花粉症とも関連が深いと言われる喘息(ぜんそく)の症状とは?

 

花粉症に並ぶ有名なアレルギーとして、喘息があります。

 

 

子供にも多い喘息とは一体どういうものなのでしょうか?

 

 

このページで紹介していきます。

 

 

喘息とは、気管支など呼吸をする際に空気が通る道が、炎症により狭くなる病気のことです。

 

 

喘息は世界中でなんと3億人の患者がいると言われ、スギ花粉症のように日本独特の症状と言う訳ではありません。

 

 

また小さな子供から老人まで世代を問わず発病することも特徴の一つです。

 

 

日本国内ではおよそ450万人の喘息患者がいると言われ、子供の6%、成人の3%ほどが喘息持ちであると言われています。

 

 

しかし、喘息持ちでありながら、風邪などと思い込み、病院にかからない人も多く、潜在的な患者はさらに多くいると予想されます。

 

 

また、喘息患者は年々増加していると言われています。

 

もくじへ戻る

 

喘息の症状とは?

 

気道が狭くなると、呼吸が不便になり、激しい咳(せき)が出たり呼吸困難になるなどの症状が出ます。

 

 

また喘息の大きな特徴の1つとして、呼吸をする時にゼーゼー、ヒューヒューなどの音が出ることがあります。これを喘鳴(ぜんめい)と言います。

 

 

しかし、この喘鳴が出ない喘息患者の方もおり、これが喘息だと気付かせない原因になったりします。

 

 

また普段は健康であっても、夜間や早朝になると咳や呼吸困難の症状が出たり、また季節によって症状が出たり出なかったりすることもあります。

 

 

私も、春先の暖かくなったり、寒くなったり気温差が激しくなる時期に、激しい咳が出ることがあります。

 

 

また、喘息と花粉症は密接な関係があり、花粉が多く飛ぶ時期に喘息を発症する方もいらっしゃいます。

 

 

詳しくは、花粉症と喘息体験談花粉症とのどの症状をご覧になって下さい。

 

 

喘息の症状は多岐に渡り、一概には言えないのが現状です。

 

もくじへ戻る

 

喘息の対策 ステロイドは効果的だが副作用も・・・

 

 

喘息の対策方法ですが、現状喘息は花粉症やアトピーなど他のアレルギー症状と同じで、これと言った特効薬が存在しません。

 

 

食事療法やハーブティなど自然療法が様々ありますが、効果は定かではなく、何年も様々な治療法を試している方が多くいるのが現状です。

 

 

また医療としてよく用いられるのが、ステロイドと言う薬です。

 

 

ステロイドは、炎症で腫れ上がり、狭くなった気道を戻してくれる効果があるそうですが、やはり花粉症と薬でもご紹介したように、薬には副作用があります。なので、妊娠中の方などは特に注意して対策を取る必要があります。

 

 

そこで現在、喘息対策として北山村のじゃばらが注目されています。

 

 

じゃばらは元々花粉症対策として注目された果物ですが、花粉症と喘息は同じ種類のアレルギーであり、じゃばらに含まれるナリルチンの炎症沈静作用が喘息にも効くのではないかと期待されています。

 

 

喘息でお悩みの方は一度お試しになってはいかがでしょうか?

 

じゃばらを特集したメディアには、


「健康」2017年2月号


「夢21」2017年4月号


「メレンゲの気持ち」2010年3月20日放送分
「金スマ」2014年3月7日放送分
「おはよう関西」2015年11月18日放送分
「所さんのそこんトコロ」2016年3月11日放送分
「月曜から夜ふかし」2017年2月27日放送分


などがあります。その他メディア情報はこちらからどうぞ。


また、じゃばらは多くの政治家も取り上げてくれています。


じゃばらと国会質疑
じゃばらと政治家


是非こちらのページもご覧下さい。


管理人のじゃばらサプリ・ジュースの評価・感想は


北山村産じゃばらサプリ
北山村じゃばらジュース


のページをご参照下さい。



北山村のじゃばらサプリ・ジュースは、この度日本じゃばら普及協会の公認商品第1号として公認マークを取得しました。



この商品は、じゃばらの皮にナリルチンと共に含まれる、アレルギー誘発物質であるリモネンを特許技術で除去しています。



さらに2017年2月から商品の値下げを行い、よりお求めやすくなりました。



詳しくは、日本じゃばら普及協会とはじゃばらとリモネンの記事をご覧ください。

 

もくじへ戻る