皆やってる!やっていはいけない花粉症対策

 

こんにちわ。花粉症対策研究家のジャバラーです。

 

 

花粉症で鼻がムズムズ、目がショボショボ・・・

 

 

つらいですよね。

 

 

かと言って病院に行くのも面倒だし、ついつい自己流で対策をしようとしていませんか?

 

 

私もついそうなってしまいがちです。

 

 

しかし、多くの人が当たり前の様にやっている鼻水や目のかゆみに関する処置が、

 

実は大間違いだったとしたら・・?

 

 

この記事では、あるテレビ番組で医師が紹介した、危険な花粉症対策をご紹介します。

 


花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、

北山村産のじゃばらサプリ・すっぱくないじゃばらジュース・子ども向けタブレット


の評価と感想を本音で書きました!


ご興味のある方は、下記リンクをクリックして詳細をご確認下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
北山村産のじゃばらタブレット


名医のTHE太鼓判で専門医が警鐘を鳴らす!やってはいけない花粉症対策とは?

 

2019年3月25日に放送された名医のTHE太鼓判と言うTBSの番組で、花粉症対策が特集されました。

 

 

1時間番組なのですが、前半はアレルギー専門医の大谷義雄氏がじゃばら産地の北山村を取材し、

 

その驚くべき効果を紹介する内容でした。

 

参照:名医のTHE太鼓判レビュー

 

 

これがきっかけでネット通販のじゃばら商品が軒並み品切れになると言う騒動が起き、

 

ニュースにもなりました。

 

 

後半はスタジオに医師にお越しいただき、花粉症に役立つ知識を紹介して行くコーナーになります。

 

 

まず最初に出てきたのは内科医の森田豊氏。

 

 

色々な番組でよく見る人です。

 

 

森田氏が、今まで信じられていたバケツ理論は間違いだと驚きの指摘。

 

 

バケツ理論とは、毎年少しずつ花粉が体内のバケツに溜まっていき、

 

限界を超えるとバケツから花粉が溢れて花粉症を発症すると言うものです。

 

 

長年信じられてきていたし、私も何となくそういうものだと思っていたのですが、

 

これが今では否定されています。

 

 

何故なら現在国際機関からも認められ、健康保険も使える舌下免疫療法が登場してきたからです。

 

 

舌下免疫療法とは、花粉症の原因となるスギ花粉などのアレルゲンを意図的に体内に入れ、

 

身体をアレルゲンに慣らしていく治療法です。

 

参照:舌下免疫療法とは

 

 

敢えて花粉を体内に入れることで治療になるなら、バケツ理論は間違ってますよね。

 

 

しかしこの舌下免疫療法、デメリットがあって効果を実感できるのは何と半年から3年程かかるそう。

 

 

これにはスタジオのゲストもガッカリ。

 

 

じゃばらは即効性が自慢ですよ!

 

 

また消化器内科医の大竹真一郎氏は、遺伝子操作でお米にスギ花粉を取り入れた花粉米が開発中とのこと。

 

 

花粉米を食べるとそれだけでスギ花粉に慣れることが出来るとのこと。

 

 

ただしまだ研究段階で、販売はされていません。

 

 

さて、本番はこれからです。

 

 

皆さんが普段当たり前にやっている花粉症対策が、実は逆効果だったことが判明するのです。

 

ズルズルしても、鼻にティッシュを詰めてはいけない!

 

花粉症でトップの症状と言えば鼻水です。

 

 

しかも花粉症の鼻水は風邪と比較して粘り気が少なく、サラサラしているのが特徴。

 

 

水っぽいので簡単にタラーっと鼻から垂れてきてしまいます。

 

 

しかもどれだけ鼻水を取り除いても、どこから出てくるんだと言う位とめどなく溢れてきます。

 

 

そんな時、つい面倒だからと鼻にティッシュを突っ込んでせき止めたりしちゃいますよね?

 

 

しかし、耳鼻咽喉科医の石井正則氏が絶対にやめて欲しいと警告!

 

 

皆やってたことが、間違いだった!?理由は一体?

 

 

実は、鼻水の中にはアレルギー反応で起きた物質(ヒスタミン)がたくさん混ざっています。

 

 

ヒスタミンは鼻水や鼻づまりの原因なので、これが体外に流れずに鼻の中に留まっていると、

 

いつまでたっても鼻水や鼻の中の腫れが引きません。

 

 

慢性的な鼻づまりは口呼吸を招き、口呼吸は花粉を喉まで侵入させてしまいます。

 

 

すると、呼吸困難や喘息などより重いアレルギーを引き起こす要因になってしまいます。

 

 

何となくやっていた花粉症対策に、思わぬリスクがあるのです。

 

 

鼻水は地道にかむしか無いのですが、最近の調査で正しい鼻のかみ方を知らない人が、

 

子どもだけでなく大人にも多いことが判明しています。

 

参照:鼻の正しいかみ方

 

 

鼻は片方ずつかむ様にしましょう。

 

ショボショボしても、目を水で洗ってはいけない!

 

花粉症で近年増えている症状が目のかゆみや充血です。

 

 

目がかゆい、下手すると痛い。

 

 

まぶたが腫れ上がる、目の中がゴロゴロして違和感を感じる・・・

 

 

そんな症状ありませんか?

 

 

我慢できない時、水で眼球をバシャバシャ洗うとスッキリして気持ちいいですよね?

 

 

私もついやっていました。

 

 

しかし、内科医の森田豊氏はこれを間違いと断じます。

 

 

むしろ目を水で洗うのは危険とのこと。

 

 

実は目の表面は、涙成分で覆われていて、ホコリや花粉などから守られています。

 

 

肌にもあるバリア機能と言うやつですね。

 

 

目を水で洗うと、このバリア機能まで洗い流されてしまい、目は逆に潤いを失ってしまうのです。

 

 

これはドライアイの原因となり、目のバリア機能を失うと却ってアレルギー性結膜炎など目の炎症が起きやすくなります。

 

 

目を水で洗うと潤う様な気がしていたのですが、むしろ乾いていたのですね。

 

 

近年スマホで目を酷使しているせいで、ドライアイの人が急増しており、

 

それに伴って目の花粉症を発症する人が増えています。

 

参照:ながらスマホと花粉症

 

 

目がかゆい時は、水ではなく人口涙液を使った目薬を使って洗いましょう。

 

人口涙液をアマゾンで注文する

 

人口涙液を楽天で注文する

肌寒くてもウールのセーターを着てはいけない!

 

スギ花粉が飛ぶのは主に2月から3月です。

 

 

まだまだ肌寒い日が多く、温かいセーターを着てお出かけしたいですよね?

 

 

しかしそのセーターが非常に不味いのです。

 

 

何故か?

 

 

セーターはほとんどがウール(羊毛)を素材にしています。

 

 

このウールは静電気が非常に起きやすく、花粉を引き寄せてしまう。

 

 

またウールは毛が絡みやすく、一度付いた花粉やホコリが中々落ちないと言った特徴があります。

 

 

なのでセーターで外出して、帰宅すると室内に花粉をたっぷり持ち込むことになります。

 

 

花粉シーズンは、静電気が起きにくい綿素材の服を着ることをおススメします。

 

 

寒いですけどね・・・

 

リモネン未除去のじゃばら商品を使ってはいけない!

 

最後は番組ではなく、私からの警告です(笑)

 

 

名医のTHE太鼓判の前半で大谷医師が産地の北山村まで乗り込んで、

 

じゃばらのナリルチン効果を力説していました。

 

 

しかし、じゃばらを使用する際には注意も必要です。

 

 

それは、リモネンが除去されたじゃばらを使用することです。

 

 

リモネンとはカンキツ類の皮に多く含まれている、独特の香りを持つファイトケミカルです。

 

 

カンキツ系の特徴である爽やかな香りがリラックス効果を生み、芳香剤などによく使われています。

 

 

他にも抗酸化作用・免疫力向上作用・抗がん作用などメリットたくさんで、本来は有用な成分なのです。

 

 

しかし、このリモネンは酸化するとアレルギーを誘発する刺激物となり、抗アレルギー作用を弱めたり、

 

下手すると逆効果にもなりかねません。

 

 

なので、リモネンが除去されていない粗悪なじゃばら商品はおススメ出来ません。

 

 

ではどうすれば良いか?

 

 

実はじゃばらのリモネンだけを特許技術で除去し、安全な状態で使えるじゃばら粉末を開発した吾妻正章氏と言う方がいます。

 

 

その方は、日本じゃばら普及協会の理事長を務めていて、同協会は信頼出来るじゃばら商品に公認マークを付与しています。

 

 

あしたるんるん販売の北山村産のじゃばらシリーズは、日本じゃばら普及協会の公認マークを取得しており、

 

リモネンを除去したじゃばら粉末で作られているので安心して使用できます。

 

 

じゃばらは抗ヒスタミン剤みたいにウトウトするなど副作用の心配が無く、妊娠・授乳中の方や子どもでも利用可能。

 

 

あしたるんるんの北山村産のじゃばらシリーズは、

 

一番人気のサプリ・美味しい粉末ジュース・子どもに人気のタブレットと3種類をご用意。

 

 

そのすべてを当サイト管理人の私が実際に購入してみて試しています。

 

 

記事にまとめていますので、是非一度ご確認下さい。

 



北山村産のじゃばらサプリ・すっぱくないじゃばらジュース・じゃばらタブレットは、



この度日本じゃばら普及協会の認定商品第1号として公認マークを取得しました。



花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、


そんなじゃばらを使ったサプリと粉末ジュースの評価と感想を本音で語りました!



ご興味のある方は下記リンクをクリックして、詳細をご覧になって下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
北山村産のじゃばらタブレット


 

正しい花粉症対策をして、つらい季節を乗り切りましょう!