花粉症だけでなく、ダニもぜんそく等の各種アレルギーの原因となっています

 

アレルギー反応である鼻炎や喘息の重大な原因の1つに、ダニがあります。

 

 

花粉に次ぐ重大なアレルゲンであるダニの対策をご案内します。

 

 

春を過ぎると、花粉のピークの時期が過ぎてやれやれ・・・と一安心。

 

 

しかし皆さん。スギ花粉のピークが過ぎると今度はジメジメした梅雨の季節がやってきます。

 

 

この時期、大繁殖するのが、ダニとカビですね。

 

 

今回は特にダニについてご紹介致します。

 

 

ダニが好む環境は、

 

  • 高温多湿
  • 食べ物がある
  • 潜入場所

 

です。

 

日本は梅雨から夏にかけて高温多湿な日々が続きます。

 

 

そしてダニが好む食べ物は食品のクズ、人やペットのフケや垢などです。

 

 

そして畳やじゅうたん、布団や家具と壁の隙間などあなたの家にはダニが隠れるのに格好の場所がいっぱいです!

 

 

この時期少し油断して掃除をサボったりしていると・・・ダニはあっと言う間に増殖してしまいます!

 

もくじへ戻る

 

ダニの死骸やフンが喘息などアレルギーの原因になります

 

じゅうたんやソファ、布団などにいるダニが死骸になり、身体が潰れて粉になったものや、ダニのフンは非常に微小で空気中に浮遊します。

 

 

それを吸い込んでしまうと、花粉を吸い込んだ時と同じメカニズムで免疫システムの過剰反応が起こり、アレルギー反応が起こります。
詳しくは花粉症とはのページをご覧下さい。

 

 

ダニを駆除するには、上記した様な、布製のソファー、じゅうたん、カーテン、布団などをこまめに掃除しましょう。

 

 

室内でダニが隠れているところは、外から入り込んだ花粉が溜まりやすい場所でもあります。

 

 

ダニ対策はそのまま花粉症対策にもなります。

 

 

しかし、それでもぜんそくが発生してしまった時は?

 

 

花粉症と同じ、アレルギーT型であるぜんそくにも、近年じゃばらの効果が学者の間で指摘されています。

 

 

ぜんそくは今日もなお、決定的な治療方法が見付かっていない疾患です。

 

 

色々な治療を試してもよくならない・・・とお悩みの方は是非一度お試しになってみてはいかがでしょうか?

 

 

安価で、副作用の心配は一切ありません。

 

 

スッキリとした、呼吸を取り戻したい方へ、オススメします。

 

じゃばらを特集したメディアには、


「健康」2017年2月号


「夢21」2017年4月号


「メレンゲの気持ち」2010年3月20日放送分
「金スマ」2014年3月7日放送分
「おはよう関西」2015年11月18日放送分
「所さんのそこんトコロ」2016年3月11日放送分
「月曜から夜ふかし」2017年2月27日放送分


などがあります。その他メディア情報はこちらからどうぞ。


また、じゃばらは多くの政治家も取り上げてくれています。


じゃばらと国会質疑
じゃばらと政治家


是非こちらのページもご覧下さい。

 

管理人が実際にじゃばらを購入してみた体験談も是非ご覧下さい。

 


管理人のじゃばらサプリ・ジュースの評価・感想は


北山村産じゃばらサプリ
北山村じゃばらジュース


のページをご参照下さい。



北山村のじゃばらサプリ・ジュースは、この度日本じゃばら普及協会の公認商品第1号として公認マークを取得しました。



この商品は、じゃばらの皮にナリルチンと共に含まれる、アレルギー誘発物質であるリモネンを特許技術で除去しています。



さらに2017年2月から商品の値下げを行い、よりお求めやすくなりました。



詳しくは、日本じゃばら普及協会とはじゃばらとリモネンの記事をご覧ください。

 

もくじへ戻る