眠・鎮静を司っています。

 

 

我々が眠くなったり、目が覚めたり、ドキドキしたり、リラックスしたりする時は、この2つの神経がバランスを取って調節しているのです。

 

 

セロトニンが不足すると、この自律神経のバランスが崩れます。それで、無気力な状態になったり、又は急に興奮して攻撃的になったり、不眠になったり逆に常に眠くなったりします。

 

 

これがうつ病なのです。自律神経失調症と言う呼び方をする場合もあります。

 

 

では、どんな時にセロトニンが不足するのでしょうか?

 

 

それはストレスです。

 

 

過労、対人ストレス、睡眠不足や昼夜逆転生活、飲酒喫煙、などでストレスが大きくなると、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

 

 

そうなると感情のバランスが崩れてうつ病ととなります。

 

 

では、このうつ病と花粉症はどんな関係があるのでしょうか?

 

もくじへ戻る

 

花粉症とうつ病の関係

 

うつ病と花粉症についてです。

 

 

花粉症をはじめとする各種アレルギーは、免疫機能の過剰反応が原因です。

 

参照:花粉症とは

 

 

そして、この免疫機能を調節しているのも自律神経なのです。

 

 

うつも、花粉症も、自律神経の乱れによって起きるのです。。

 

 

2016年3月6日放送のそこまで言って委員会NPで、花粉症、ぜんそく、そして重度のエビアレルギーを持っている、キャスターの辛坊治郎氏が、花粉症やアレルギーは精神的なものが凄く大きいとおっしゃっていました。

 

 

同じくゲストの辛酸なめ子氏も、花粉症はイリュージョン(まぼろし)だと思い込んで治そうとしたと言っていました。

 

 

さらに、ゲストで医師の森田豊氏は花粉は本当に精神的につらい。学力や仕事の効率もかなり大きな損害が出ると強調していました。

 

 

花粉症による経済的損害については、じゃばらと国会質疑のページにまとめています。

 

花粉症と鈍脳のページも是非ご参照下さい。

 

 

これはその通りで、自律神経の乱れがアレルギーやうつを起こすのですから、精神的に安定している事はとても大切です。

 

 

さらに、花粉症とうつは相互作用もあります。

 

 

一度どちらかを患うと、花粉症のストレスが、うつを発祥させ、うつによる精神の落ち込みが花粉症を起こす、と悪循環になってしまいます。

 

 

花粉症とうつの密接な関係、おわかりいただけたでしょうか?

 

もくじへ戻る

 

実体験を語ります!花粉症と不眠の関係

 

人をうつにさせる最も大きな要因の一つが不眠です。

 

 

寝不足や、不眠は本当に憔悴します。

 

 

私の実体験に基づいて、花粉症のアレルギー性鼻炎で鼻づまりになり、そのせいで長期間不眠症になり、うつ状態になってしまった話をしようと思います。

 

 

私の花粉症体験談その3のエピソードをもう少し掘り下げてお話します。

 

 

私の花粉症がピークだった2010年の春、例年よりも花粉の飛散料は少なめだったにも関わらず、私の花粉症はこれまでに経験した事が無い位に酷いものとなりました。

 

 

昼間もありえないリ量の鼻水が出ます。数分おきに鼻をかまないといけない有様でした。

 

 

たまらず、病院で鼻水止めの薬をもらったのですが、昼間にそれを飲むと、眠気の副作用が出て辛かったです。

 

 

一方夜になると、今度は一転して不眠症です。

 

 

寝る前に鼻水止めの薬を飲みます。

 

 

副作用の眠気でむしろ寝付きやすくなる様に思われがちですが、実は薬は2時間位しか効果が無いのです。

 

 

そこで、一度熟睡しても、2時間位すると鼻づまりで呼吸が出来なくなって苦しくて目が覚めてしまいます。

 

 

ハッと目が覚めると、鼻で呼吸しようとしているのですが、完璧に鼻がつまっていて出来ない。

 

 

ここまで酷い鼻詰まりは、私の花粉症人生の中でも初めてでした。

 

 

一旦鼻をかんで、もう一度眠るのですが、また2時間程すると、鼻づまりで目が覚める。

 

 

何度か繰り返すともう朝です。

 

 

眠りが浅いので全然疲れが取れていないし、口呼吸になっていたのか、のども痛い。

 

参照:花粉症と口呼吸

 

 

また、花粉症の症状が口に出ることがあり、口の中がかゆくなったり口内炎が出来たりします。

 

参照:花粉症と口腔アレルギー 花粉症と口の症状

 

 

頭がボーっとして、仕事に対する集中力も散漫になります。

 

 

身体がだるいのに、心拍数だけは妙に早くなっていたのを覚えています。

 

 

心が沈んで機嫌も悪くなる。私の場合、攻撃的になったり周囲に当り散らす事はないつもりでしたが、周囲からは怖がられてたかもしれません。

 

 

今思えば完全にうつ状態でした。

 

 

1日や2日くらいなら我慢出来ましょうが、こんな症状が何日も続くと、本当に心の底から絶望します。

 

 

ひょっとして花粉シーズン中ずっとこうなのか・・・?

 

 

こういう考えが頭によぎります。

 

 

すると、決して大げさでなく、本当に死にたいと思う様になります。

 

 

また、花粉シーズン中は、数え切れないくらい鼻をかむせいで、鼻の中が出血して、鼻の中で大きなかさぶたになります。

 

 

私はひざに出来たかさぶたなどは気にならずに、はがさず放っておけるタイプなのですが、鼻の中に出来たかさぶたは気になってしょうがない。

 

 

そこで、ちょっと汚い話で申し訳ないですが、鼻の中に指を突っ込んでかさぶたをはがす訳です。

 

 

取れた時は一瞬だけスッキリして気持ちいいのですが、まだ完治してない状態ではがすので、また出血してきます。

 

 

そしてその後、鼻の中に痛みが・・・

 

 

鼻の中のかさぶたをはがす痛みは、刺す様な痛みではなく、はがした部分の表面がじわ〜っと、ヒリヒリする感じで、背中に嫌な汗が浮かぶタイプの痛みです。

 

 

しかも痛みが結構長引きます。

 

 

これが意外と精神を消耗するんです。

 

 

はがした後いつもやめとけばよかった・・・と後悔するのですが、止められない(笑)

 

 

この様な酷い経験をして、毎年こうなると、来年もそれ以降もずっとこうなるのか?

 

 

と思うと、物凄い絶望と恐怖感を覚えました。

 

 

もうお花見が楽しみとか言ってられません。

 

 

いっぺんに春が嫌いになりました。

 

 

幸いにして、その後はここまで酷い症状になる事はなく、また程なくして良い花粉症対策に巡り会えたので、今ではスッキリと快適に春を過ごせています。

 

 

しかし、私は秋の花粉症にも悩まされています(参照:私の秋花粉体験談)ので、もし春と秋、1年の内の半年間もこんな目に会い続けていたら、私は間違いなく重度のうつ病になって、自殺にまで追い込まれていたと思います。

 

 

決して大げさに語っているつもりはありません。本当にそれ位苦しかったです。

 

もくじへ戻る

 

花粉症によるうつ病は、北山村産のじゃばらサプリで解決!

 

さて、私が花粉症で絶望的な状態からどうやって脱出したかと言いますと、北山村のじゃばらサプリを使いました。

 

 

アレルギーを沈静化するフラボノイドナリルチンを大量に含む、飲みやすいサプリです。

 

 

薬と違って眠くなったりするなどの副作用は一切ありません。

 

参照:花粉症と副作用

 

 

特に妊娠中の女性は、そうでなくてもストレスが溜まりやすく、ホルモンバランスも崩れがちで、イライラしたり眠れなくなったりします。さらに、妊娠中に喘息を発症するケースもあります。

 

 

おまけに、薬の使用を医師から禁じられてしまいます。

 

参照:花粉症と妊娠 喘息と生理・妊娠

 

 

そんな状態で、花粉症になってしまったら、そのつらさはもう男性には想像も付かないです。

 

 

さらに、出産後も、産後うつと言うものがあり、また授乳期間中も錠剤を飲むのは推奨されません。

 

 

なので、副作用や成分を一切心配せずに使えるじゃばらは、本当にオススメです。

 

じゃばらを特集したメディアには、


「健康」2017年2月号


「夢21」2017年4月号


「メレンゲの気持ち」2010年3月20日放送分
「金スマ」2014年3月7日放送分
「おはよう関西」2015年11月18日放送分
「所さんのそこんトコロ」2016年3月11日放送分
「月曜から夜ふかし」2017年2月27日放送分


などがあります。その他メディア情報はこちらからどうぞ。


また、じゃばらは多くの政治家も取り上げてくれています。


じゃばらと国会質疑
じゃばらと政治家


是非こちらのページもご覧下さい。

 

もちろん私も愛用しています。

 

当サイトの管理人ジャバラーが、じゃばらサプリ・ジュースの評価と感想を本音で書きました!


北山村産じゃばらサプリ
北山村産じゃばらジュース
じゃばらサプリとじゃばらジュースを徹底比較


のページをご参照下さい。



北山村のじゃばらサプリ・ジュースは、この度日本じゃばら普及協会の公認商品第1号として公認マークを取得しました。



この商品は、じゃばらの皮にナリルチンと共に含まれる、アレルギー誘発物質であるリモネンを特許技術で除去しています。



さらに2017年2月から商品の値下げを行い、よりお求めやすくなりました。



詳しくは、日本じゃばら普及協会とはじゃばらとリモネンの記事をご覧ください。

 

花粉の季節にイライラ・不安・不眠に悩まされていて、有効な手立てが見付からない方。

 

 

あなたは大げさな事を言っている訳でも甘えている訳でもありません。

 

 

花粉症とうつは相互関係にあるので、花粉症が治ればきっとうつ病も良い方向に向かいます。

 

 

春と言う季節をまた心から楽しめる様になれるように、一歩踏み出してみませんか?

北山村産のじゃばらサプリ公式サイトはコチラ


じゃばらは人気商品なので、花粉シーズンになると品薄になる場合があります。

長期保存可能なじゃばらのサプリや粉末ジュースを、花粉シーズンがはじまる前に入手しておくことを、強くオススメします。

もくじへ戻る