2018年のスギ花粉飛散量の予報第2弾! 東北から関東にかけて昨年よりも大幅に増加!

 

こんにちわ。花粉症対策研究家のジャバラーです。

 

 

2017年12月7日に来年度、2018年春のスギ花粉飛散情報第2報が発表されました。

 

 

第1報に比べてさらに詳細な情報です。

 

 

やはり東北・関東を中心に去年より飛散量はぐっと増えそうです。

 

 

この記事で詳しくご紹介します。

 


花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、

北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースの評価と感想を本音で書きました!



ご興味のある方は、下記リンクをクリックして詳細をご確認下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリ・じゃばらジュース徹底比較
じゃばらサプリ・じゃばらジュース最安値


2018年のスギ花粉飛散量は、東北から関東甲信及び四国では去年の1.5倍から2倍に!

 

2017年もいよいよ終わりそうですね。

 

 

今は1年で一番花粉の飛散が落ち着いている時期ですが皆さんいかがお過ごしですか?

 

 

今は過ごしやすくても、年が明ければあっという間にスギ花粉症シーズンがやってきます。

 

 

さて、早速2018年スギ花粉飛散予測行ってみましょう。

 


 

・・・はい。東北が真っ赤ですね。昨年度の約2倍飛ぶみたいですよ。

 

 

それから東北だけでなく関東一体、東海地方、それから四国が昨年度の約1.5倍程。

 

 

2018年も春は非常に荒れそうです・・・

東か西か、と言うより太平洋側一帯で花粉が多く飛ぶみたいですね。

 

 

ただ京都・福井・石川など日本海側でも去年より多く飛ぶ地域はあるので油断禁物ですよ。

 

 

しかし2017年は東日本を中心に記録的な冷夏だったはずですがこれは一体どうしたことなのでしょうか?

 

 

冷夏の翌年は花粉は少なくなるはずなのですが・・・

 

 

冷夏だったのは8月で、7月は暑かったからスギは育ってしまったのでしょうか?

 

 

どちらにしても花粉症患者にはつらい春になりそうです・・・

2018年の不快なズルズル・ムズムズ対策は、ナリルチン配合の北山村産のすっぱくないじゃばらジュースで!

北山村産のすっぱくないじゃばらジュース

 

まもなくやってくる花粉症シーズン、不快な鼻水・鼻づまり対策は北山村産のすっぱくないじゃばらジュースがおススメです!

 

 

じゃばらの中に大量に含まれるフラボノイドであるナリルチンが、炎症を起こしている肥満細胞を迅速に鎮めてくれます。

 

参照:じゃばらとナリルチン

 

 

有名な鼻や目のかゆみだけでなく、顔の腫れ・むくみなどにも対応しています。

 

 

抗ヒスタミン剤の眠気や舌下免疫療法のアナフィラキシーショックなど副作用の心配はありませんので、子どもや妊娠中の方でも安心して使用ができます。

 

 

2017年11月、和歌山県の飛び地北山村でじゃばらの収穫が行われました。

 

 

来年の花粉症シーズンに向けて出荷されるための貴重なじゃばらです。

 

ジャバラ収穫始まる 和歌山・北山村 収穫祭も

 

和歌山県北山村特産のかんきつ類「ジャバラ」の収穫が同村営相須(あいす)農園で始まった。

 

 

作業にあたる女性らが「今年は実が大きいわ」などとにぎやかに話しながら、たわわに実ったジャバラを手際よく摘み取っている。

 

 

収穫は今月いっぱい続くという。

 

出典:https://goo.gl/KmRNhy

 

どうやら今年も無事豊作だったみたいで安心です。

 

 

また、じゃばらの収穫祭に参加した方のレポートもありました。

 

じゃばらの収穫時期を迎えた北山村に行ってきました!

 

今回お邪魔した農園でじゃばらを育てる久保さんにお話を伺いました。

 

 

「じゃばらは育つと黄色に熟すのですが、果実を狙って様々な動物がやってきます。じゃばらを守るために縄をかけたり、ブルーシートで覆うなど、じゃばら農家はいろいろ工夫しているんですよ」

 

 

聞けば、大きい農園では電気網を仕掛けて防ぐこともあるのだそう。

 

出典:https://goo.gl/tA1GZR

 

じゃばらを育てるにも非常に気苦労があるのですね。

 

 

しかし動物が狙ってくるとは・・・花粉症の動物が引き寄せられているのでしょうか(笑)

 

おすすめの食べ方は『じゃばらヨーグルト』

 

 

じゃばらの果汁とはちみつと牛乳を混ぜて一晩冷蔵庫に入れておくと、翌日には爽やかなヨーグルトになりますよ。

 

 

また寒い時期によく食べる鍋ものにもじゃばらの果汁が大活躍。

 

 

独特の風味が素材をより引き立ててくれます。

 

出典:https://goo.gl/tA1GZR

 

このじゃばらヨーグルトは、自宅の庭にじゃばらの木が生えているのを見つけ、これを村の特産品にしようと決意し、じゃばらの産業化に尽力した福田国三氏の奥さんが始めた食べ方です。

 

 

福田氏によれば、じゃばらヨーグルトは美容に良く、便秘にも効くとおっしゃっていました。

 

 

また、じゃばらの果汁を手に塗るとあかぎれや肌荒れにも良いとも。

 

参照:福田さんのお宅でじゃばら料理をいただく

 

 

じゃばらヨーグルトは粉末ジュースである北山村産のすっぱくないじゃばらジュースでも再現可能ですカルピスとも相性が良いです。

 

参照:じゃばらヨーグルト

 

 

じゃばらは元々民家に1本だけ生えていたものを、徐々に添え木で増やして村の名産品にしました。

 

 

中々大量生産ができないので、じゃばらは非常に希少価値が高いです。

 

 

近年様々なメディアがその驚きの効果を紹介しているために、じゃばらは花粉症シーズンを迎えると非常に品薄状態になります。

 


じゃばらを特集したメディアには、


「健康」2017年2月号


「夢21」2017年4月号


「金スマ」2014年3月7日放送分
「おはよう関西」2015年11月18日放送分
「所さんのそこんトコロ」2016年3月11日放送分
「月曜から夜ふかし」2017年2月27日放送分
「かんさい情報ネットten.」2017年12月6日放送分
「サタデープラス」2018年3月10日放送分
「スッキリ」2018年3月22日放送分


等があります。

 

じゃばらは喘息にも効果的

 

馬場きみ江氏

 

また北山村産のじゃばらは花粉症だけでなく、喘息やアトピーにも効果が期待できると言うレポートを、大阪薬科大学名誉教授の馬場きみ江氏が雑誌わかさ2014年3月号に書いています。

 

 

北山村産のすっぱくないじゃばらジュースは、粉末ジュースなので保存も簡単。

 

 

花粉症に悩んでいる方は早めの入手をおススメします。

 



北山村産のじゃばらサプリと北山村産のすっぱくないじゃばらジュースは、



この度日本じゃばら普及協会の認定商品第1号として公認マークを取得しました。



花粉症に悩んでいた当サイトの管理人ジャバラーが、


そんなじゃばらを使ったサプリと粉末ジュースの評価と感想を本音で語りました!



ご興味のある方は下記リンクをクリックして、詳細をご覧になって下さい。


北山村産のじゃばらサプリ
北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
じゃばらサプリ・じゃばらジュース徹底比較


 

2018年はどうやらかなり厳しい花粉症シーズンになりそうです!

 

 

でも暖かくなったらお花見やレジャーを楽しみたいですよね?

 

 

そんなあなたは下記リンクをクリックして、北山村産のすっぱくないじゃばらジュースをご注文ください。

 

北山村産のすっぱくないじゃばらジュース公式サイトはコチラ

じゃばらは希少品なので、花粉シーズンになると品薄になる場合があります。

長期保存可能なじゃばらサプリや粉末ジュースを、花粉シーズンがはじまる前に入手しておくことを、強くオススメします。