こんにちわ。花粉症対策研究家のジャバラーです。

 

 

花粉症の季節はマスクが手放せない方も多いかと思います。

 

 

私もそんな一人。

 

 

しかし世の中には不思議な不文律があるものでして、

 

 

『マスクをして営業や接客をするのは失礼』

 

 

と言う謎ルールが頑として存在しています。

 

 

私も実際に職場でマスクをしていて、来客があったので対応しようとしたら上司からマスクは外してね、

 

と注意されたことがあります。

 

 

一体これは何なのでしょうか?

 

 

この記事ではマスクをして仕事をすることの妥当性の検証と、

 

もしあなたの職場でマスク着用勤務が認められなかった場合の対策をご紹介します。

 


花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、

北山村産のじゃばらサプリ・すっぱくないじゃばらジュース・子ども向けタブレット


の評価と感想を本音で書きました!


ご興味のある方は、下記リンクをクリックして詳細をご確認下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
北山村産のじゃばらタブレット


マスクがマナー違反になる理由とは?

 

マスクを付けての接客はマナーが悪い。

 

 

一体何故でしょうか?

 

 

興味深い記事がありましたので引用します。

 

つらい花粉症…マスクを着けたまま営業先を回るのは失礼?

 

「営業担当者がマスクをして訪問することをどう思うか」と、私なりにリサーチしてみました。

 

 

その結果、「花粉症であっても、営業担当者がマスクをしているのはいただけない」との答えが8割。

 

 

表情が見えにくいことを特に気にする方が多いようです。

 

出典:日刊ゲンダイDIGITAL

 

なるほど!

 

 

確かに商談で相手の表情が見えないと言うのはちょっと困りますね。

 

 

特に日本のビジネスはデータや書類より、雰囲気や信頼感で進んでいくことが多いですからね。

 

 

それにスマイル0円を売りにしているお店では店員がマスクしてたら台無しです。

 

 

そう考えると、確かに営業や接客でマスクは外すべき、と言うのはそれなりに説得力があります。

 

マスクの効果とは?風邪を引いた人がマスクをする本当の理由

 

そもそも人は何のためにマスクをするのでしょうか?

 

 

皆さんがマスクをする時ってどんな時ですか?

 

 

この記事をご覧になっている方だと花粉症の時にマスクをする方が多いと思います。

 

 

しかしマスクをする時はそれだけではありませんよね?

 

 

そう、風邪を引いた時やインフルエンザ予防時もマスクをします。

 

 

一体何故人は風邪や花粉症の時マスクをするのでしょうか?

 

 

意外と理由を誤解している方も多いです。

 

 

なのでここで理由をまとめてみました。

 

風邪を引いた時マスクをする理由

 

皆さん風邪を引いてしまった時、あるいはインフルエンザが流行している時、人は皆マスクをします。

 

 

と言っても、日本人特有の現象らしいですが・・・

 

 

多くの方が風邪の時マスクをするのは、細菌やウイルスを口や鼻から入れないためだと思っているのではないでしょうか?

 

 

でもそれだと、風邪を引く前にマスクをしないと意味ないですよね?

 

 

しかも実は風邪の細菌やインフルエンザのウイルスは小さいので、マスクのフィルターを楽々通過してしまうのです。

 

 

市販されているマスクには、細菌やウイルスをブロックする効能はありません。

 

 

それなら風邪やインフルエンザの時、どうして人はマスクをするのか?

 

 

実は飛沫感染を防ぐためなのです。

 

 

風邪を引くと、人は咳をしたりクシャミをしたりします。

 

 

すると体外に唾液や鼻水が広範囲に飛び散ります。

 

 

その速度たるや新幹線並みと言われる程。

 

 

そしてその唾液や鼻水には細菌やウイルスがたっぷり入っています。

 

 

この唾液や鼻水が別の人の体内に侵入すると、細菌・ウイルスに感染します。

 

 

これが飛沫感染です。

 

 

なので風邪を引いてしまった人は、自分の唾液や鼻水を周囲にまき散らさないことが大切。

 

 

風邪を引いた時にマスクをするのは、実は自分の咳やクシャミで出る唾液・鼻水を飛び散らせないためだったのです。

 

そう考えると、商談や接客時にマスクをするのはむしろ相手への配慮とも言えそうですが・・・

 

 

それでは花粉症の時のマスクはどうでしょうか?

 

花粉症の時マスクをする理由

 

当たり前ですが、花粉症の人の唾液や鼻水を吸い込んでしまったとしても花粉症にはなりません。

 

 

花粉症は飛沫感染はしません。

 

 

また花粉症の原因となる花粉はウイルスや細菌よりずっと大きく、マスクのフィルターで防げます。

 

 

なので花粉症の時にマスクをすれば、これ以上症状が悪化しない様に花粉をシャットダウンする効果があります。

 

 

しかしいくら泡沫感染はしないと言っても、咳やクシャミで唾液や鼻水が飛び散ったら、

 

ビジネスマナー上大きな失礼になることは必至です。

 

 

そう考えたら咳やクシャミが出る時はやはりマスクをした方が、むしろ相手への配慮になると思うのですが・・・

 

 

ビジネスの世界では、しばしば意味の分からない謎のマナーやルールがまかり通っているのが現状。

 

 

それではもし、ムズムズしている時にあなたの職場でマスクは外せと言われたらどう対処したら良いのでしょうか?

 

マスクを使わずクシャミ対策!北山村産のじゃばらサプリ

 

あなたの職場にマスク着用禁止と言う謎ルールがあっても、生理現象である咳やクシャミは容赦なく出てしまいます。

 

 

大切なお客様にマスク無しで対応しなければいけないのは不安ですよね?

 

 

そこでマスク無しに不快なムズムズやズルズルを抑えてくれる北山村産のじゃばらをおススメします!

 

 

じゃばらとは和歌山県北山村で採れるカンキツ系フルーツで、果皮の部分にナリルチンと言うフラボノイドを大量に含んでいます。

 

 

その量なんとミカンの約20倍で、他の食物に比べてダントツです。

 

 

このナリルチンが、クシャミや鼻水の原因となるヒスタミンの過剰放出を抑えてくれます。

 

 

じゃばらは病院で処方される抗ヒスタミン剤みたいに、飲むと眠くなると言った副作用が無いので、

 

車を運転して外回りをする営業マンでも安心してご利用頂けます。

 

 

もちろん、薬が飲めない子どもや妊娠中の方も使って頂けます。

 

 

そんなじゃばらを皮ごと使って、携帯しやすいサプリメントにしたのが、あしたるんるん発売の北山村産のじゃばらサプリです。

 

 

実はじゃばらにはリモネンと言う酸化するとアレルギーを酷くする恐れがある物質も入っているんですが、

 

あしたるんるんの北山村産じゃばらシリーズは、特許技術を使ってリモネンを除去しているので安心。

 

参照:じゃばらとリモネン

 

 

リモネン未除去の粗悪なじゃばら商品にご注意ください。

 

 

じゃばらは近年その驚きの効果を多くのテレビや雑誌が取り上げています。

 


じゃばらを特集したメディアには、


「健康」2017年2月号


「夢21」2017年4月号


「金スマ」2014年3月7日放送分
「おはよう関西」2015年11月18日放送分
「所さんのそこんトコロ」2016年3月11日放送分
「月曜から夜ふかし」2017年2月27日放送分
「かんさい情報ネットten.」2017年12月6日放送分
「サタデープラス」2018年3月10日放送分
「スッキリ」2018年3月22日放送分
「名医のTHE太鼓判」2019年3月25日放送分


等があります。

 

また、当サイト管理人の私が自ら北山村産のじゃばらサプリ・ジュース・タブレットを試してみた感想を記事にしています。

 

 

是非一度ご覧下さい。

 



北山村産のじゃばらサプリ・すっぱくないじゃばらジュース・じゃばらタブレットは、



この度日本じゃばら普及協会の認定商品第1号として公認マークを取得しました。



花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、


そんなじゃばらを使ったサプリと粉末ジュースの評価と感想を本音で語りました!



ご興味のある方は下記リンクをクリックして、詳細をご覧になって下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
北山村産のじゃばらタブレット


 

花粉症でもマスクいらず。クシャミの心配なく飛び切りの営業スマイルを取り戻しましょう!