こんにちわ。花粉症対策研究家のジャバラーです。

 

 

イネやブタクサの花粉が飛ぶ2019年8月に、衝撃のニュースが飛び込んできました。

 

 

なんと花粉症薬が保険適用外になるかもしれないとのこと。

 

 

ネット上ではかなり炎上しました。

 

 

医療費削減は確かに喫緊の課題ではありますが、それにしても人災である花粉症を狙い撃ちするとは・・・

 

 

これは一体どういうことなのでしょうか?

 

 

この記事では、花粉症保険適用外報道の真相をお伝えすると共に、

 

最も格安でできる花粉症対策とは何か?を検証して行きます。

 

 


花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、

北山村産のじゃばらサプリ・すっぱくないじゃばらジュース・子ども向けタブレット


の評価と感想を本音で書きました!


ご興味のある方は、下記リンクをクリックして詳細をご確認下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
北山村産のじゃばらタブレット


花粉症が自費治療に!?健保連が提言

 

2019年8月23日、健康保険組合連合会(健保連)が驚くべき発表をしました。

 

 

一体どんな話なのか?

 

 

日経新聞の記事を紹介します。

 

花粉症、処方薬と市販薬「患者負担に大差なし」

 

薬は医療機関を受診して入手した方が安い――。

 

 

こんな「定説」を覆す分析を健康保険組合連合会(健保連)が23日、発表した。

 

 

花粉症では市販薬をドラッグストアなどで購入した場合と医療機関で類似薬を処方してもらう場合の患者負担にほとんど差がなかった。

 

出典:https://s.nikkei.com/2PBZqvk

 

原則3割負担で済む健康保険を使って病院で薬をもらうのと、

 

 

全額自己負担のはずの市販薬をドラッグストアなどで買うのでは患者の支出額はほぼ同じ??

 

 

こういう提言でした。

 

病院なら薬を7割引きで入手できることになるので、普通に考えたら病院でもらった方が安くなりそうですよね?

 

 

なぜこうなるのでしょうか?

 

例えば、健保連の分析では「アレグラ」14日分を医療機関で受け取る場合、自己負担3割の現役世代でかかる費用は総額2003円だ。

 

薬だけなら482円だが、医療機関に支払う初診料や薬局に支払う調剤料が1500円以上かかる。

 

一方、市販薬の場合は税込みで1554-2036円だった。市販薬の方が高い場合でも差額は33円で収まる。

 

 

「アレジオン」も同様だ。24日分を医療機関で受け取ると、合計2210円になる。

 

 

市販薬は税込みで2138-3866円。市販薬の方が安いこともあるという結果だった。

 

要するに病院で薬を処方してもらうと、初診料や調剤料と言ったドラッグストアでは請求されないコストが上乗せされて、

 

 

保険が適用されたとしてもあまり安くならないと言う結果でした。

 

 

しかし患者が見えない所で、治療費の7割は皆さんが払っている国民健康保険や社会保険でまかなわれており、

 

 

健保連はその負担増を問題視しているのです。

 

 

患者負担だけ見れば費用に大きな差はない。

 

 

健保連が問題視するのは医療機関でかかる費用の7割は公的医療保険で賄っている点だ。

 

 

軽症の患者が薬目的で医療機関を受診すると、医療費が膨らみ企業健保の財政を圧迫してしまう。

 

 

「財政が厳しくなれば保険料が上がって負担増になる」。

 

 

健保連の幸野庄司理事は23日に開いた記者会見でこう述べ、医療の必要性を見極めて市販薬を活用する意義を強調した。

 

 

健保連は市販薬と同じ成分の花粉症治療薬を公的医療保険の適用から外せば、

 

最大で年600億円程度の医療費削減効果があるとの試算も示した。

 

 

1種類だけの処方で済む軽症向けに限って保険適用を除外しても36億円程度の節減になる。

 

 

幸野理事は「まず軽症向け患者への処方から保険適用外にすべきだ」と話す。

 

 

厚労相の諮問機関である中央社会保険医療協議会や社会保障審議会で制度改革の検討を求める考えだ。

 

この提言の本音は、「社会保障費削減」です。

 

 

特に医療費は年間40兆円。

 

 

少子高齢化でこれからまだまだ増えます。

 

 

国民皆保険は破綻寸前で、少しでも医療費を削りたいと言うのが政府の本音。

 

 

アレグラやアレジオンなどドラッグストアでも買える薬を自己負担にすれば、年間600億円の医療費削減効果が見込めるそうです。

 

 

こういう話を聞くと、それなら仕方ないか・・・と思ってしまいそうになりますね。

 

 

しかし騙されないで下さい。

 

 

この健保連の提言にはいくつもの誤魔化しやすり替えがあります。

 

 

それをこれからご紹介して行きます。

 

花粉症自費治療案5つの問題

 

医療費削減のため、花粉症薬で病院で処方してもドラッグストアで買っても患者負担額が変わらないものについては、

 

保険適用外にすべきと言う健保連の主張には一見正当性があるように思えます。

 

 

しかしこの提言は非常に恣意的で偏った数値に基づいたものであり、ネット上でも批判が続出して炎上中です。

 

 

では一体どこが問題なのか?

 

 

検証して行きます。

 

計算方法が恣意的

 

今回の試算はドラッグストアでアレグラ14日分を購入した場合と、病院でアレグラ14日分を処方してもらった場合のコストを比較しています。

 

 

しかし病院で花粉症薬を処方してもらう場合、通常2週間分しか処方してもらわないなんてあり得ません。

 

 

案の定これには批判コメントが殺到。

 

花粉症、処方薬と市販薬「患者負担に大差なし」  :日本経済新聞

「14日分を医療機関で受け取る場合」→こちとら毎年のことなんで2ヶ月分一気に処方してもらってるわ!!!初診&14日で市販と変わらんからって,なんで結論が「市販でもええやろ」やねん.誘導記事書くなゴミ新聞

2019/08/23 18:28
花粉症、処方薬と市販薬「患者負担に大差なし」  :日本経済新聞

2-3ヶ月まとめてもらったりすれば結構な金額違う気がするんだけど。シーズン前から飲み始めて、シーズン終わりまででしょ?2週間ずつもらってらんない。

2019/08/23 15:06
花粉症、処方薬と市販薬「患者負担に大差なし」  :日本経済新聞

花粉症の薬を14日ごとに病院でもらう人なんかいる?せめて月単位じゃないの?

2019/08/23 15:26

 

病院で1ヶ月分まとめてもらえば、1日あたりのコストは市販薬を買うより安く抑えることができます。

 

 

100歩譲って14日分しかもらわなかったとしても、通院2回目以降は初診料がかからないので、やはり1日あたりのコストは下がって行きます。

 

 

スギ花粉だけでも、2月中旬から4月中旬ぐらいまで約2ヶ月間は飛散し続けます。

 

 

14日分だけで価格比較しても意味がありませんね。

 

 

スギ花粉飛散期間全体で比べれば、病院で処方してもらった方が格安なのは明白です。

 

計算期間が恣意的

 

花粉症で一番有名なスギ花粉の期間でさえ、2月中旬から4月中旬ごろまで続きます。

 

 

しかし花粉症を起こす花粉はスギだけではありません。

 

 

4月から5月にかけてはヒノキ、5月から8月まではイネやカモガヤ、9月から11月はヨモギ・ブタクサ、

 

12月から2月の冬場でさえ、シラカバ・・・と花粉症を起こす花粉はほぼ1年を通して飛び続けています。

 

 

1年を通して花粉症に悩んでいる人非常に多いし、今後もどんどん増えて行くでしょう。

 

 

私自身も春はスギ花粉による鼻炎、夏はヒノキ花粉によるアレルギー性結膜炎、秋は再びヨモギ・ブタクサによる鼻炎と、

 

1年の3/4はなんらかの形でアレルギーに苦しんでいました。

 

 

このように、年中鼻づまりやクシャミでツラい思いをしている人達から悲鳴が上がっています。

 

 

初診料のみで価格比較することが、いかにナンセンスかがよくわかります。

 

人災に対する政府の責任放棄

 

花粉症が台風や地震と同じ自然現象だと誤解している方も多いのですが、

 

花粉症はれっきとした人災です。

 

 

元々日本に花粉症はありませんでした。

 

 

しかし戦後、焼け野原になった都市部の復興需要を見込んで、

 

「国策で」日本中の山にスギが植えられました。

 

 

しかし何を思ったのか、政府は同時並行で木材の輸入自由化を行います。

 

 

海外の安い木材が大量に輸入されたせいで国内の林業は壊滅。

 

 

植えられたスギを伐採したり枝打ちしたりする人がいなくなります。

 

 

政府はその後何の対策を取ることもなく、放置されて育ったスギは毎年大量の花粉を飛ばすようになり、

 

1980年代ごろから花粉症が問題になり始めるのです。

 

 

つまり、花粉症とは政府の林業政策の失敗と放置がまごうことなき人災なのです!

 

参照:花粉症は人災?

 

 

もはや国家犯罪と言ってもいいかもしれません。

 

 

本来花粉症の治療費は国が全額費用負担するのが筋。

 

 

それを保険適用外にしようとは何たる無責任!

 

 

元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏が、

 

「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」

 

と言うブログを投稿して大炎上したことがありましたが、

 

昨今、医療費の増大で病気や怪我の問題にも自己責任論が蔓延しています。

 

 

それ自体許されないことですが、国の過失が原因である花粉症を、

 

さも国民の不摂生に理由があるかのように責任を押し付けることは絶対に許されません。

 

 

花粉症保険適用外化は、政府の責任逃れと言う観点からも大問題です。

 

 

消費税は上げさせてもらう、年金とは別に2千万貯金してね、でも花粉症対策は自己責任で(笑)

 

 

いい加減にしろ!!!

 

混合診療

 

花粉症で有名な症状と言えば、クシャミ・鼻水・鼻づまりです。

 

 

鼻の症状がメインになるのですが、しかし花粉症はそれだけではありません。

 

 

目の充血やかゆみ、顔のむくみや腫れなど鼻以外の炎症に苦しむ人もたくさんいます。

 

 

そういう方には飲み薬だけでなく、点眼薬や塗り薬も処方するケースがあると思います。

 

 

また鼻づまりの症状でも、薬を使うと眠気などの副作用が出るので、車を運転する時用に点鼻薬を出してもらう。

 

 

そんな場合もあるでしょう。

 

 

そうすると飲み薬の処方は自費治療、点鼻・点眼薬や塗り薬は保険治療と言ういわゆる混合診療となります。

 

 

しかし日本では原則、混合診療が禁止されています。

 

 

するとどうなるかと言うと、本来保険適用されるはずの点鼻・点眼薬や塗り薬まですべて自費治療になってしまうのです。

 

 

飲み薬の保険適用外化の影響はそれだけでは済まないのです。

 

 

さらに花粉症と喘息とアトピー性皮膚炎は同じT型アレルギーです。

 

 

なので、花粉症を発症すると同時に喘息やアトピー性皮膚炎を併発する可能性が高くなります。

 

 

喘息患者の67.3%(およそ10人中7人)にアレルギー性鼻炎があると言うデータもあります。

 

 

さて、それでは花粉症薬が保険適用外になったとして、花粉症と喘息を併発している人はどうなるのでしょうか?

 

 

例えば記事の中にも出てくるアレジオンは、喘息の薬としても使用されています。

 

 

花粉症かつ喘息の人がアレルギー科でアレジオンを処方してもらう場合どうなるでしょうか?

 

 

花粉症用に処方される分だけ自費になり、喘息用に処方される分だけ保険適用になるのでしょうか?

 

 

これも混合診療とみなされる可能性はないのでしょうか?

 

 

こんな声もあります。

 

 

ひょっとしたらアレルギー科に通院して花粉症と喘息両方の治療を受けているのに、花粉症と喘息の診察日を分けて、

 

それぞれ別々の日に通院しないといけない。

 

 

なんて時が来るかもしれません。

 

 

不便で仕方ありませんね。

 

 

最後に、今話題の舌下免疫療法

 

 

アレルゲンであるスギ花粉を敢えて体内に取り込んで、身体を慣らして行くと言う治療法です。

 

参照:舌下免疫療法のメリット・デメリット

 

 

スギ花粉症の舌下免疫療法は現在保険が適用されますが、効果が出るまでに半年から3年程度かかります。

 

 

その間症状がキツイ場合は、アレグラなど抗ヒスタミン剤を併用する場合も多いのですが、これも混合診療になりますよね?

 

 

そうすると舌下免疫療法も自費治療になってしまうのでしょうか?

 

 

健保連の人達はこういうケースを何も考えていないのか、それとも逆にここまで計算してやっているのか・・・

 

アレルギー軽視

 

最後に私が最も気になった部分です。

 

 

問題となったニュース記事にはこうあります。

 

健保連が問題視するのは医療機関でかかる費用の7割は公的医療保険で賄っている点だ。

 

 

軽症の患者が薬目的で医療機関を受診すると、医療費が膨らみ企業健保の財政を圧迫してしまう。

 

(中略)

 

幸野理事は「まず軽症向け患者への処方から保険適用外にすべきだ」と話す。

 

この部分での一番の問題は、症状の軽重を自己判断することです。

 

 

初診料が高いのが問題だ!と言うのであれば、病院に行かずに症状が軽いか重いかを見極めると言うことですからね。

 

 

しかし本当に花粉症の症状を自分で判断できるものでしょうか?

 

 

花粉症と風邪の区別すらそう簡単にはできません。

 

 

それにアレルゲンの特定も。

 

 

スギ花粉症だと思っていたら、検査してみたらアレルギーの原因はダニやハウスダストだったなんてこともよくあります。

 

 

特に危険なのが子どもの花粉症です。

 

 

子どもの花粉症及び喘息やアトピーは、特に年々増加の一途を辿っています。

 

 

子どもは自分の症状を正確に周囲に伝えられません。

 

 

ツラくても我慢してしまう子もいます。

 

 

子どもの花粉症の軽重を保護者だけで判断するのは非常に危険です。

 

 

実は子どもの医療費は、すべての自治体で何らかの助成があります。

 

 

税金・保険料の負担は年々重くなっていく中でさらにその助成まで打ち切られれば、どうしても病院へ行くことに委縮してしまうでしょう。

 

 

不調を訴える子どもに対して、お金を使いたくないから、これ位の症状なら病院行かなくていいだろう・・・

 

 

と希望的観測を自分に言い聞かせてしまう心理が働いてしまいます。

 

 

その結果取り返しの付かない悲劇が起きてしまう恐れがあります。

 

 

昭和の時代、「子どもを甘やかすと喘息になる」と言うデマが大真面目に信じられていました。

 

 

健保連の偉い人たちは、いまだにこういう感覚でアレルギーを見ているのではないでしょうか?

 

 

しかしそれは間違いです。

 

 

花粉症や喘息でも、重症化すれば命に関わる事態になり得ます。

 

 

特にハンノキ・シラカバの花粉が原因で起こる口腔アレルギー症候群と言うタイプの花粉症は、

 

重症化すると呼吸困難や意識消失など重い症状(アナフィラキシーショック)を起こす恐れがあります。

 

参照:口腔アレルギー症候群とは

 

 

またオーストラリアでは、花粉症の時期に悪天候が重なった時に起こる「雷雨ぜんそく」と言う症状で死者が出ています。

 

 

日本でも十分に起き得ることです。

 

 

今回の提言には、「花粉症なんて大した病気ではない」と言う偏見が根っこにあるように思えてなりません。

 

イチオシ激安花粉症対策!北山村産じゃばらの評判・口コミはどう?

 

花粉症自費治療案はあくまでもまだ提案の段階なので、今すぐ保険適用外になる訳ではありません。

 

 

しかし国は今後も隙あらば医療費を削ろうとしてくることでしょう。

 

 

それに備えて保険に頼らなくても、安く実践できるアレルギー対策を考えておくべきです。

 

 

そこで当サイトがおススメしているのが、北山村産のじゃばらです。

 

 

じゃばらは和歌山県の飛び地、北山村で採れる幻のカンキツ類です。

 

 

じゃばらの果皮に含まれるナリルチンと言うフラボノイドが、他に類を見ないほど多く含まれており、

 

これが炎症を起こした肥満細胞を鎮静化させて、不快なムズムズな原因になるヒスタミンの過剰放出を抑える効果があります。

 

参照:じゃばらとナリルチン

 

 

じゃばらは希少性が高く店頭に並ぶことはほぼありませんが、じゃばらを皮ごと加工したサプリや粉末ジュースをネット通販で入手できます。

 

 

じゃばら製品に保険は適用されませんが、大きなメリットとしてコスパが非常に良いことが挙げられます。

 

 

なぜなら、ナリルチンは目・鼻・肌など全ての部位の炎症に有効だからです。

 

 

なので飲み薬・点眼薬・点鼻薬・塗り薬・・・とあれこれ薬をそろえる必要がありません。

 

 

これだけで全ての症状に対応できますので、非常に経済的。

 

 

じゃばらなら、保険が効かなくても1日100円以下で花粉症対策ができてしまいます!

 

参照:北山村産のじゃばらサプリとアレグラFX・アレジオン20の値段比較

 

 

またじゃばらには、飲み薬のような眠気・ボーっとするなどの副作用がありません。

 

 

さらにお子様、妊娠・授乳中の方でも安心して利用が可能!

 

 

じゃばらはその人気からテレビや雑誌がこぞって取り上げ、その効能が絶賛されています。

 


じゃばらを特集したメディアには、


「健康」2017年2月号


「夢21」2017年4月号


「金スマ」2014年3月7日放送分
「おはよう関西」2015年11月18日放送分
「所さんのそこんトコロ」2016年3月11日放送分
「月曜から夜ふかし」2017年2月27日放送分
「かんさい情報ネットten.」2017年12月6日放送分
「サタデープラス」2018年3月10日放送分
「スッキリ」2018年3月22日放送分
「名医のTHE太鼓判」2019年3月25日放送分


等があります。

 

じゃばらの果皮には、実はリモネンと言う酸化すると刺激物となってアレルギーを促進するリモネンと言う危険物質も含まれています。

 

参照:じゃばらとリモネン

 

 

しかしご安心ください。

 

 

当サイトでおススメしている北山村産のじゃばらシリーズは、特許技術でナリルチンはそのままにリモネンだけを除去しています。

 

 

なので本当に副作用を恐れずに使用ができます。

 

 

しかしそんな北山村産のじゃばらにもデメリットはあります。

 

 

それは希少価値が高く、花粉症シーズンには入手困難になることです。

 

 

現に2019年3月に放映された「名医のTHE太鼓判」で、アレルギー専門医がじゃばらを紹介した途端に注文が殺到。

 

 

じゃばら商品は1日で売り切れ、何ヶ月も入荷できない状態になりました。

 

 

じゃばらサプリや粉末ジュースは長期保存が可能です。

 

 

今の内に入手して来年の春に備えましょう。

 

 

国民皆保険などもう当てにはできません。

 

 

薬よりも格安・安全にできる不愉快なムズムズ・グズグズ対策を今すぐ始めてみましょう。

 

 

当サイトでは、北山村産のじゃばらシリーズの口コミ情報や私自身が試してみた感想をご紹介しています。

 

 

是非一度ご覧下さい。

 



北山村産のじゃばらサプリ・すっぱくないじゃばらジュース・じゃばらタブレットは、



この度日本じゃばら普及協会の認定商品第1号として公認マークを取得しました。



花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、


そんなじゃばらを使ったサプリと粉末ジュースの評価と感想を本音で語りました!



ご興味のある方は下記リンクをクリックして、詳細をご覧になって下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
北山村産のじゃばらタブレット