生理でフラフラ・ズキズキつらい・・・そんな時に喘息でヒューヒュー・・・これはしんどいですよね

 

女性の方は思春期になると、およそ月に一回生理が来るようになります。

 

 

女性の喘息持ちの方の半数近くが、生理前や生理中になると、喘息の症状が悪化すると言う報告があります。

 

 

この記事を書くにあたって、喘息持ちの女性や妊娠・出産経験のある方の体験談を数多く参考にしています。

 

 

喘息をはじめとするアレルギーは、体内のホルモンバランスなどが崩れることが原因の一つだと言われています。

 

 

生理になると、女性ホルモンの分泌が大きく変動するのですが、生理になると喘息が悪化するのはこの辺りに原因があるのではないかと言われています。

 

 

また、女性の中には生理中にめまいや頭痛、貧血の症状に悩まされることがあり、フラフラになってしまう場合があります。

 

 

さらにこの上、喘息でヒューヒューと喘鳴を鳴らしながら呼吸困難や、せきが加わると本当につらくなってしまうのは、想像に難くありません。

 

 

さらに、生理中には生理痛と言う独特の痛みを発症する方もいます。

 

 

子宮や、卵巣の辺りがズキズキ、あるいはチクチク・ジクジクと痛むのです。

 

 

それだけでもつらいのに、さらに喘息のダブルパンチとなると、男性では耐えられない程しんどいのではないでしょうか?

 

もくじへ戻る

 

チクチク生理痛には鎮痛剤 ヒューヒュー喘息にはステロイド。影響は?

 

さて、そんなしんどい生理ですが、生理痛の時には鎮痛剤を、喘息の時はステロイド剤などを使用される方も多いと思うのですが、生理薬と喘息薬はそれぞれ悪影響を与えないのでしょうか?

 

 

まず、喘息に使ってる薬の一部が、生理中は効かない可能性があります。

 

 

気管支を拡げる作用を持つテオフェリン薬は、生理中は体内で分解が進んでしまい、拡張機能を奪ってしまうことがあります。

 

 

普段効いている薬が生理中は効かないことがあるのですね。

 

 

また、アスピリン喘息と言う喘息がある様に、鎮痛剤のアスピリンを服用すると、副作用として喘息を発症するケースもあります。

 

 

また、喘息の薬としてスタンダードなステロイドを服用していると、生理の出血が止まらなくなったり、生理不順になる事例が報告されています。

 

 

ステロイドを利用すると、体内のホルモンバランスが崩れやすくなるのでこういった影響が起こると考えられます。

 

 

こういったケースがあるので、生理中の喘息薬の服用は医師とよく話し合って、指導を受けることをおすすめします。

 

もくじへ戻る

 

妊娠で吐き気がする・・・そんな時に喘息でせきが止まらない・・・これもしんどいですよね

 

生理中だけでなく、妊娠中はなにかと体調を崩しがちなことが多いです。

 

 

アレルギーは、免疫システムなど、身体のホルモンバランスが崩れると起こります。

 

 

喘息と同じT型アレルギーである花粉症も、妊娠と密接な関係があることを、花粉症と妊娠のページでもご紹介しています。

 

 

妊娠中はただでさえ、つわりで吐き気や眠気、頭痛などに悩まされてしんどいのに、その上せきやくしゃみ、呼吸困難なども併発してしまうと、そのつらさは想像を絶するものがあります。

 

 

また生理中だけでなく、妊娠中も安易に薬を使うことは大きな危険が伴う場合があります。

 

 

吐き気やせきでしんどい、だけど薬にも頼れない状況だと、精神的にも不安定になり、本当に死にたいと思ってしまうなど、うつ病を発症してしまう場合もあります。

 

参照:花粉症とうつ病

 

もくじへ戻る

 

妊娠で喘息は悪化する?

 

妊娠すると、身体に様々な変化が出るようです。

 

 

喘息を初めとしたアレルギーは、体内の様々なサイクルが狂うと発症すると言われています。

 

 

生理以上に、妊娠は体内のバランスが崩れやすくなるので、それに伴ってアレルギーを発症しやすくなるようです。

 

 

また、お腹の中に大きな胎児が出現することで、気管支が圧迫されると言うこともあるのかもしれませんね。

 

 

妊娠中に喘息を発症された方の体験を調べていると、最初は風邪かなと思っていた所、ヒューヒューと喘鳴がしているのに気付いて、喘息だと気付いたという方が多かったです。

 

 

妊娠中に風邪かな?と思ったら、注意して下さい。

 

もくじへ戻る

 

妊娠中の喘息は赤ちゃんにとってもしんどい!

 

平時でもしんどい喘息ですが、妊娠中に喘息を発症してしまうと、それこそ、うつになってしまう程つらいと思います。

 

 

しかし妊娠中の喘息は、母体だけでなく胎児にも、大きな負担を強いているのです。

 

 

まず、花粉症のくしゃみなどでも同じですが、せきをする時に、前にかがみこむ姿勢になってしまうと、下腹部を圧迫してしまいます。

 

 

妊娠中にお腹を圧迫することは、切迫流産・早産に繋がる恐れがあります。

 

さらに喘息によって呼吸困難が起こるようになると、胎児に供給される酸素が不足し、場合によっては死産や未熟児のリスクも出て来ます。

 

 

妊娠中の喘息は、母子共に非常に大きな危険を伴います。

 

もくじへ戻る

 

苦しい生理・妊娠中の喘息にもじゃばらサプリを試してみませんか?

 

もしあなたが生理・妊娠中に喘息を発症してしまったら?

 

 

花粉症と妊娠のページでも取り上げましたが、妊娠中の抗アレルギー薬などの服用については、産婦人科医の間でも意見がわかれているのが現状です。

 

 

また、産婦人科と呼吸器科の間で薬の服用について意見が異なる場合も!?

 

 

こういう状況だと、どうすれば良いかわからなくなってしまいますよね。

 

 

そこで、花粉症だけでなく、喘息への効果も期待出来ると言われる北山村のじゃばらサプリをご紹介します。

 

 

じゃばらの皮の部分に多く含まれるナリルチンが、アレルギーの炎症を鎮めてくれます。

 

参照:じゃばらとナリルチン

 

 

花粉症だけでなく、同じT型アレルギーである喘息やアトピーにも効果が期待出来ることを、大阪薬科大学名誉教授である馬場きみ江氏が指摘しています。

 

 

上の画像は健康雑誌わかさに掲載された、馬場きみえ名誉教授執筆の記事です。

 

 

またナリルチンは、抗アレルギー作用だけでなく、老化の原因になる活性酸素を除去する抗酸化作用もあることがわかっています。

 

 

活性酸素は、精子や卵子を老化させ、不妊や流産の原因になると共に、ホルモンバランスを崩して生理痛の原因にもなるため、妊娠中は活性酸素をなるべく体内に取り込まないことが望ましいです。

 

 

しかし、活性酸素が発生する一番の原因はストレスであり、妊娠・生理中のイライラや不安感は嫌でも活性酸素を生んでしまいます。

 

 

そこで花粉症対策と一緒に、活性酸素対策としても、ナリルチンを大量に含むじゃばらが非常に注目を浴びています。

 

参照:じゃばらと活性酸素

 

 

じゃばらは、薬と違って副作用の心配は一切なく、生理中や妊娠中でも安心して摂取していただけます。

 

参照:花粉症と副作用 花粉症と薬

 

 

サプリの他にじゃばらすっぱくないジュースと言う商品もあります。

 

 

その名の通りすっぱさは少なめなのですが、柑橘類特有の酸味はあるので、つわりに悩んでいる方はグレープフルーツジュースの代わりにいかがでしょうか?

 

 

じゃばらは多くのメディアでその効能を認められています。

 

じゃばらを特集したメディアには、


「健康」2017年2月号


「夢21」2017年4月号


「メレンゲの気持ち」2010年3月20日放送分
「金スマ」2014年3月7日放送分
「おはよう関西」2015年11月18日放送分
「所さんのそこんトコロ」2016年3月11日放送分
「月曜から夜ふかし」2017年2月27日放送分


などがあります。その他メディア情報はこちらからどうぞ。


また、じゃばらは多くの政治家も取り上げてくれています。


じゃばらと国会質疑
じゃばらと政治家


是非こちらのページもご覧下さい。

 

値段も安価なので、生理や妊娠中に迷っている方は、是非一度お試し下さい。

 

 

私も愛用しています。

 


管理人のじゃばらサプリ・ジュースの評価・感想は


北山村産じゃばらサプリ
北山村じゃばらジュース


のページをご参照下さい。



北山村のじゃばらサプリ・ジュースは、この度日本じゃばら普及協会の公認商品第1号として公認マークを取得しました。



この商品は、じゃばらの皮にナリルチンと共に含まれる、アレルギー誘発物質であるリモネンを特許技術で除去しています。



さらに2017年2月から商品の値下げを行い、よりお求めやすくなりました。



詳しくは、日本じゃばら普及協会とはじゃばらとリモネンの記事をご覧ください。

 

じゃばらがあなたの快適な生活の一助になってくれることを心よりお祈りしています。

北山村産のじゃばらサプリ公式サイトはコチラ


じゃばらは人気商品なので、花粉シーズンになると品薄になる場合があります。

長期保存可能なじゃばらのサプリや粉末ジュースを、花粉シーズンがはじまる前に入手しておくことを、強くオススメします。

もくじへ戻る