花粉症とは無縁で幼少期を過ごしてきた私でしたが、突如大量の鼻水ズルズルでティッシュが手放せなくなってしまう事態に!?

 

私の花粉症体験1で、幼少期の私はアレルギー性結膜炎に悩まされつつも、鼻ズルズルとは無縁だったと言うことをお話しました。

 

 

鼻かまないといけないのなんて、せいぜい風邪引いた時くらいでしょうか。

 

 

いや、風邪引いた時も私は咳はよく出ていましたが、鼻はあまりつまらせることが無い子供でした。

 

 

それでは私は一体いつから鼻ズルズルに悩まされていたのでしょうか?

 

 

実ははっきり覚えていないのです(笑)

 

 

鼻ズルズルはある時ふと気付いたらなっていました。事前に何の前触れもありませんでした。

 

もくじへ戻る

 

花粉による鼻ズルズルは、ある年から突然始まりました。そして一度発症すると、毎年恒例になりました

 

今は私は花粉の時期になると毎年鼻水が出っぱなしになっているのですが、小学生のころは間違いなくそんなことは無かったのです。

 

 

しかしその間の記憶があいまいです。記憶を辿って行くと中学生か高校生のころに発症したことになるはずですが、はっきり覚えていません。

 

 

しかし、高校の時授業中にあり得ない量の鼻水が出てきて、授業中にずーっと鼻をズルズルさせ続けていた記憶があります。

 

 

鼻をかんでもかんでも、次々と新しい鼻水が出てくるのです。

 

 

こんな狭い穴の中からどうしてこんなに出てくるんだ?と不思議になったのを覚えています。

 

 

クラスメイトには何も言われませんでしたが、何だあいつ?と思われていたことでしょう。

 

 

中学のころには事態が起きた記憶はありません。

 

 

なので、私が鼻ズルズルを発症したのは高校からである可能性が高いです。

 

 

大事なことは、花粉症とは生まれつきではなく、ある年から突然発症する可能性があると言うことです。

 

 

そして、花粉症は一度発症すると、それ以降は毎年花粉症と付き合い続けることになるのです。

 

 

まだ北山村のじゃばらのことなど知る由の無かった時代、私はとにかく鼻水が出てきたら鼻をかみ続けるしかありませんでした。

 

私の花粉症体験談3へ続く。

 

じゃばらを特集したメディアには、


「健康」2017年2月号


「夢21」2017年4月号


「メレンゲの気持ち」2010年3月20日放送分
「金スマ」2014年3月7日放送分
「おはよう関西」2015年11月18日放送分
「所さんのそこんトコロ」2016年3月11日放送分
「月曜から夜ふかし」2017年2月27日放送分


などがあります。その他メディア情報はこちらからどうぞ。


また、じゃばらは多くの政治家も取り上げてくれています。


じゃばらと国会質疑
じゃばらと政治家


是非こちらのページもご覧下さい。


管理人のじゃばらサプリ・ジュースの評価・感想は


北山村産じゃばらサプリ
北山村じゃばらジュース


のページをご参照下さい。



北山村のじゃばらサプリ・ジュースは、この度日本じゃばら普及協会の公認商品第1号として公認マークを取得しました。



この商品は、じゃばらの皮にナリルチンと共に含まれる、アレルギー誘発物質であるリモネンを特許技術で除去しています。



さらに2017年2月から商品の値下げを行い、よりお求めやすくなりました。



詳しくは、日本じゃばら普及協会とはじゃばらとリモネンの記事をご覧ください。

 

もくじへ戻る