人気テレビ番組でも紹介された美肌対策におススメのフェイス&ボディクリーム『Seilan JABARA』の使用レビューはこちら

Seilan JABARA

 

こんにちわ。花粉症対策研究家のジャバラーです。

 

 

じゃばらは今でこそ花粉症対策として有名になりましたが、実は以前はそのさわやかな風味と豊富な栄養分をアピールポイントにしていました。

 

 

ビタミンの多いかんきつ類なので、美容面のメリットも強調していました。

 

 

そしてついに、じゃばらを使用した美肌フェイス&ボディクリーム『Seilan JABARA』が誕生しました。

 

 

じゃばらの有効成分ナリルチンは、アレルギーなどの炎症による肌荒れやかゆみにも効果的だと評価されています。

 

 

こちらのSeilan JABARA(セイランジャバラ)は、かんさい情報ネットten.と言う人気報道番組でも紹介されましたので今後益々評判になっていくことでしょう。

 

 

美肌と言えば女性向けだと思われがちですが、今回はおっさんである私が実際に使用レビューを書いてみました(笑)

 

 

このクリームはカミソリ負けによるヒリヒリに悩む男性諸氏にもおススメ出来るからです。

 

 

性別を問わないスキンケアに、Seilan JABARAのレビューを是非ご参照下さい。

 


花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、

北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースの評価と感想を本音で書きました!



ご興味のある方は、下記リンクをクリックして詳細をご確認下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリ・じゃばらジュース徹底比較
じゃばらサプリ・じゃばらジュース最安値


じゃばらのナリルチンを使った肌荒れ対策!Seilan JABARA(セイラン ジャバラ)発売

 

花粉症対策として一躍有名になった北山村産のじゃばら。

 

 

じゃばらはかねてからアレルギー防止のみでなく、美容にも効果があると言われていましたが、2017年の8月にとうとう初の北山村産のじゃばらを使用した美容クリームが発売されました!

 

 

その名もSeilan JABARA(セイラン ジャバラ)。

 

 

セイランとは『晴嵐』、つまり晴れた日に、山の気が立ち上り霞となる情景を表現しています。

 

 

Seilan JABARAのメリットは、じゃばらを使うことでフラボノイドであるナリルチンを配合していること。

 

 

ナリルチンとはじゃばらにだけ突出して多く含まれている成分で、これがアレルギーで起きた炎症を沈静化する作用を持っており、花粉症・喘息・アトピーなどに効くとのことで注目されてきました。

 

参照:じゃばらとナリルチン

 

 

さらに近年の研究でナリルチンは、シミやそばかすなどの原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用があることも報告されており、肌の老化を防ぐアンチエイジング効果も期待されています。

 

 

そのナリルチンをたっぷり含んだ美肌クリームが、乾燥肌によるカサカサ、かゆみ、赤い腫れやむくみと言ったお肌のトラブルの解決を手助けしてくれます。

 

 

Seilan JABARAは肌への負担になる添加成分を極力減らしているので、肌にカミソリを当てたりした後に水分が染みたり、ヒリヒリしたりする敏感肌方でも安心。

 

しかしじゃばらにもデメリットはあります。

 

 

じゃばらには実は有効成分のナリルチンだけでなく、リモネンと言う成分も含まれています。

 

 

リモネン(モノテルペン類)はじゃばら以外の多くのかんきつ類にも含まれていて、普段はリラックス・ダイエット・育毛などのメリットがある成分です。

 

 

しかしリモネンが酸化すると、これが刺激物となって肌荒れやアレルギーの原因となってしまうのです。

 

参照:じゃばらとリモネン

 

 

これではじゃばらは、むしろスキンケアに逆効果になってしまいますよね?

 

 

しかしご安心下さい!

 

 

Seilan JABARAはJBダブルドライ製法TMと言う特殊な製法で、リモネンだけを除去することに成功。

 

 

お肌に優しいクリームとして安心してご利用頂けます。

 

 

近年じゃばらがメジャーになって様々なじゃばら商品が登場していますが、中にはリモネンが除去されていない粗悪品が含まれている恐れがあります。

 

 

じゃばら商品を購入される際は必ずリモネンが除去されているかチェックしましょう。

 

 

この他にも、Seilan JABARAには保湿成分や肌のバリア機能を助け、肌荒れを防ぐ成分であるナノセラミドも配合されています。

 

 

セラミドと言う成分は以前から美肌商品に使われていますが、Seilan JABARAは通常のセラミドよりもさらに角質層に浸透しやすいナノセラミドを採用。お肌のうるおいを守ってくれます。

 

 

Seilan JABARAを実際に使ってみると、塗った部分がポカポカしてきてまるでお湯に包まれているかのような保湿感がありますが、これがナノセラミドの効果なのですね。

 

 

日常的な敏感肌に悩む方、花粉症の症状が顔に出てしまう方、ひげを剃った後カミソリ負けでピリピリしてしまう方。

 

 

Seilan JABARAで刺激や痛みの無い優しいスキンケアを実現してみませんか?

 

 

Seilan JABARAを入手したい方は、下記リンクをクリックしてご注文下さい。

 

セイランジャバラ
Seilan JABARA(アマゾンで注文)

 

Seilan JABARA(楽天で注文)

 

カミソリ負けに悩んでいた私がSeilan JABARAをネット通販で購入・使用レビュー

 

Seilan JABARAとは、2017年夏に発売されたじゃばらを使用した初のスキンケアクリームです。

 

 

美肌クリームと言えば女性向けと思われがちですが、男性である私はひげそりをした後ヒリヒリしてしまうことに悩んでいるので、これは良さそうだなと思ってネット通販で購入してみました。

 

 

その感想を本音で書いていきます。

 

 

是非ご購入の際の参考にして下さい。

 

Seilan JABARAを塗ってみた感想

 

Seilan JABARAは現在アマゾン・楽天などの大手通販サイトで入手可能です。

 

 

私は楽天を使いました。

 

 

注文するとすぐに宅急便で配達してくれます。

 

楽天通販で購入

 

オシャレな箱に入ったSeilan JABARAです。

 

 

お好みによってクリームタイプと乳液タイプがあります。私はクリームを注文。

 

 

早速開けてみましょう。

 

じゃばら配合美肌クリームの外観

 

これがSeilan JABARA本体です!

 

 

いかにも高級そうな外観をしています。

 

Seilan JABARA 説明書

 

こちらがSeilan JABARAの説明書です。じゃばらとは?等の説明がされています。

 

じゃばらクリームの肌触り

 

ふたを開けてみました。

 

 

オレンジ色のクリームです。

 

 

Seilan JABARAはラベンダーとローズマリーの香りを選べるようになっています。

 

 

私はラベンダーを選択しました。落ち着いたさわやかな芳香が鼻に染み渡ります。

 

 

ラベンダーの香りにはリラックス・鎮痛・抗うつなどの効能があると言われています。

 

 

クリームの中に指を入れてみました。

 

 

クリームなのですが、水に触れているような湿潤(しつじゅん)と言う形容詞が似合う感覚。

 

 

どちらかと言うとジェルに近いじっとりとした感触です。

 

 

しかし弾力もあって、水ほど簡単に指が入っていく訳でもない。

 

 

不思議ですね。

 

クリーム 瑞々しい

 

手の甲に塗ってみました。

 

 

驚いたのはその浸透力の高さでした。

 

 

中々この感覚を文章で説明するのは難しいのですが、塗ってすぐにスーッと皮膚に染み込んでいく、そしてその後塗った場所が何か透明な温かい膜で覆われているようなベール感。

 

 

もっと感覚的に言うと、塗った瞬間はヒヤッとしてその後スーッと涼しくなり、しかしその後徐々にその部分がジュンとしつつホカホカして来る、と言う感じでしょうか。

 

 

なんのこっちゃと思われるかもしれませんが(笑)

 

 

実際に使って頂ければおわかり頂けるのではないかと思います。

Seilan JABARAは敏感肌でもヒリヒリしない?カミソリ負けの肌に塗ってみた感想

クリーム 瑞々しい

 

さて、私がSeilan JABARAを使用してみようと思った理由は、ヒゲソリ後の肌荒れにいつも悩んでいたからです。

 

 

私の肌はカミソリ負けしやすい敏感肌体質で、特に花粉症の季節は顔に出るかゆみ・腫れ・むくみなどの症状もあって中々大変です。

 

 

しかし髭を剃らないわけにもいきません。

 

 

血まみれになりながら髭剃りを終えた後スキンケアで化粧水などを使うと、ピリッともチクッとも言える鋭い痛みで飛び上がりそうになります。

 

 

花粉症シーズンはマスクを付けて外出するのですが、マスクが荒れた肌に触れるとピリッと染みてつらいです。

 

 

そんな訳で敏感肌対策に髭剃り後にSeilan JABARAを塗ってみた結果は?

 

 

流石にまったく染みないと言うと嘘になりますが、他の化粧水などに比べるとヒリヒリ感はぐっと少なかったです!

 

 

Seilan JABARAは塗った最初はスーッとひんやり感が広がります。

 

 

その時に少しだけピリッとなるかもしれませんが、その後は塗った部分がポカポカして来きて温湿布を貼っているようなバリアで保湿されてる感が出てきますので、マスクをするのも怖くなくなります。

 

ヒリヒリしない塗り方

 

最初のピリッと感を防ぐには、いきなり直接顔に塗らずまず手の上に塗ってクリームを十分伸ばしてから少しずつ髭をそった部分に塗りこんでいくと、ほとんど痛みを感じずに塗ることが出来ます。

 

 

クリームを塗った後は、カサカサ・ヒリヒリ荒れていた肌がしっとりと潤んだ感じになります。

 

 

しかしその部分を触れてみると決してベトついてはおらず、不思議だけれでも心地良いです。

 

 

Seilan JABARAは性別を問わずすべての肌荒れに悩む方におススメ出来ます!

 

Seilan JABARAをネット通販で注文する

 

北山村産のじゃばらは昭和の時代からあかぎれ・しもやけ対策に使われていた!

じゃばら スキンケア

 

じゃばらとは一体何か?

 

 

和歌山県の山奥にある北山村に住む福田国三氏の自宅の庭に、いつからか一本の木が生えていました。

 

 

その不思議な木はみかんによく似たかんきつ類の実を毎年付けていました。

 

 

福田氏がその果実を採って調べてみると、柚子やカボスなどよりもずっと強い風味を持っていることがわかりました。

 

 

この果実がじゃばらです。

 

 

福田氏はじゃばらのさわやかな味と香りに着目し、これで村おこしをしようと決意します。

 

 

そんなじゃばらをPRしようと作成されたVTRが近年youtubeで発掘されました。

 

 

作成されたのはなんと昭和59年!

 

 

その映像の中で福田氏は、

 

 

「私はじゃばらの皮が化粧品の原料として役に立っていく気がしている」

 

 

と既に昭和59年の時点で予言していました。

 

 

まだじゃばらの科学的な研究はされてなかったはずですが、福田氏はその経験からじゃばらの有効成分であるナリルチンがじゃばらの果皮の部分に最も多く含まれることを知っていたのですね。

 

 

また福田氏の妻である敏子さんも、じゃばらは天然の食酢としても優秀でビタミンやカロチンも豊富に含まれていると説明していました。

 

 

さらに敏子さんはじゃばら果汁と牛乳とハチミツを自家製のじゃばらヨーグルトと言うものを作っていました。

 

 

じゃばらヨーグルトは便秘に非常に効くと言うことで、レポーターは大変驚いていました。

 

 

そしてじゃばらの果汁を肌に塗りこむと、しもやけやあかぎれにも効果的だとおっしゃっていたのです。

 

 

他にもじゃばらを様々な食材に使ったり、じゃばら湯に入ったり、北山村の人々はじゃばらを使うと美容やスキンケアに効能があると言うことを何十年も前から伝統的に学んでいました。凄いですね。

 

参照:北山村産のじゃばらPR動画

 

 

それがついに2017年夏、福田氏の想いがついに現実として実りました。

 

 

それが美肌クリームSeilan JABARAです。

 

 

じゃばら普及に生涯を捧げた福田氏は残念ながらもうお亡くなりになっていますが、きっと現在のじゃばらの繁栄を喜んでおられることと思います。

 

 

私はこれからも微力ながら福田氏の遺志を継いで、北山村産のじゃばら商品を応援して行きたいと思います。

 

Seilan JABARAをネット通販で注文する