じゃばらの有効ポリフェノール・ナツダイダインの効能と評判を検証!

 

こんにちわ。花粉症対策研究家のジャバラーです。

 

 

当サイトでは、春の不快なムズムズ・グズグズ対策に和歌山県北山村産の幻の柑橘類、じゃばらをイチオシしています。

 

 

じゃばらがくしゃみや鼻づまり等つらい花粉症の症状に効く理由は、ナリルチンと言う成分です。

 

 

これがスギ花粉やダニなどアレルゲンを外敵と誤認して、炎症を起こす肥満細胞を沈静化させ、

 

 

鼻水や涙、かゆみ等の原因になっているヒスタミンの過剰放出を抑制してくれる効能を持つのです。

 

 

この効能が評判を呼んで現在のじゃばら人気を生んだのですが、

 

じゃばらは元々豊かな風味や美容効果をセールスポイントにして売り出された商品。

 

 

ナリルチン以外にも高い効果を発揮する成分がたくさん含まれているのです。

 

 

この記事では、じゃばらに豊富に含まれるナツダイダインと言うファイトケミカルをご紹介致します。

 

 

知名度は低いですが、素晴らしい成分です。

 

 

この記事を読めばじゃばらがもっと好きになれますよ!

 


花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、

北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースの評価と感想を本音で書きました!



ご興味のある方は、下記リンクをクリックして詳細をご確認下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリ・じゃばらジュース徹底比較
じゃばらサプリ・じゃばらジュース最安値


ナツダイダインの特徴とメリット

 

まずナツダイダインとはどんな成分なのか?を説明します。

 

 

ナツダイダインは植物の中にある有効成分ファイトケミカルの一種で、ナリルチンと同じポリフェノール類・フラボノイド系に属します。

 

 

ポリフェノールと言えば、ワインやチョコレートやお茶に含まれる健康に良い成分として有名で、

 

大ブームになった成分です。

 

 

では具体的に、ナツダイダインはどんな効能があるのかご紹介して行きます。

 

抗アレルギー作用

 

ナツダイダインは、ナリルチンと同じく強い抗アレルギー作用があります。

 

 

花粉症・喘息・アトピー性皮膚炎と言った炎症を鎮めてくれます。

 

 

もちろんナリルチンと同じく、抗ヒスタミン剤にありがちな眠気・集中力低下などの副作用はありません。

 

 

ナリルチンとナツダイダインの相乗効果で、じゃばらは他に類を見ない花粉症対策効果を発揮してくれるのです。

 

 

しかしナツダイダインの効能はこれだけではありません!

 

抗酸化作用

 

抗酸化作用はファイトケミカル共通の効能ですが、ナツダイダインも例外ではありません。

 

 

抗酸化作用とは一体どんな作用なのでしょうか?

 

 

人間は体内で酸素を燃やしてエネルギーを生成していますが、

 

酸素が燃え損ねると活性酸素と言う不安定な状態の酸素が誕生します。

 

 

この活性酸素は殺菌や消毒機能と言った長所もあるのですが、正常な細胞を傷付けてしまうと言う短所もあり、

 

活性酸素によって正常な細胞を傷付けられると、

 

  • ガン
  • 白髪・抜け毛
  • シワ・クスミ
  • 視力低下
  • 乾燥肌

 

と言ったあらゆる老化の原因となります。

 

 

活性酸素は体内で一定量は自然に発生するのですが、

 

  • ストレス
  • 紫外線・ブルーライト
  • 飲酒・喫煙
  • 不規則な生活
  • 睡眠不足
  • 食品添加物
  • 激しい運動

 

と言った原因で、大量に生成されます。

 

 

ストレス過多社会でインスタント食品を食べ、スマホから大量のブルーライトを浴びて夜更かしばかりしている現代人の体内には、

 

大量の活性酸素が溜め込ませれてあなたの身体を酸化、つまり錆びさせてしまっています。

 

 

ナツダイダインは、この溜まった活性酸素を除去することで、あなたのアンチエイジングを助けてくれます。

 

抗癌(がん)作用

 

上述した活性酸素は正常な細胞を傷付けてミスコピーを生み、癌細胞の発生を促進してしまう原因となります。

 

 

ファイトケミカルは全般的に活性酸素を除去する機能があると言うことで、抗癌作用があるのですが、

 

ナツダイダインは特に強いがん細胞の増殖抑制効果があることがわかっています。

じゃばらが1位!ナツダイダイン含有量比較

 

さて、こんな素晴らしいメリットを持つナツダイダインですが、摂取したいと場合はどうすれば良いのでしょうか?

 

 

ナツダイダインは果肉よりも果皮に多く含まれます。

 

 

ナツダイダインを多く含むかんきつ類は、平兵衛酢(へべす)と言う宮崎県で栽培されているミカンや、

 

夏みかんなどに含まれています。

 

 

夏みかんは元々夏橙(ナツダイダイ)と呼ばれており、このナツダイダイから発見されたのでナツダイダインと言うのです。

 

 

それでは、主なかんきつ類のナツダイダイン含有量を比べてみます。

 

じゃばら 268.16
カラ 116.0
ヘベス 17.23
ユズ 4.85
カボス 1.26

上記は、果皮100gあたりのナツダイダイン含有量(mg)です。

 

 

機能性成分・活用性等調査 (国産カンキツ類)と言うレポート等を基に作成しています。

 

 

名称のきっかけになった夏みかんの含有量はなぜか調べても判りませんでした・・・

 

 

こうして見ると、じゃばらは圧倒的ですね!

 

 

じゃばらは、

 

  • カラの2.3倍
  • へべすの15.6倍
  • ゆずの55.3倍
  • かぼすの212.8倍

 

のナツダイダインが含まれているのです。

 

 

じゃばらの強みはナリルチンだけではありません!

 

 

ナツダイダインパワーで花粉症を撃退しましょう!

 

ナツダイダイン摂取は北山村産のすっぱくないじゃばらジュースがおススメ!

 

そんな訳でナツダイダインを摂取しようと思ったらじゃばらが最適ですが、じゃばらの果実は中々入手出来ません。

 

 

そこで、あしたるんるん発売のジュース、北山村産のすっぱくないじゃばらジュースをおススメします。

 

 

北山村産のすっぱくないじゃばらジュースは他社の果汁のみのジュースと違って、

 

ナリルチンやナツダイダインが豊富に含まれている果皮まで丸ごと使った粉末ジュースになっています。

 

 

ナリルチンやナツダイダインなど自然由来の成分ばかりなので、

 

副作用の心配は無く、薬みたいに妊婦さんや子どもだと使えないと言うこともありません。

 

 

北山村産のすっぱくないじゃばらジュースは定期購入割引やまとめ買い値引きなど、お安くなる特典がたくさん!

 

 

またじゃばらの果皮には、ナリルチンやナツダイダインと一緒にリモネンと言う良い匂いがする成分が含まれていますが、

 

このリモネンは酸化すると刺激物になり、却ってアレルギーを誘発してしまいます。

 

参照:じゃばらとリモネン

 

 

しかし、あしたるんるんの北山村産のすっぱくないじゃばらジュースは、特許取得技術でリモネンのみを除去しているので安心です。

 

 

つらい花粉症の季節を、ナリルチンやナツダイダインたっぷりの爽やかジュースで乗り切りましょう!

 

 

当サイト管理人のジャバラーが、実際に北山村産のすっぱくないじゃばらジュースを試してみた感想記事を是非一度ご覧下さい。

 



北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースは、



この度日本じゃばら普及協会の認定商品第1号として公認マークを取得しました。



花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、


そんなじゃばらを使ったサプリと粉末ジュースの評価と感想を本音で語りました!



ご興味のある方は下記リンクをクリックして、詳細をご覧になって下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリ・じゃばらジュース徹底比較