春になると鼻づまりと共に歯が痛むのはなぜ?花粉症と虫歯の意外な関係

花粉症と虫歯の意外な関係とは?

こんにちわ。花粉症対策研究家のジャバラーです。

 

 

実はこの記事を書く前に、歯医者に行って来ました。

 

 

いくつになっても、歯医者と言うのはつらいものです(笑)

 

 

麻酔をしているのにも関わらずチュイーンと言う音と共に歯を削れば容赦なくしみるし、麻酔の副作用で口の中が腫れてしまいます。

 

 

治療後に噛み合わせはどうですか?と聞かれるのですが、麻酔で口の中が痺れているのでわからない(笑)

 

 

そして、帰宅後に麻酔が切れてくると、削った部分が痛み出します。その日は一日中ズキズキが収まらず、食事もする気になれません。

 

 

今ちょうどそんな状態で痛みに耐えながら記事を書いています。

 

 

何故こんな話をしたのかと言うと、実は花粉症が原因で虫歯や歯周病になることがあるからです。また虫歯や歯周病を放置すると、副鼻腔炎(蓄膿症)を併発することもあります。

 

 

スギ花粉が歯にくっつくと、歯を溶かしてしまうのでしょうか?

 

 

いいえ、そう言う訳ではありません。

 

 

この記事では、花粉症で虫歯や歯周病になる原因及び対策をご案内します。

 

 

行ってきたばかりなので実感がこもりますが(笑)、歯医者は本当に痛いです。つらいです。この記事を読んで、あなたの歯をしっかり守ってあげてくださいね。

 


花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースの評価と感想を本音で書きました!

ご興味のある方は、下記リンクをクリックして詳細をご確認下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリ・じゃばらジュース徹底比較
じゃばらサプリ・じゃばらジュース最安値


花粉症で虫歯になる原因は口呼吸

 

花粉症でどうして虫歯になるのでしょうか?

 

 

別にスギ花粉が歯を溶かすわけではありません。

 

 

花粉症で虫歯になるのは、鼻づまりによる口呼吸で、口の中が乾燥してしまうからです。

 

 

順を追って説明して行きます。

 

 

まず花粉症になると、多くの人が鼻づまりになったり鼻水が出たりします。

 

 

すると鼻呼吸がうまく出来なくなり、無意識の内に口だけで呼吸をするようになります。

 

 

特に寝ている間、多くの人は鼻で呼吸をするのですが、花粉症で鼻が詰まっていると鼻呼吸が出来ません。

 

 

そうすると、いつの間にか口呼吸になってしまうのです。

 

 

口呼吸になると、口の中が乾燥します。これが様々なデメリットを引き起こします。

 

 

鼻呼吸で取り込まれた空気は、鼻毛等のフィルターによってウイルスやチリが除去され、さらに温度や湿度を一定に調整されて体内に取り込まれます。鼻は優秀な空気清浄機・かつ加湿器なのです。

 

参照:実はこんなに凄かった!鼻呼吸の特徴

 

 

ところが口呼吸だと、こう言った鼻呼吸のフィルターが働かず、ウイルスなど異物を含んでいて、体内よりも冷たく乾燥した空気を直接体内に取り込んでしまいます。

 

 

すると、風邪を引きやすくなったり、低体温症になったり弊害が生じます。

 

 

その中の1つが、虫歯や歯周病なのです。

 

 

実は私達の口内を常に濡らしている唾液は、虫歯の進行を遅らせたり、歯周病を防ぐ役割があるのです。

 

 

口呼吸になると、唾液が蒸発して口の中が乾いてしまいます。

 

 

すると虫歯や歯周病が進行してしまうのです。

 

 

また鼻水や鼻づまり止めの薬の中には、副作用で唾液が止まってしまうものがあります。

 

参照:花粉症と薬

 

 

歯を守るためにも、唾液が止まらない様な対策が必要になってきます。

 

もくじへ戻る

 

花粉の季節に上あごの奥歯が痛いと感じたら、虫歯が悪化して副鼻腔炎になってるかも?

 

花粉症の季節に上あごの奥歯が痛んだら?

 

 

その時は虫歯だけでなく、副鼻腔炎も疑ってみるべきです。

 

 

副鼻腔炎(ふくびくうえん)は別名、蓄膿症(ちくのうしょう)とも呼ばれます。

 

 

国民の4人に1人が花粉症を経験しているのに対して、副鼻腔炎は10人に1人が経験をされていると言われています。

 

 

まずはこの副鼻腔炎について説明して行きます。

 

もくじへ戻る

 

副鼻腔炎の症状

副鼻腔

 

副鼻腔とは鼻腔(鼻の穴)に隣接する、頭蓋骨に空いた空洞のことです。かなり広いです。

 

 

副鼻腔炎とは、この部分に膿が溜まり炎症を起こすことを言います。

 

 

副鼻腔炎になると、鼻水や鼻づまり・においや味がわからなくなる、鼻の周りや目や歯の痛み、頭痛や高熱等の症状が出ます。

 

 

さらに膿がのどの方に流れると、つねにのどの奥に痰(たん)が絡まった状態になり、これが原因で喘息を引き起こす可能性もあります。

 

 

悪化すると、入院が必要になったり最悪死亡することがあります。

 

 

2014年にタレントの松嶋尚美さんが、副鼻腔炎で高熱や顔の痛みを訴え、緊急入院した時は大きなニュースになりました。

 

 

副鼻腔炎は油断すると、重症になってしまうので早期の対策が必要です。

 

もくじへ戻る

 

副鼻腔炎の原因

 

副鼻腔炎はどうやって起きるのでしょうか?

 

 

副鼻腔炎は、副鼻腔に細菌が侵入することで発症します。

 

 

ではどういう時に副鼻腔に細菌が入り込むかと言うと、風邪を引いた時に次いで花粉症と虫歯が非常に多いのです。

 

 

花粉症で鼻がつまると、鼻くそが増えたり、鼻の中で出血が起きたり、鼻の中が不衛生な状態になります。

 

参照:花粉症と鼻水・鼻血

 

 

そこで鼻の中で細菌が増殖して、副鼻腔に侵入してしまいます。

 

 

また上あごの奥歯は副鼻腔と隣接していますので、ここが重度の虫歯になるとそこから副鼻腔へ細菌の侵入を許してしまいます。

 

 

なので、上あごの奥歯がズキズキ痛む時は、虫歯だけでなく副鼻腔炎を併発している可能性があります。

 

もくじへ戻る

 

副鼻腔炎の見分け方

 

花粉症シーズンに鼻水が止まらないのだけど、これが花粉症なのか?それとも副鼻腔炎か?

 

 

あるいはあなたの上あごの奥歯がズキズキ痛む時、それが虫歯か?副鼻腔炎か?あるいはその両方なのか?

 

 

判断がつかない方も多いかと思います。

 

 

どちらかによって取るべき対策も違ってきますからね。

 

 

そこで、花粉症と副鼻腔炎、及び虫歯と副鼻腔炎の見分け方をご紹介します。

 

鼻水の質

 

まずは花粉症と副鼻腔炎の見分け方をご紹介します。

 

 

見分ける方法はズバリ鼻水です。

 

 

鼻から大量に出てくる鼻水。ティッシュの中に出したらすぐに捨ててしまいたくなりますが、ちょっとお待ち頂いて、鼻水を観察してみましょう。

 

 

花粉症が原因の鼻水は、無色で粘り気が無くサラサラです。

 

 

一方、副鼻腔炎の鼻水は黄色や緑がかった色をしており、ネバネバと粘り気が強く、さらに異臭を放っていることもあります。

 

 

副鼻腔炎は別名蓄膿症と言うだけあって、鼻水の中に膿が含まれているのです。

 

 

色が付いて、なおかつ粘り気のある鼻水が出たら、それは副鼻腔炎を発症しているサインです。

 

 

ただし、花粉症と副鼻腔炎はどちらか一方しか発症しない訳ではなく、花粉症が悪化して副鼻腔炎になるケースもあるので両方の対策が必要になります。

 

 

また鼻水でなく、色や臭い付きの痰が出ることもあります。

 

 

この場合、喘息と副鼻腔炎を併発している可能性があるので注意が必要です。

 

参照:喘息と副鼻腔炎

 

頭痛や顔の痛み・発熱

 

次に、虫歯と副鼻腔炎の見分け方についてです。

 

 

副鼻腔とは頭蓋骨に空いた空洞のことです。

 

 

副鼻腔炎になると奥歯の辺りが痛くなるのは、副鼻腔の空洞が奥歯と隣接しているためです。

 

 

しかし副鼻腔の空洞は広範囲にわたって空いるために、副鼻腔炎になると奥歯以外にも鼻の付け根やおでこなど、顔全体が痛んだりさらには頭痛を伴う場合もあります。

 

 

もっと酷くなると、発熱を伴うことさえあります。

 

 

虫歯と副鼻腔炎もどちらか片方しか発症しないわけではなく、虫歯や歯周病が悪化して進行した結果、細菌が歯茎を超えて副鼻腔にまで侵入して発症するケースもあります。

 

 

ここまで重症化するともう自然治癒は難しいので、歯医者と耳鼻科を受診しましょう。両方通わないといけないのは大変ですよね。

 

 

特に歯医者は・・・私が人生で最も大量の出血をしたのが歯医者で奥歯を抜歯をした時でした。

 

 

花粉症を発症して口呼吸が多くなったせいでしょうか、花粉シーズン中に昔治療した歯が再度虫歯になってしまい、上の奥歯に巨大な穴が空いてしまいました。

 

 

副鼻腔炎は併発しなかったものの、歯医者から虫歯が進行し過ぎてもう抜くしかないと言われてしまい、意を決して抜歯しました。

 

 

しかし難しい部分の抜歯だったので抜歯中に口の中が血で一杯になり、何度も口に溜まった血を吐いてはまた出血・・・を何度も繰り返し、先生に「うわぁ、これはやばい・・・」と呟かれ、本当に大丈夫なのか?死んでしまわないか?と本気で不安になりました。

 

 

副鼻腔炎を併発するほど虫歯が進行してしまうと、抜歯しないといけない可能性が高くなります。

 

 

歯医者で私の様な目に会わない為にも、早めの対策が必要です。

 

もくじへ戻る

 

虫歯や副鼻腔炎対策の第一歩は、じゃばらで花粉症を治すこと!

虫歯や副鼻腔炎対策は北山村のじゃばらサプリで!

 

これまで書いてきた様に、花粉症の被害は単なる鼻づまりや鼻水だけに留まらず、花粉症による口呼吸で虫歯になり、虫歯が副鼻腔炎を引き起こし、副鼻腔炎がさらに喘息を招き・・・と様々な合併症を誘発します。

 

 

こうなると耳鼻科・歯科・呼吸器科・・・とあっちこっちの病院に通わないといけなくなり、時間もコストも膨大にかかってしまいます。

 

 

なので、虫歯や副鼻腔炎を防ぐには大元の原因である花粉症対策からはじめましょう!

 

 

そこで病院に行く必要が無く低コストで、副作用もなく子どもでも妊婦さんでも安心して使える花粉症対策として、『北村山のじゃばら』をおススメ致します!

 

 

じゃばらとは、和歌山県の飛び地である北山村に生息する幻のかんきつ類で、じゃばらの主に皮の部分に大量に含まれるナリルチンが、花粉症や喘息などアレルギーの炎症を鎮める効果を持ちます。

 

参照:じゃばらとナリルチン

 

 

なので、花粉症はもちろん副鼻腔炎で喘息を発症してしまった場合にも、対策に使えますよ!

 

 

当サイトでは、日本じゃばら普及協会が公認した『北山村産のじゃばらサプリ』と『北山村産のすっぱくないじゃばらジュース』を、花粉症で苦しみ続けてきた当サイト管理人であるジャバラーが実際に効果を本音で語っています。

 



北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースは、この度日本じゃばら普及協会の認定商品第1号として公認マークを取得しました。



花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、そんなじゃばらを使ったサプリと粉末ジュースの評価と感想を本音で語りました!



ご興味のある方は下記リンクをクリックして、詳細をご覧になって下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリ・じゃばらジュース徹底比較


 

北山村のじゃばらで、鼻水鼻づまりだけでなくつらい奥歯や顔の痛みにも一緒におさらばしましょう!