口腔アレルギー症候群・舌下免疫療法・アスピリン喘息などで起きる急性アレルギー症状(アナフィラキシーショック)とは

喘息 ダニ退治

 

花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、

北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースの評価と感想を本音で書きました!



ご興味のある方は、下記リンクをクリックして詳細をご確認下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリ・じゃばらジュース徹底比較
じゃばらサプリ・じゃばらジュース最安値


 

こんにちわ。花粉症対策研究家のジャバラーです。

 

 

このページでは、花粉症と同じI型アレルギーであるアナフィラキシーについての解説と、関連記事のご紹介を致します。

 

 

アレルギーと言うと鼻水やかゆみ、などの症状を思い浮かべる方が多いと思います。

 

 

しかしアレルギーはそれだけでなく、嘔吐・じんましん・呼吸困難・血圧低下・意識障害・・・と重たい症状もあり、最悪死ぬこともあります。

 

 

こういう重たいアレルギー症状のことをアナフィラキシーショックと呼びます。

 

 

アナフィラキシーショックが起きる原因と言うのは様々なものがあります。

 

 

まずシラカンバの花粉が原因の果物などを食べると口の中がかゆくなる口腔アレルギー症候群があります。

 

 

口腔アレルギー症候群患者は、ナッツ類を食べるとアナフィラキシーショックを起こしやすいと言われています。

 

 

また近年アレルギー治療で注目されている、アレルゲンを微量ずつ意図的に摂取することで、徐々に身体を慣らしていく免疫療法と言う方法があります。

 

 

最近日本で始まったスギ花粉症とダニ喘息対策に、アレルゲンを含んだ薬を舌の裏側に含んだ後飲み込むと言う舌下免疫療法と言う治療法が評判になっています。

 

 

しかしアレルゲンを体内に入れるのですから、当然アレルギーを発症する可能性があり、アナフィラキシーショックを起こす危険も指摘されています。

 

 

実際に、2017年11月に牛乳アレルギーの子どもに牛乳を微量ずつ飲ませる経口免疫療法と言う免疫療法を行った所、アナフィラキシーショックを起こして一時心肺停止、その後一命は取りとめるものの脳障害が残ってしまう事故が発生しました。

 

 

またアスピリンをはじめとする各種解熱剤を使用すると、咳や呼吸困難など喘息の症状を発症するアスピリン喘息と言う種類のアレルギーがあります。

 

 

こちらも意識消失や窒息と言ったアナフィラキシーショックを起こして死亡したケースがあります。

 

 

他にもスズメバチに刺されたり、食物アレルギーの子どもが給食で誤ってアレルゲンを食べてしまったり、ラテックスと言う天然ゴム製品に触れたりすることが、アナフィラキシーショックの原因と言われています。

 

 

このページでは、アナフィラキシーショックとアレルギーに関する様々な記事をご紹介していきます。