授乳期間中はお茶も薬も禁止?妊娠・出産後の花粉症対策はどうすれば良い?

花粉症対策 授乳中

 

こんにちわ。花粉症対策研究家のジャバラーです。

 

 

花粉症に悩んでいる方の話を聞いていると、妊娠中の方の悩みは特に深刻だなと感じます。

 

 

妊娠中に薬が使えなくて困っていたり、妊娠をきっかけに花粉症を発症してしまったり・・・と言う悲痛な訴えをたくさん耳にします。

 

 

しかし出産後もその悩みは続くのです。

 

 

授乳期間中も引き続き花粉症薬が使えないからです。

 

 

本当にきついと思います。

 

 

一体どうすれば良いのか?

 

 

この記事では、授乳期間中の花粉症対策についてご紹介致します。

 


花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースの評価と感想を本音で書きました!

ご興味のある方は、下記リンクをクリックして詳細をご確認下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリ・じゃばらジュース徹底比較
じゃばらサプリ・じゃばらジュース最安値


 

妊娠・出産中は抗アレルギー薬禁止?

妊娠 花粉症

 

花粉症シーズンに妊娠が重なってしまうとつらいですよね。

 

 

そうでなくとも吐き気やストレスで大変なのに、その上鼻のムズムズやかゆみが加わると地獄です。

 

 

くしゃみの拍子に尿漏れを起こしたりもします。

 

 

また妊娠中は体内のホルモンバランスが崩れて自律神経にも影響が出ると言うことで、妊娠・出産によって初めて花粉症を発症する方も多いです。

 

 

妊娠中の花粉症の何が問題かと言うと、妊娠中は花粉症薬が使えないと言うことです。

 

 

花粉症で病院に行くと、主に抗ヒスタミン剤と呼ばれる鼻水や鼻づまりを止める錠剤を処方されます。

 

 

しかし妊娠中は風邪薬をはじめとしてあらゆる飲み薬は胎児に影響があると言うことで、医師は原則使用を禁止しています。

 

 

また産婦人科医によっては点鼻薬や点眼薬の使用も制限する場合もあり、そうなるといよいよ頼るものが無くなってしまいますよね。

 

 

しかし、妊娠・出産後も薬を使えない期間は続きます。

 

授乳期間中も抗アレルギー薬禁止?

授乳 抗ヒスタミン剤

 

無事妊娠・出産を終えた後は赤ちゃんに母乳を飲ませることになると思うのですが、飲み薬の影響は母乳にも及ぶと言われています。

 

 

飲み薬の成分が母乳にも混ざって、赤ちゃんへ移行してしまうそうです。

 

 

なので花粉症の薬は出産後授乳期間中も使えないと言うことになります。

 

 

実際に抗ヒスタミン剤として有名なアレグラを飲んでいた方が、産婦人科医から授乳中は使用を控えるよう指導を受けたと言う話があります。

 

 

アレグラ公式ホームページにも以下の注意書きがあります。

 

4 授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください。

 

(動物試験で乳汁中への移行が認められています。)

 

出典:http://www.allegra.jp/product.html

 

飲み薬だけではありません。

 

 

点鼻薬・点眼薬も授乳中は使用しない方が良いのです。

 

 

点鼻薬の場合、ケトチフェンフマル酸塩と言う成分が入っているものは授乳期間中は使用を避けるようにしましょう。

 

 

ケトチフェンフマル酸塩が配合されている点鼻薬と言えばパブロン点鼻クイックが有名ですが、その説明書には、

 

3 授乳中の人は本剤を使用しないか、本剤を使用する場合は授乳を避けてください

 

(動物試験で乳汁中への移行が認められています)

 

出典:https://www.catalog-taisho.com/04716.php

 

と言う注意書きがあります。

 

 

また、点眼薬はプラノプロフェン・トラニラストと言う成分が入っているものは授乳期間中は使用を避けて下さい。

 

 

と言ってもこれらの成分は花粉症やアレルギーを抑える目薬にはほぼ入っているので、授乳期間中は花粉症患者の方は目薬は使用しない方が良いと思います。

 

 

プラノプロフェンが配合されている点眼薬と言えばアイリスガードPが有名ですが、その説明書には、

 

次の人は使用しないでください

 

(1)7 才未満の小児。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)授乳中の人。

 

出典:https://www.catalog-taisho.com/00200.php

 

と言う注意書きがあります。

 

 

こうして見ると、妊娠中よりむしろ出産後の授乳期間中の方が厳しい気がしてきますね。

 

妊娠・授乳中はカフェイン禁止?

花粉症対策 カフェイン

 

妊娠中や授乳中は、カフェインの摂取を控えるように指導されると思います。

 

 

体内に入ったカフェインが、胎盤や母乳を通じて子どもにも移行するからです。

 

 

子どもは大人よりカフェインに敏感で、なおかつ分解速度も遅いです。

 

 

なのでカフェインが赤ちゃんに移行すると、不眠やカルシウム流出などカフェインの悪影響が大人より大きく出てしまいます。

 

 

イギリスでは、妊婦さんがカフェインを取ると胎児の成長に悪影響が出ると言う研究論文が発表されています。

 

カフェインは母体から胎盤を通過して胎児へ運ばれる。

 

200mgのカフェイン摂取の場合に血流の25%低下が見られ、胎児発育遅延のリスクが高まる。

 

出典:http://www.bioissimo.jp/blog/647/

 

また緑茶に多いと言われるカテキン(タンニン)は、妊娠・授乳期間中の方にとっては最も重要な栄養素である葉酸(ビタミンB9)の働きを阻害してしまいます。

 

 

葉酸は専用のサプリが多数発売されている程、妊婦さんにとって重要なものです。

 

 

不足すると生まれてくる赤ちゃんの先天性異常のリスクが高くなってしまうとのことで、厚生労働省も摂取の推奨を呼びかけている程です。

 

 

花粉症対策へ効能をアピールしたお茶もありますが、カフェインやカテキンのことを考えると妊娠・授乳中の方は避けた方が良さそうです。

 

妊娠・授乳中はハーブティー禁止?

花粉症対策 お茶 ハーブ

 

近年日本でもハーブティーが非常に流行っています。

 

 

ハーブティーとは、草木の葉っぱ等を乾燥させて煮出したお茶のことで、栄養分が豊富な上にその芳香からリラックス効果を得られると言うことで女性を中心に人気を博しています。

 

 

ハーブティーの大きな楽しみの一つにブレンドがあります。

 

 

ハーブティーは一種類だけのハーブで飲んでも良いのですが、複数のハーブをブレンドさせることで、味や香り、栄養素などが相乗的に高まるのです。

 

 

そしてハーブには100を超える種類があり、その組み合わせは無限大になっていきます。

 

 

自分好みのブレンドを色々と試すのも、ハーブを楽しむ上での大きな醍醐味です。

 

 

ハーブティーなら妊娠・授乳期間中でも安心して飲める!と思われるかもしれません。

 

 

しかし妊娠・授乳期間中は摂取を禁止もしくは注意されている禁忌ハーブと呼ばれるものもあるのです。

 

 

子宮収縮作用があったり、赤ちゃんの神経に悪影響を与える報告が出ているハーブなどがあり、妊娠・授乳期間中は使用を控えるよう国が注意を呼びかけています。

 

 

少し調べてみると、ラベンダー・カモミール・ジャスミン等ハーブティーを嗜まない人でも聞いたことがある人気の高い種類のハーブが、禁忌ハーブになっていました。

 

 

その他にも色々あったのですが、前述したようにハーブは非常に種類が多いため、調べる内に混乱して訳がわからなくなってしまいました。

 

 

欧米でも妊娠中のハーブは、必要でない限り摂取しないことを推奨しているそうです。

 

 

なので余程ハーブティーが大好きでどうしても毎日飲まずにはいられない!と言うので無い限りは、妊娠・授乳期間中のハーブティーは避けた方が良さそうです。

 

 

どうしても妊娠・授乳期間中もハーブティーを飲みたいと言うことであれば、医師とも相談の上で飲んでも良い種類のハーブをしっかり確認して飲むようにしましょう。

副作用の心配一切無し!妊娠・授乳中の花粉症対策は北山村産のじゃばらサプリ・すっぱくないじゃばらジュースで!

花粉症対策 じゃばら

 

多くのお母さんが出産後1年以上授乳期間に充てているので、花粉症を患っている方は授乳期間中に最低1度は花粉シーズンを迎えることになります。

 

 

また妊娠・出産をきっかけに体質が変わり、花粉症を初めて発症する方もいらっしゃいます。

 

 

しかし妊娠中もその後の授乳期間中も薬もお茶もハーブも使えないとなれば、花粉症対策は一体どうすれば良いのか?

 

 

副作用の心配が無く、妊娠・授乳中でも一切気にせず安心して使える花粉症対策、それが北山村産のじゃばらサプリ・すっぱくないジュースです!

 

 

じゃばらとは和歌山県の北山村に自生していた幻のかんきつ類と呼ばれる果物で、じゃばらに大量に含まれるナリルチンと言うフラボノイドがアレルギーを沈静化させてくれます。

 

参照:じゃばらとナリルチン

 

 

じゃばらは、近年その効能が評価されて様々なメディアが取り上げるようになっています。

 


じゃばらを特集したメディアには、


「健康」2017年2月号


「夢21」2017年4月号


「メレンゲの気持ち」2010年3月20日放送分
「金スマ」2014年3月7日放送分
「おはよう関西」2015年11月18日放送分
「所さんのそこんトコロ」2016年3月11日放送分
「月曜から夜ふかし」2017年2月27日放送分


等があります。

 

そのおかげか、近年じゃばらを使った商品が数多く出回るようになりました。

 

 

しかしその中にはじゃばら以外にも様々なものをブレンドし、わざわざカテキンを配合させたサプリもあります。

 

 

カテキンは妊娠・授乳中の方にとって最も重要な栄養素である葉酸の働きを阻害してしまいます。

 

 

なのでいくらじゃばらを使っている商品と言っても、妊娠・授乳中の方はそういうサプリは絶対に使ってはいけません。お茶を飲んでるのと同じことになってしまいます。

 

 

日本じゃばら普及協会公認の、あしたるんるんで販売されている北山村産のじゃばらサプリは、じゃばらだけを使って作られており、余計なブレンドは一切されていないので、妊娠・授乳中の方でも安心して使用して頂けます。

 

 

またじゃばらは元々柑橘系特有の、さわやかな香りとスッキリとした味に注目が集まり売り出されたものです。

 

 

なので北山村産のじゃばらサプリの姉妹品である北山村産のすっぱくないじゃばらジュースなら、妊婦さんでも安心して花粉症対策しつつ、ハーブティーに勝るとも劣らない素敵な香りと味を楽しむことが出来ます。

 

 

もちろんこちらもじゃばら以外の余計なものは一切使っていないので、妊娠・授乳期間中の方が使って危険なことは一切ありません。

 

 

妊娠・授乳中で自由にハーブティーが飲めない期間のリフレッシュは、北山村産のすっぱくないじゃばらジュースでするのはいかがでしょうか?

 

 

またこのジュースは錠剤が苦手なお子様にもじゃばらを無理なく摂取できるように作られたものなので、出産した子どもが大きくなって花粉症を発症した時に、親子で一緒に使うことも出来ます。

 

 

もちろん子どもに対しても副作用は一切無いので安心です。

 

 

北山村産のじゃばらシリーズは当サイトの管理人であるジャバラーが直接使用し、その効果を確かめています。

 



北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースは、この度日本じゃばら普及協会の認定商品第1号として公認マークを取得しました。



花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、そんなじゃばらを使ったサプリと粉末ジュースの評価と感想を本音で語りました!



ご興味のある方は下記リンクをクリックして、詳細をご覧になって下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリ・じゃばらジュース徹底比較


 

妊娠・授乳期間中の花粉症にお悩みの方は是非一度ご覧になって下さい。