牛乳アレルギーの治療中にアナフィラキシーショックの症状が!舌下免疫療法は大丈夫?

アナフィラキシーショック

 

こんにちわ。花粉症対策研究家のジャバラーです。

 

 

花粉症や喘息など子どものアレルギーは近年増加の一途を辿っています。

 

 

子どもがアレルギーで苦しそうにしているのを見るのは親として本当につらいですよね。

 

 

そんな中で、最近免疫療法が評判になっています。

 

 

気になっている親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

花粉症対策では、2014年に舌下免疫療法と言う療法が保険適用され、翌年には喘息対策の舌下免疫療法も保険適用が開始。

 

 

アレルギー治療に大きな期待が寄せられました。

 

 

しかし2017年11月14日、非常にショッキングなニュースが流れました。

 

 

牛乳アレルギーの治療をしていた子どもが免疫療法の一環で牛乳を飲んだ所、重いアレルギー症状を起こして一時心肺停止状態になり、

 

 

その後回復したものの脳に障害が残ってしまい、現在も治療中とのことです。

 

 

一体どうしてこんな悲しい事故が起きてしまったのか?

 

 

花粉症や喘息などのT型アレルギーの治療ではこういうリスクは無いのか?

 

 

この記事で詳しくお伝えしていきます。

 


花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、

北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースの評価と感想を本音で書きました!



ご興味のある方は、下記リンクをクリックして詳細をご確認下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリ・じゃばらジュース徹底比較
じゃばらサプリ・じゃばらジュース最安値


 

花粉症・喘息など子どものアレルギーは将来に悪影響が!

子ども アレルギー

 

近年子どもの間で喘息や花粉症などのアレルギーが急増しています。

 

 

それだけではありません。

 

 

卵・乳製品・小麦・そば・甲殻類など特定の食べ物でアレルギーを起こす子どもも増えています。

 

 

特に果物を食べると、口の中がかゆくなったり痺れたりする口腔アレルギー症候群と言うシラカンバ・ハンノキの花粉が原因となるアレルギーは特に子どもの間で激増しています。

 

 

アレルギーは子どもの将来に大きな悪影響を及ぼします。

 

 

花粉症は勉強への集中力を奪いますし、喘息患者は運動に大きな制限がかかってしまい、体育の授業に参加出来なかったりします。

 

 

私が小学生の頃も喘息で体育の授業を休んでいた子がいました。私もアレルギー性結膜炎で水泳の授業を休んだりしていました。

 

 

普段の学校生活だけでなく、受験も不利になってしまいます。

 

 

また食べ物アレルギーだと子どもは好きなものを食べられません。

 

 

小麦や卵アレルギーだと、外食はほとんど出来なくなってしまいますね。

 

 

給食も自由に食べられません。

 

 

2012年、東京都調布市で乳製品アレルギーのある小学5年女児が誤って粉チーズの入った給食を食べてしまって死亡する事故が起きました。

 

 

口腔アレルギー症候群だと子どもが大好きなフルーツを自由に食べられません。

 

 

これらの食事制限は栄養を偏らせてしまいますし、ストレスにもなります。子どもの成長に大きな悪影響を及ぼします。

 

 

何とかしてあげたいと思うのが親心ですよね?

 

 

そこで近年注目を浴びているのが免疫療法なのです。

 

スギ花粉症・ダニ喘息対策に注目の舌下免疫療法のメリット

舌下免疫療法

 

免疫療法とは何でしょうか?

 

 

元々花粉症や喘息などのアレルギーは、花粉やチリダニの死がいなど本来体内に入っても問題無い物質(アレルゲン)を免疫機能が有害物質と誤認し、アレルゲンを体外に排出しようと炎症を起こすことが原因です。

 

 

そこでスギ花粉などアレルギーの原因になる物質を微量ずつ体内に取り入れ、免疫機能にこれは有害物質では無いと覚えさえ、徐々に炎症が起きないようにしていく治療法が出来ました。

 

 

これを免疫療法と言います。減感作療法とも呼ばれます。

 

 

昔はアレルギーの原因となるアレルゲンを薄めて、注射で体内に注入して免疫機能を慣れさせていく皮下免疫療法と言う免疫療法が主流でした。

 

 

しかしこまめに通院しないと行けない、注射を嫌がる人が多い、副作用のリスクが高いなどのデメリットで不人気でした。

 

 

しかし2014年、注射ではなく舌の裏側にアレルゲン薬「シダトレン」を投与する形で免疫療法を行う舌下免疫療法(ぜっかめんえきりょうほう)が保険適用されました。。

 

 

舌下免疫療法はこれまでの皮下免疫療法に比べ、通院が少なくて済む、注射の痛みが無い、副作用のリスクが低いと言うメリットで人気を集めています。

 

 

しかし舌下免疫療法にも他の花粉症対策と比べて短所があります。

 

つらい副作用のリスクも!?舌下免疫療法のデメリット

舌下免疫療法のデメリット

 

舌下免疫療法のデメリットにはどんなものがあるでしょうか?

 

 

舌下免疫療法を試すかどうか悩んでいる方は参考にして下さい。

 

12歳からしか始められない

 

舌下免疫療法を行えるのは12歳以上の方のみです。

 

 

ただし、病院によっては13歳以上からとしている所もあるようです。

 

 

また高齢者の年齢制限を行っている病院もあります。

 

 

舌下免疫療法を検討している方は必ず事前に病院に確認しましょう。

 

3-5年継続しなければならない

 

舌下免疫療法は3年から5年継続して治療を行わなければいけません。

 

 

中々大変ですね。

 

 

また、効果を実感出来るのに最短でも数ヶ月かかるとのこと。

 

 

即効性と言う面では問題がありますね。

 

毎日薬を飲み続けなければならない

 

皮下免疫療法に比べれば、舌下免疫療法は通院が少なくて済みます(2週間から1ヶ月ごと)。

 

 

しかし、その代わりに自宅で毎日薬を飲み続けなければなりません。

 

 

花粉症シーズンだけ飲む、と言う訳ではありませんよ。

 

 

1年間365日休まず薬を飲み続けなければいけないのです。

 

 

これは意外と大変です。

 

開始可能時期が決まっている

 

舌下免疫療法は、スギ花粉が飛び始める時期に治療を開始することが出来ません。

 

 

免疫療法に使う薬と、天然の花粉を同時に体内に取り込んでしまうと予期せぬ副作用が起きるそうです。

 

 

なので、舌下免疫療法を始めるには通常秋ごろから開始します。

 

 

花粉が飛ぶ季節になってから慌てて病院に駆け込んでもダメと言うことですね。

 

 

また妊娠中に治療を始めることも出来ません。

 

 

治療中に妊娠しても中断する必要は無いようです。可能性のある方は、事前に病院に確認しておきましょう。

 

必ず効果があるとは限らない

 

これは全ての治療法に当てはまることですが、舌下免疫療法も必ず花粉症や喘息が治る保障はありません。

 

 

一応、治療を受けた人の8割近くが、何らかの効果を実感したそうです。

 

 

しかしこれはほんの少しでも変化があった人の数で、アレルギーが完治した人は全体の2割程度とのこと。

 

 

3-5年治療を続けて、まったく効果が無かったり満足の行く効果が得られなかったら・・・

 

 

舌下免疫療法はちょっとコスパが悪過ぎる気がします。

 

今の所スギ花粉・ダニ喘息にしか使えない

 

これはちょっと致命的な気がしますが、実は舌下免疫療法はスギが原因の花粉症とダニが原因の喘息にしか対応していません。

 

 

花粉症の原因はスギだけではありません。

 

 

私は5月頃からヒノキ花粉の花粉症が出ますし、秋はブタクサ・ヨモギ・イネなどの花粉症が出ます。

 

 

また喘息の原因もダニだけとは限りません。

 

 

舌下免疫療法は現段階ではスギ・ダニ以外のアレルギーに対応出来ないのが原状なのです。

 

 

ただし、海外ではスギ以外の花粉症の舌下免疫療法も行われており、将来日本でも承認される可能性はあります。

 

アナフィラキシーショックなど副作用の可能性がある

 

舌下免疫療法は皮下免疫療法に比べると副作用の危険は少ないと言われています。

 

 

しかしそれでも、

 

  • 口内炎
  • 口の中の腫れ
  • 耳やのどのかゆみ
  • 頭痛

 

などの副作用が出る可能性があります。

 

 

口の中が荒れやすいので、口腔アレルギー症候群を発症している方は舌下免疫療法を受けることは出来ない可能性があります。

 

 

口腔アレルギー症候群患者で舌下免疫療法を受けたい方は事前に確認を取りましょう。

 

 

今の所、舌下免疫療法で命に関わるほどの重大な副作用は発生していないそうです。

 

 

しかし、

 

  • 嘔吐・下痢
  • 呼吸困難
  • 血圧低下
  • 意識を失う
  • じんましん

 

と言ったアナフィラキシーショックと呼ばれる重度の副作用が発生するリスクを呼びかけている病院もあります。

 

 

また私が調べたとある舌下免疫療法を行っている病院のHPでは、

 

 

『命にかかわるような副作用が絶対生じないとは言えない』

 

 

と書かれている所もありました。

 

 

どうやら免疫療法には大きなリスクがありそうです。

 

 

そしてそれを裏付けるかのように、とうとう食物アレルギーの免疫療法で、深刻な事故が起きてしまいました。

 

食物アレルギーの経口免疫療法でアナフィラキシーショックの症状が発生!

子ども アレルギー

 

牛乳アレルギーの治療中に心肺停止 学会が注意呼びかけ

 

牛乳アレルギーの子供が治療中に激しいアレルギー症状を起こして一時、心肺停止になったとして、

 

 

日本小児アレルギー学会は14日、同様の治療を行っている全国の医療機関に注意を呼びかけた。

 

 

学会などによると、心肺停止となったのは神奈川県立こども医療センター(横浜市)で牛乳アレルギーの治療を受けていた子供。

 

 

牛乳アレルギーのほか、ぜんそくの持病があり、アレルギーの原因となる物質に対する耐性を獲得するため、入院して少量ずつ牛乳を摂取し、退院後も適量の摂取を続ける「経口免疫療法」を行っていた。

 

 

しかし、退院から3カ月後、適量の牛乳を飲んだ後に呼吸が止まり、搬送先で心肺停止状態となった。現在は低酸素脳症で治療中だという。

 

出典:https://goo.gl/eTuRsy

 

2017年11月、牛乳アレルギーの治療を受けていた子どもが、在宅治療中に激しいアレルギー反応を起こし、呼吸困難・さらに心肺停止になっていたことが判明しました。

 

 

その後回復はしたものの脳に障害が残ってしまい、現在も治療中とのことです。

 

 

こういう急性の激しいアレルギー症状のことをアナフィラキシーショックと言います。

 

 

例えば日本では毎年20人前後がスズメバチに刺されて死亡していますが、これはスズメバチの針に含まれる成分に身体の免疫機能が激しいアレルギー反応を起こし、アナフィラキシーショックを起こすことが原因です。

 

 

近年、牛乳や小麦、卵など本来なら害の無いはずの食物でアレルギー症状を起こす人が子どもを中心に増えて来ました。

 

 

そんな人たち向けに行われているのが「経口免疫療法」です。

 

 

これは、先に紹介した花粉症患者向けの舌下免疫療法と仕組みは同じで、アレルギーを起こす食物を少しずつ摂取して身体にこれは敵では無いと覚えさせていく治療法です。

 

 

もちろん安全には万全の注意をして行われるのですが、今回の事故は在宅治療中に病院の指導の通りに適量の牛乳を飲んで起きたものです。

 

 

免疫療法の信用の根幹をゆるがす事故ですが、実はよくよく調べてみると似たような事故はこれまでも起きていたみたいです。

 

食物アレルギーの子、治療や検査で8人重症 学会調査

 

横浜市の医療施設で食物アレルギー治療の臨床研究に参加した子どもが一時心肺停止になった問題に関連し、

 

 

全国でほかの子ども8人も治療や検査で一時的に重い症状が出ていたことが19日、わかった。

 

 

宇都宮市で開かれた日本小児アレルギー学会で報告された。

 

 

学会は医師らに、実施の際は慎重に行うことなどを改めて呼びかけた。

 

出典:https://goo.gl/mRft4b

 

なんとこれまでに8人もの子どもが経口免疫療法で重いアレルギーが出ていたとのこと。

 

 

本当に大丈夫なのでしょうか!?

 

 

人間の免疫システムは複雑かつ気まぐれです。

 

 

いつどんなきっかけで暴走するかわかりません。

 

 

免疫療法はこういうリスクを伴うものだと覚悟しておいた方が良さそうですね。

アナフィラキシーショック等の副作用無し!の格安花粉症対策は北山村産のじゃばらサプリ・すっぱくないじゃばらジュースがおススメ!

アナフィラキシーショック じゃばら

 

花粉症や喘息はもちろん非常につらいのですが、だからと言って命に関わりかねない程の副作用が起きるリスクのある治療法では、安心して子どもに試すことは出来ませんよね。

 

 

それにこれまで紹介して来た舌下免疫療法は、治療を始めて効果を実感するまでに数ヶ月。最終的な結果が出るまで3年から5年と、即効性と言う面では致命的なデメリットを抱えています。

 

 

またアレルギー症状というのは、ある日突然始まるものです。

 

 

私も高校生の時、ある日を境に突然鼻水が止まらなくなったのが花粉症人生の幕開けでした。

 

 

本当に何の前兆も無かったです。

 

 

舌下免疫療法は、花粉症シーズン中は治療を開始することが出来ません。

 

 

なので、春先にそれまでに無かった花粉症を突然発症してもそれには対処出来ません。

 

 

また、妊娠中に体質が変わってアレルギーを新たに発症する女性も多いのですが、妊娠中は舌下免疫療法を始めることが出来ません。

 

 

情緒不安定になりやすい、一番つらい時期の突発的なアレルギーには対応出来ないのです。

 

 

正直個人的にはあまりおススメ出来ない花粉症対策です。

 

 

そこでアナフィラキシーショック等重度の副作用の心配がなく、急に始まったくしゃみや鼻水・かゆみなどにもすぐ対応出来る花粉症対策として北山村産のじゃばらサプリとすっぱくないじゃばらジュースをおススメします。

 

 

じゃばらの皮の部分に特に多く含まれるフラボノイドであるナリルチンが、アレルギーの炎症を沈静化させてくれます。

 

参照:じゃばらとナリルチン

 


じゃばらを特集したメディアには、


「健康」2017年2月号


「夢21」2017年4月号


「金スマ」2014年3月7日放送分
「おはよう関西」2015年11月18日放送分
「所さんのそこんトコロ」2016年3月11日放送分
「月曜から夜ふかし」2017年2月27日放送分
「かんさい情報ネットten.」2017年12月6日放送分
「サタデープラス」2018年3月10日放送分
「スッキリ」2018年3月22日放送分


等があります。

 

鼻水止めで処方される抗ヒスタミン剤のような眠気や集中力低下や、免疫療法で懸念されているアナフィラキシーショック等の心配は一切無用です。

 

 

副作用は無いので、妊娠している方も突然花粉症が始まって戸惑っている方も、ネット通販で注文してすぐに使い始めることが出来ます。

 

 

利用した人によっては摂取して数十分で効果を実感したと言う方もいる程、じゃばらは即効性が抜群に高いです。

 

 

じゃばらは生果実を入手することは極めて困難なのですが、持ち運びに便利なサプリと、つわりが酷くてつらい妊婦さんや錠剤が苦手なお子様向けに美味しく飲める粉末ジュースがネットで販売されています。

 

 

販売元のあしたるんるん公式サイトから購入すると、まとめ買い・定期購入・サプリとジュースセット販売などでお得な割引があり、さらにポイント還元もあって経済的にも大変お得です。

 

 

北山村産のじゃばらサプリ・すっぱくないじゃばらジュースは当サイト管理人である私が自ら購入してその効果を試しています。

 



北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースは、



この度日本じゃばら普及協会の認定商品第1号として公認マークを取得しました。



花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、


そんなじゃばらを使ったサプリと粉末ジュースの評価と感想を本音で語りました!



ご興味のある方は下記リンクをクリックして、詳細をご覧になって下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリ・じゃばらジュース徹底比較


 

是非一度お試し下さい。

 

じんましんや呼吸困難等の副作用無し!の激安喘息対策はママのためのシュシュッと簡単ダニスプレー・ママのための置くだけ簡単ダニシートで!

喘息 ダニ退治

 

子どもの喘息にはまずダニ対策が必要です。

 

 

しかし上記したように、免疫療法は深刻な副作用の可能性を完全には否定できません。

 

ゆたクリニックHP ダニ(ハウスダスト)の舌下免疫療法は安全?

 

口の中にアレルギーの原因となるものを入れますので、アレルギー反応がでる可能性があります。

 

 

このような副作用を副反応と呼びます。

 

 

ダニの舌下免疫療法の副反応は、スギ花粉症の舌下免疫療法よりも高率で、強くおこりますので、注意しながら治療をしていきます。

 

 

稀ですが、アナフィラキシーと呼ばれる重い副反応が起こりえます。

 

出典:https://goo.gl/VFiA62

 

上記はとあるアレルギー科の病院のHPの抜粋ですが、喘息の免疫療法は花粉症よりも副作用が起こる危険が高いです。

 

 

また舌下免疫療法は効果が実感出来るまで最低数ヶ月、治療が完了するのに3年から5年程度かかると即効性には大きな欠点があります。

 

 

なのでまだまだ舌下免疫療法は個人的にはおススメ出来る治療法とは言えません。

 

 

そこで副作用の恐れが無く即効性のあるダニ駆除対策として、ママのためのシュシュッと簡単ダニスプレー・ママのための置くだけ簡単ダニシートをおススメしています!

 

 

市販のダニ駆除商品は殺虫剤が含まれているものが多く、お子様がいたり、妊娠中の方がいらっしゃる場合は使用を控えるよう注意書きがされている場合が多いです。

 

 

マのための簡単ダニ駆除シリーズは殺虫剤一切不使用なので、妊婦さんや小さなお子様がいる家庭でも安心してご利用いただけます。

 

 

使い方も、気になる所にシュシュッとスプレーするのと、気になる所にシートを置くだけなので通院したり薬を飲むのに比べて圧倒的に手間がかかりません。

 

 

喘息対策で良く用いられるステロイド剤や舌下免疫療法による副作用やアナフィラキシーショックの心配はありません。

 

 

使用してから数日から数週間程度で効果があったとの声もあり、即効性の面も非常に優れています。

 

 

販売元のあしたるんるん公式サイトから購入すると、まとめ買い・定期購入・スプレーとシートセット販売などでお得な割引があり、さらに花粉症対策のじゃばらシリーズと共通のポイント還元もあって大変お得です。

 

 

ママのためのシュシュッと簡単ダニスプレー・ママのための置くだけ簡単ダニシートは当サイト管理人である私が自ら購入してその効果を試しています。

当サイトの管理人ジャバラーが、喘息対策に使った『ママのためのシュシュッと簡単ダニスプレー』と『ママのための置くだけ簡単ダニシート』の評価と感想を本音で書きました!

詳細は下記リンクをクリックして、詳細をお読みになってください。



ダニよけスプレー
ダニ捕りシート


 

安全なチリダニ対策を求めている方は是非一度ご覧下さい。