青みかんのヘスペリジンやブロッコリースプラウトのスルフォラファン及びじゃばらのナリルチンの比較レビューはこちら

青みかん じゃばら 比較

 

花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、

北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースの評価と感想を本音で書きました!



ご興味のある方は、下記リンクをクリックして詳細をご確認下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリ・じゃばらジュース徹底比較
じゃばらサプリ・じゃばらジュース最安値


 

こんにちわ。花粉症対策研究家のジャバラーです。

 

 

当サイトでは花粉症対策として北山村産のじゃばらサプリや粉末ジュースをおススメしていますが、そこに辿り着くまでにじゃばら以外に評判になっている対策も随分と検証しました。

 

 

じゃばらとその他の対策を比較検討することによって、より一層花粉症及びじゃばらに対する理解を深めることが出来たと思っています。

 

 

この世に100%効能があるものはありません。

 

 

じゃばらは多くの方から高い評価を頂いていますが、一方で残念ながら効かないと言う方もおられます。

 

 

そういう方に向けて、私が試したじゃばら以外の選択肢もご紹介したいと思います。

 

 

まずじゃばらと並んで評判になっているのが、じゃばらと同じかんきつ類である青みかんです。

 

 

青みかんの果皮に多く含まれているヘスペリジンと言う物質がじゃばらのナリルチンと同じ効き目をもたらします。

 

 

近年、近畿大学が青みかんサプリを開発してネット口コミで話題になっていますので私がレビューしています。

 

 

また私も老化が進んでいるのか、花粉症以外にも肝臓や肥満やコレステロールなど色々健康にガタが来ています。

 

 

自分はまだまだ若いと油断して暴飲暴食や不規則な生活をしていたら、健康診断で肝機能に大変厳しい結果が出てしまいました・・・

 

 

どうにかしなければと色々肝臓の健康に良い情報を集めました。

 

 

その中でシジミに含まれるオルニチンが脂肪肝などに良いと言う噂を聞きました。

 

 

ところがオルニチンはデメリットもあるらしいと言う話もあります。

 

 

さらに調べると、今度はブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンと言うファイトケミカルが肝機能改善かつ花粉症抑制の両方の効能があると言う夢みたいな話を見つけましたので、大急ぎで試してみました。

 

 

そしてアレルギー対策には腸内環境を整えることが大切だと言うことも知り、あちこちで評判になっている乳酸菌サプリにも挑戦してみました。

 

 

健康診断でつらい結果が出たのをきっかけにしてメタボや中性脂肪などについてもあれこれ研究している内に、

 

アレルギーと免疫機能そして自律神経とは密接なつながりがあるのだと改めて気付かされました。

 

 

さらに喘息の発症とほぼ同時期に、雨や台風の時に偏頭痛や歯の痛みを覚え始めたのですが、これもやはり自律神経の乱れが原因とのこと。

 

 

この対策のために、夏白菊(フィーバーフュー)・にがり(塩化マグネシウム)・大痛取(オオイタドリ)と自律神経のバランスを整え、

 

頭痛を和らげる効能のある天然素材を配合したサプリにも挑戦してみました。

 

 

花粉症と戦うことは、全身の健康そのものとの戦いでもあるのだと認識を新たにした次第です。

 

 

そう言うわけで、花粉症にとどまらず内臓疾患や生活習慣病などに悩んでいる方へ、これらの意外な関係について書いた記事をご紹介します。

 

 

私みたいに健康診断でショックを受ける前に是非ご覧下さい。

 

 

まずは北山村産のじゃばらにチャレンジしてみたい!と言う方は下記リンクをクリックしてあしたるんるん公式サイトからご注文下さい。

 

北山村産のじゃばらサプリ公式サイトはコチラ


じゃばらは希少品なので、花粉シーズンになると品薄になる場合があります。

長期保存可能なじゃばらサプリや粉末ジュースを、花粉シーズンがはじまる前に入手しておくことを、強くオススメします。