女性の深刻な悩み!花粉症とメイクの問題

花粉症の時にメイクをするとどうなる!?

 

花粉症の症状が肌に現れることがあります。

 

 

腫れたり赤くなったり、かゆくなったり様々です。

 

 

しかしこうなってしまうと、特に女性にとって困ってしまうのがメイクの問題です。

 

 

花粉症の季節になると悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?

 

 

私もお化粧・・・はしませんが、髭剃りの時につらい目にあっています。

 

 

この記事では、花粉症とメイクにまつわる問題とその対策についてご紹介致します。

 


花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースの評価と感想を本音で書きました!

ご興味のある方は、下記リンクをクリックして詳細をご確認下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリ・じゃばらジュース徹底比較
じゃばらサプリ・じゃばらジュース最安値


花粉症でお化粧の悩みが続出!特にアイメイクは深刻

 

こんにちわ。

 

 

花粉症と言えば、鼻づまり・鼻水・目の充血・目のかゆみが花粉症の4大症状と言われています。

 

 

しかし花粉症の症状はそれだけでなく、もっと多岐に渡ります。

 

 

特に顔の部分に出る花粉症のによる肌荒れが近年深刻な問題になっています。

 

 

私も花粉症の肌荒れで非常につらい思いをしました。

 

 

このページでは、花粉症による肌荒れが特にメイク等にどのような悪影響を及ぼすか?どう対処すれば良いか?をご紹介致します。

 

 

顔に出る花粉症の症状としては、

 

  • 腫れ
  • むくみ
  • 赤くなる
  • ヒリヒリ・ピリピリ
  • かゆみ
  • ジュクジュク
  • 乾燥

 

と言ったものがあります。

 

参照:花粉症と顔の症状

 

 

特に女性はこの時期、花粉症でメイクのノリが悪くなるのが非常に大きな悩みとなっています。

 

花粉症女性の悩み「メイク崩れ」 みんなの悩みの傾向と対策は?

 

涙やくしゃみが止まらない花粉症の季節は、症状が重い人にとってはとてもつらいもの。

 

 

プラス、女性には「メイクが崩れやすくなる」といううれしくない副産物も。

 

 

参天製薬が花粉症の20〜40代の働く女性500人(普段メイクをする習慣がある人)を対象に「花粉症とメイク」に関するアンケートを行ったところ、86%の人が「花粉シーズンは、メイクが崩れやすくなると思う」と答えた。

 

 

また、「最もメイクが崩れやすくなるポイント」の1位は「アイメイク」(63%)で、その他の「ベースメイク」(34%)、「リップメイク」(3%)などを大きく上回った。

 

出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170206-00000003-ovo-life

 

花粉症のシーズンは化粧のノリが悪く、特に目元のメイクが崩れやすくなるとのことです。

 

 

これは花粉症で目元が腫れたり、かゆみで目をこすったり、涙が出てきてしまうからですね。

 

実際に「花粉シーズンに“残念目元”(目元のメイクが崩れた残念な状態)になった経験」があるかについては、約6割(58%)が「ある」と答えた。

 

 

具体的なエピソードは、

 

 

「涙が止まらずアイシャドウがにじんでパンダ目に」(24歳)、「花粉に反応して涙が出ると、アイラインが消えてなくなる」(28歳)、「花粉で目が充血すると、アイメイク自体が映えない」(44歳)、「かゆくて目の周りをさわってしまい、マスカラが取れて汚くなる」(31歳)

 

 

などのリアルな声が寄せられた。

 

こうなると、マスカラやアイラインがドロドロに落ちてしまって目の周りが真っ黒になってパンダみたいになってしまいます。

 

 

この現象をパンダ目と呼びます。

 

 

これは女性にとって深刻な問題ですね。

 

 

メイクをバッチリ決めることで、却って格好悪くなってしまう訳ですから・・・

 

 

またかゆいからと言って目を掻いたりこすったりすると、視力低下につながる恐れがあります。

 

 

しかし花粉症による肌荒れの問題は、女性だけではありません。

 

男性もつらい!花粉症による肌荒れでカミソリ負けのヒリヒリがもっと酷く!

 

この時期スキントラブルを抱えているのは女性だけではありません。

 

 

昨今男性もメイクをする時代です。

 

 

特に目元を強調するアイラインやアイシャドーを愛用する方は近年増えています。

 

Rolling Stone Japan Edition 本日発売☆ Rolling Stone Japan Edition is out today!

Hydeさん(@hydeofficial)がシェアした投稿 -

 

例えば90年代に大ヒットし、未だにJポップ界の頂点に君臨し続けているラルク・アン・シエルのボーカルhydeさん。

 

 

ラルクは名曲が多いのですが、カラオケで歌おうとしてもキーが高すぎて声が出ない(笑)

 

 

hydeさんはもうアラフィフくらいの年齢のはずですが、全くそう見えません!私より若く見える(笑)

 

 

一体どんなおじいちゃんになるんでしょうか。

 

 

hydeさんは元々美形な方なのでしょうが、アイシャドーやアイライナーを駆使してさらに美しくなっています。

 

 

こういうメイクを楽しむ男性も近年若者を中心に増えて来ています。

 

 

しかしそれだけでなく、私のように若くもなくイケメンでもなくメイクもしないおっさんでも、花粉症で肌が荒れると重大な悩みを抱えてしまいます。

 

 

それがヒゲ剃りなのです。

 

 

大人の男性の大半は、毎朝ヒゲを剃ります。

 

 

特に働いている男性は女性のメイクと同様、毎日必ずヒゲを剃ります。

 

 

ヒゲを剃る時はカミソリなどで剃るのですが、私もそうですが敏感肌な人はカミソリを当てると、それだけで剃った部分が赤くなってヒリヒリしてしまいます。

 

 

出血してしまうこともしょっちゅうです。所謂カミソリ負けと言うやつです。

 

 

平時でさえそんな状況なのに、花粉症シーズンで肌が荒れると、さらに辛いことになります。

 

 

私が、花粉症で一番つらかった時は、外出すると2、3分でもう水っぽい鼻水がタラーっと滴ってきていました。

 

 

箱のティッシュをカバンに忍ばせて出かけるのですが、ちょっと外へお買い物に行くだけでも、ティッシュを1箱使い切ってしまうような状態でした。

 

 

そうやって1日に何度も鼻をかんでいると、鼻の穴の中がガチガチに固まって乾いてしまいます。

 

 

これをドライノーズと呼びます。

 

 

さらに私もそうでしたが、間違った乱暴な鼻のかみ方をしていると、鼻の粘膜が傷ついて出血してしまいます。

 

 

さらに一番痛いのが、鼻をかみ過ぎてティッシュがこすれて、鼻の下と上唇の間の部分が、ヒリヒリと赤く腫れあがってしまうことです。

 

 

しかも、この部分はヒゲ剃りで必ずカミソリの刃を当てないといけない部分。

 

 

これは本当に地獄です。昔はこの時期、毎朝血まみれになりながらヒゲを剃り、その後肌をヒリヒリさせながら出勤していました。

 

 

口元をマスクで隠すのですが、マスクの布が鼻の下の部分に触れると、飛び上がる位しみて痛かったです。

 

 

鼻水は出る、涙は出る、肌は腫れてヒリヒリする・・・

 

 

女性も男性も花粉症シーズンは顔がグチャグチャになりがち。

 

 

でも部位ごとに目には目薬、鼻には点鼻薬、肌には塗り薬・・・とやっていたらお金がいくらあっても足りませんし、肌に薬を塗ってしまうとメイクが出来ませんね。

 

 

何か良い方法は無いのでしょうか?

 

じゃばらに含まれるナリルチンは乾燥肌・敏感肌など肌荒れにも効果的!

 

当サイトで紹介している北山村のじゃばらサプリには、アレルギー反応を起こしている肥満細胞に働きかけ、炎症を鎮めてくれるナリルチンと言う成分が、みかんの191倍と大量に含まれています。

 

参照:じゃばらとナリルチン

 

 

このじゃばらを、花粉症の肌荒れでパンダ目になっている方やカミソリ負けをしている方へおススメしたいと思います。

 

 

じゃばらサプリは錠剤なので、肌に塗ったりする必要は無くメイクやヒゲ剃りに支障をきたしません。

 

 

サプリメントを飲むだけで、目・鼻・肌など全ての部位に効きますので、経済的です。

 

 

ステロイドなどが使われている薬は、顔にむくみが出るなど、危険がありますが、じゃばらは副作用が無いので、妊娠中の方やお子様でも安心してご利用出来ます。

 

 

また、じゃばらは近年様々なメディアから注目を浴びています。

 


じゃばらを特集したメディアには、


「健康」2017年2月号


「夢21」2017年4月号


「メレンゲの気持ち」2010年3月20日放送分
「金スマ」2014年3月7日放送分
「おはよう関西」2015年11月18日放送分
「所さんのそこんトコロ」2016年3月11日放送分
「月曜から夜ふかし」2017年2月27日放送分


等があります。

 

もちろん私も愛用しています。

 



北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースは、この度日本じゃばら普及協会の認定商品第1号として公認マークを取得しました。



花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、そんなじゃばらを使ったサプリと粉末ジュースの評価と感想を本音で語りました!



ご興味のある方は下記リンクをクリックして、詳細をご覧になって下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリ・じゃばらジュース徹底比較


 

一度是非管理人によるレビューをご覧になって下さい。

ナリルチンに抗酸化作用!シミやそばかす対策も期待!

 

しかし、北山村のじゃばらにはもう一つ、メディアがまだあまり注目していない効能があります。

 

 

それが活性酸素除去効果です。

 

 

活性酸素とは、体内で発生する老化を促進する酸化力の強い酸素のことです。

 

 

活性酸素は本来体内に必要なものですが、増え過ぎると細胞を傷つけるようになります。

 

 

現在の研究では、活性酸素はあらゆる体のトラブルの原因になっていることがわかっています。

 

 

シミ・そばかす等の肌荒れ、シワや白髪・薄毛、視力低下、生活習慣病、ガン・・・

 

 

こう言うものが皆活性酸素が原因だと言われています。

 

 

正に美容の敵。恐ろしいですね!

 

 

近年医療業界ではこの活性酸素が非常に注目され、水素水をはじめとして様々な抗酸化作用を持つ健康食品が作られています。

 

 

そんな中、じゃばらに大量に含まれるフラボノイドであるナリルチンには、アレルギー沈静作用だけでなく、抗酸化作用まだ持っていることが判明しました。

 

 

安価なサプリメントを飲むだけで、花粉症対策だけでなく、美肌・アンチエイジング対策まで同時に行えてしまいます。

 

 

じゃばらサプリシリーズで、みずみずしい肌を取り戻して、バッチリメイクを決めましょう!

 

参照:花粉症と活性酸素