コロナウイルスと花粉症 症状の違いや対策を知りたい方はこちら

鼻水ズルズルや目のかゆみに悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、

花粉症対策で話題の、


  • 北山村産のじゃばらサプリ
  • 北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
  • 北山村産の子どもじゃばら

の評価と感想を本音で書きました!



ご興味のある方は、下記リンクをクリックして詳細をご確認下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
北山村産のじゃばらタブレット
北山村産のじゃばらパウダー


 

こんにちわ。花粉症対策研究家のジャバラーです。

 

 

2020年初頭から全世界を襲ったコロナ禍。

 

 

世界中で感染者や死者が続出。

 

 

人々はこれまでとは全く違った生活様式を余儀なくされ、未だに終焉の兆しを見せません。

 

 

しかしそんな中でも日本では、毎年春になるとスギ花粉が容赦なく飛び始めます。

 

 

花粉症患者には必須のマスクがコロナのせいで買占めにあって不足したり、

 

花粉症でクシャミや咳をしただけなのに、周囲から偏見の目で見られたり・・・

 

 

ただでさえキツい花粉症の季節が益々生き辛くなってしまいますよね。

 

 

しかし実はコロナと花粉症の症状は共通点が多いのに、その対策方法は真逆であることを知っていますか?

 

このカテゴリでは、主にコロナと花粉症の共通点・相違点に関する記事をご紹介します。

 

 

コロナも花粉症も跳ね返しましょう!

 


\最短10分で効果を実感!/

北山村産のすっぱくないじゃばらジュース公式サイトはコチラ

コロナ禍の花粉症対策

 

2021年はコロナ禍の中での花粉症シーズン突入となりました。

 

 

そんな中でコロナに感染しないための対策が話題を呼びました。

 

 

なんと、かゆくても目や鼻をこすらない。

 

 

と言うものです。

 

 

これには花粉症患者も思わず苦笑い。

 

 

それができれば苦労はしない!と言う話です。

 

 

そんなピリピリムードが漂う中、現れたのがクシャミ警察

 

 

公衆の場でうっかりクシャミをしてしまうと、花粉症なのにコロナと勘違いされて睨まれるとのこと。

 

 

睨まれるだけならまだしも、もし絡まれたり殴りかかられたりしたら・・・

 

 

花粉症患者は怖くてオチオチ外出もできません。

 

 

さらに極めつけのコロナ対策が、

 

小まめに窓を開けて換気をする。

 

 

と言うもの。

 

 

これは窓を閉め切らないといけない花粉症対策と思い切り矛盾するもので、

 

一体どうすれば良いのかと困惑する人が続出。

 

 

こんな状況でどう花粉症対策をしたら良いのか?考えて行きます。

 

花粉症で目をこする3つのリスク

 

花粉症と言えば鼻水や鼻づまりがツラいですよね。

 

 

しかし痒みや充血など、目の症状に苦しんでいる人も増えています。

 

 

しかしコロナ禍の中で、痒いからと言って目をこするのは非常に危険な行為。

 

 

その理由は、

 

  • コロナ感染リスク増
  • 消毒液で目を傷める
  • 網膜剥離にないりやすい

 

と言うものです。

 

 

痒いからと言って目をこするのは止めましょう。

 

 

と言っても、無理ですよね。

 

 

それではどう対策すれば良いのか?ご紹介します。

\最短10分で効果を実感!/

北山村産のじゃばらサプリ公式サイトはコチラ


じゃばらは人気商品なので、花粉シーズンになると品薄になる場合があります。

長期保存可能なじゃばらのサプリや粉末ジュースを、花粉シーズンがはじまる前に入手しておくことを、強くオススメします。